WORKS 導入事例

WORKS

一般社団法人Japan Innovation Network(JIN) 様 - インドネシア、ベトナム、フィリピンの3カ国を対象にイノベーションのアイディアを探すセッションを実施しました。

外国人の採用支援の他に行う事業

導入事例

クライアント
一般社団法人Japan Innovation Network(JIN)
目的
ASEANマーケット向けのビジネス・イノベーション
提供サービス
グローバル・オープン・イノベーション

グローバル・オープン・イノベーションの背景

Japan Innovation Network様は、「イノベーションを興し続ける企業を100社生み出すこと」を目的として、日本の大手企業各社のイノベーションに関わる事業を展開していらっしゃいます。
その中で、日本が誇る技術のASEANマーケットでの可能性について検証するプロジェクトがありました。その可能性を検証するために、Japan Innovation Network様のフレームワークと、弊社のノウハウ・ネットワークを活かしながら、一緒にセッションを実施する運びとなりました。

実施形態

今回はインドネシア、ベトナム、フィリピンの3カ国を対象にビジネスを検証することとなりました。各国で優秀な外国人留学生をそれぞれ5名選抜し、留学生とJINの会員企業の執行役員の皆さんと共に数日間のイノベーションセッションを、数日間行いました。

CLIENT VOICES

クライアント様からのコメント

nishiguchi hiroshi 西口尚宏様 
JIN 専務理事

「非常に優秀な外国人留学生の方から、大変良い意見をもらい、イノベーションの種がいくつも生まれました。

いくら優秀な日本人が現地について自分たちで調査をしたり、現地に行ったりしても、なかなか見えてこないようなことがあるのだということを実感しました。やはりイノベーションを日本からおこしていくためには、日本人と、日本への理解・思い入れがあり、かつ母国の人の価値観やトレンドに詳しいような、外国人留学生が鍵になっていくと思います。

留学生とひとことでいっても、アクティブ・コネクターさんだと特にハイレベルで非常に信頼できる人が多いことが魅力です。また留学生のこともよく分かっていらっしゃり、当日多数の留学生が集う場における、留学生一人一人のケアも含めて、非常に助かりました。」

一般社団法人Japan Innovation Network(JIN) 様のHP

PAGE UP