WORKS 導入事例

WORKS

マイクロソフト様

外国人留学生の人材紹介

導入事例

クライアント
日本マイクロソフト株式会社
目的
タブレット型デバイスの新アプリケーションのアイディアソン
提供サービス
グローバル・オープン・イノベーション

グローバル・オープン・イノベーションの背景

マイクロソフト様が重点をおいて展開して行きたいと考えているタブレット型デバイスの革新的な活用方法がないか、ということを日本人と世界各国から集まる外国人留学生というダイバーシティーチームで考えてみたい、という背景があり、アイディアソンの実施に至りました。

実施形態

今回はタブレット型デバイスのエンドユーザーとなる若い世代、学生のみを集めた形で、実施しました。日本人学生と外国人留学生およそ50人(構成比率はおよそ1:1)で、それぞれ5−6人のチームを組み、1日かけてセッションを実施しました。チームは、出来るだけ、国・文化背景や専門性、性別が異なるメンバーを組み合わせ、ダイバーシティーの観点を大事にしました。
セッションは、TEDXTokyoの創設者のPatrick Newellさんにファシリテーションでご協力を頂き、参加者のクリエイティビティー・チームワークが最大限発揮されたものとなりました。

CLIENT VOICES

クライアント様からのコメント

yoshitaka_kasugai

春日井 良隆様
日本マイクロソフト株式会社 デベロッパーエバンジェリズム統括本部 エバンジェリスト

「これまでにも「タブレット型デバイスの活用」をテーマにしたアイディアソンやハッカソンに参加してきましたが、正直なところ、どこも同じようなアイディアだったりします。着る服をレコメンドしてくれるサービス、聴きたい曲を探してきてくれるサービスなどは何度も見たことがあります。でも、今回の国籍・文化がミックスされたチームから出てきたアイディアには、いままで見たことのないイノベーションだと感じるようなものがありました。タブレットとスマートフォンを組み合わせる発想はあまり見たことがありません。

印象的だったのは、Patrickさんの素晴らしいファシリテーションもあって、日本人と留学生とが言葉や文化の壁を超えて、コミュニケーションしながら楽しそうにアイディアをひねり出していた姿です。クリエイティブなアイディアやイノベーションは、混沌としたチームの中で同じ目標意識をしっかり共有しつつ、楽しみながら生まれるのだと実感しました。」

PAGE UP