<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=489525144907814&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

 

【オンライン開催】

完全リモートのエンジニア・チーム作り

Withコロナ時代の成長戦略

知られざる親日国バングラデシュに出会う

採用マッチングイベント 2020年10月22日&23日

 

Concept:

いずれにせよリモートなら、

この環境を存分に生かした採用を追求しませんか?

突然訪れたWithコロナ時代。

・採用の予算がカットされ、新しいチャネルを開拓しなければならなくなった。

・リモート環境下で確実な成果を出せる人材を見極めなければいけない。

・求職者に直接会わずに、オンラインで採用の是非を判断しなければならない。

・買い手市場に転じたが、エンジニアの採用は依然として楽にはならない。

 

Withコロナのリモート時代は、経営者や人事担当に「採用のあり方」というチャレンジを突きつけました。

しかし、見方を変えれば、「現実に即した優秀な人材を獲得するチャンス」と捉えることもできます。

私たちはみなさまと一緒に、新たな採用の可能性を模索したいと考えています。

インドに次ぐITエンジニア輩出国として注目されているバングラデシュに焦点をあて、

「完全リモートでの新しいチームづくり」に挑戦しましょう!

スクリーンショット 2020-08-12 15.20.52

【KEY FACT】

80%の従業員がリモートワーク制度を望む中、32%の企業のみ導入(2019年IWC調べ)。

⬇︎

リモートワーク制度を導入することで従業員の満足度の高いチーム作りが出来る。

 

 

Why Bangladesh?:

リモートワーカーの数では、

インドに次いで世界第二位。

若年層の人口も多く、今後の採用のパイプとして

期待のブルーオーシャン。

世界2位
世界のオンラインワーカーのうちの16%がバングラデシュ。インドの24%に次いで世界第2位。

英語が流暢
政府の言語としても英語が使用され、6歳から英語教育。大学を卒業した人の多くは英語でのコミュニケーションに問題がない。

積極的なIT人材育成
12年前から政府が「デジタルバングラデシュ」を掲げ、積極的にITセクターに投資。バングラデシュの東大と言われるBUETからは数々のITコンテストの受賞者が出ている。

Recruitment Event 

2020年10月22日&23日:オンライン採用マッチングイベント

 
 
◎海外の優秀エンジニアとの出会いから採用まで日本語*で可能。
全てオンラインで面接からオファーまで完了し、海外渡航の必要なし!
*バングラデシュエンジニアとの面談は英語で実施

9月1日〜10月21日

10月22日&23日(その前後)

10月-12月末

Promotion
 御社で求めるスキルセット、マインドセット&企業文化に合う候補者をお探しするサポートを行います。

Matching
求人情報と候補者のプロフィールに基づきイベントの前、当日にマッチングをし面接の設定をいたします。

Follow up
適切な契約形態のアドバイス、契約締結までの交渉の代理、契約書やマネジメントツールの無料共有etc..採用&マネジメントの不安を解消します。

料金プラン:

 参加プラン

 特典

参加費 

採用成功報酬

【スポンサープラン】

カンファレンス

採用イベント特別枠


 

・候補者に向けたピッチ枠(30分)


・一ヶ月間のオンライン面談ツール無料利用

350,000円(税抜き)


【正社員 or 契約社員】

・バングラデシュ国籍:理論年収25

・バングラデシュ国籍以外:理論年収30

【業務委託】

・バングラデシュ国籍:理論月収+25

・バングラデシュ国籍以外:理論月収+30

*最低手数料は6万円/

【無料プラン】

カンファレンスのみ

・カンファレンスの聴講のみ

無料

【正社員 or 契約社員】

・理論年収35

【業務委託】

・理論月収+35%