<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=489525144907814&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

アクティブ・コネクター

BLOG

 

生きることははたらくこと、

はたらくことは生きること

 

 

 

All Posts

指さし英語からグローバル変革者へ①     社内公用語を英語にするだけで自然と英語を話せるようになるのか?

はじめまして。2018年6月1日からアクティブコネクターで働き始めました三川と言います。

前職は4年間、IT企業でソフトウェア製品の法人営業やビジネスパートナー様向けのセミナー企画・運営などを行ないました。グローバル環境で新しい挑戦をしてみたいと思い、アクティブコネクターに転職してきました。詳しくはインタビュー記事をご覧ください!

インタビュー:Takuya (アカウントマネージャー)

日頃はお客様に外国人人材をご紹介させて頂いてますが、多くの企業様から社内でスムーズに英語でコミュニケーションをとれるか不安という声を頂いています。私も海外留学経験がなく、社内で急に英語を使うとなると戸惑う気持ちがよくわかります。英語に苦手意識を持った方が、多国籍の人材が集まる職場で活躍できるように、私が実際にグローバル環境で働きながら感じたことや、どういう英語の勉強が役立ったかなどをブログでシェアしていきたいと思っています。

今回は「社内公用語を英語にするだけで、英語を自然に話せるようになるのか」というテーマで記事を書きます。

バックパッカーとしての指さし英語レベルの私

まずは、今の私の英語レベルについてお伝えします。

海外留学経験はなく、大学卒業までは海外に一人旅で行ったことがありませんでした。そのため大学受験で勉強して以来、英語に触れる機会はありませんでした。社会人になってからバーベキューで台湾人と知り合い、異国に興味を持ち始めて有給休暇と土日を組み合わせて短期間の旅行をするようになり、旅先で少し英語を使い始めました。行きたい場所や注文したい食べ物を指さして簡単な英単語を発する程度にしか話せないレベルです。                       

旅行は指さしでなんとか乗り切れましたが、ビジネスではチームで情報共有しながら仕事を進めなくてはなりません。最低限、まずは相手の話していることを理解して、適切な対応をとれるレベルまで語学力は引き上げる必要があります。そして、ゆくゆくは多国籍な方々が集まる環境で一人一人が生き生きと活躍できるように、英語で意見を発信し、国籍問わず情熱的にやりたいことを追及できる職場を生み出していくことを目標として掲げています。

英語のシャワーを浴びれば話せるようになるのか?

語学留学されている方からは英語を普段から当たり前のように使う環境にいると自然と英語を話せるようになったという噂を聞いたことがあります。しかしながら、実際に2ヶ月働いてみて感じたことは半分正しく半分間違いだと考えてます。

アクティブ・コネクター株式会社は、外国籍社員が半数で、社内の公用語は英語になります。朝のミーティングでは求職者がどういう仕事を探しているか、どんなスキルを持っているか、どのような経験をしてきたかなどを外国籍キャリアコンサルタントから共有しています。彼らが話している内容を掴めないと企業様が求める人材をご紹介することができません。

入社当初、会議中には正しく相手の話を聞き取ることに注力しました。すると、だんだんと耳が慣れてくる感覚がありました。英語のリズムがわかると、なんとなく次にこういうワードが出てくるのではないか、と予測できるようになってきます。音として聞いてた英語から、だんだんと意味をすくい取れていく感覚が生まれてきました。少しずつ慣れてくると短いフレーズを自動的に話せていけるようになってきました。音を拾いながら、少しずつ話せるようになるのは赤ん坊が言語を習得していく過程と同じですね。

IMG_3434

ロジカルに話すための道は長い

しかし、まとまったストーリーをロジカルに話すには訓練が必要だと痛感しました。短いフレーズの会話は型がほとんど決まっているので、慣れで上手になりやすいと思います。自分の意見を表現するには意識して取り組むことが必要です。自分の意見を筋道立てて伝えられるレベルに達していないと、ビジネスで実際にお客様に英語で自社製品の魅力をプレゼンすることや海外顧客と商談するのは難しそうです。

みなさんが求めている英語のレベルも、ロジカルに自分の意見を表現できることになるのではないでしょうか。

海外留学されて語学を強みにできる方も大学で自分の意見をロジカルに伝える経験を積んできたからこそ、自信を持って海外の顧客と対応できるレベルにできるのだと思います。留学経験のある方にも、日常会話はある程度できてもロジカルに意見を言うことができず、ビジネスで活かせない方がいらっしゃいます。

それでは次回、社内で私が実際にどのような訓練をしているのか、業務に活かせる実践例を紹介したいと思います。

Active Connector
Active Connector
Go Beyond Borders

Related Posts

インタビュー:Yuko ( Office Manager)

アクティブ・コネクターのバックオフィスを取り仕切るYukoさん。2020年に入社し、その責任感と正確な仕事ぶりでメンバー達からの信頼も厚い!そして、いつも元気で明るい彼女は、まさにアクティブ・コネクターのムードメーカーです。 そんな彼女に今回はインタビューしてみました。 アクティブ・コネクター入社のきっかけは、「働きやすい環境」 下のお子さんが幼稚園に入園したのをきっかけに、再び就職活動を始めたYukoさん。でも「短時間勤務・バックオフィス業務・フレキシブルな環境」の職場を探すのは、なかなか難しかったそうです。でもそんな中、出会ったのが "アクティブ・コネクター"。まさに希望通りの職場だったとのこと! Yuko:「業務時間などについて融通がきくので、とても働きやすいです。ベンチャー企業ということも関係しているかもしれませんが、働き方の面でも柔軟性があるなーと感じてます。」 これに関しては、私も同感です。子供が小さいと、幼稚園・保育園での行事や学校の保護者会などで数時間仕事を抜けたり、お休みしたりということも、しばしばありますよね。そんな点でも理解がある職場なので、彼女も働きやすいと感じてくれているようです。 カナダとニューヨークでの海外生活 何を隠そう、彼女の英語の発音はネイティブスピーカーも驚くほどのレベルです! 私の中では「きっと長年留学していたんだろうなー。」と思っていたのですが、実は「カナダの大学の語学プログラムで5週間勉強しただけ」らしい。いや、そんなはずないでしょ?!と思ったのですが、本当らしいです。 Yuko:「友人に誘われて、英語を専攻する他学部のプログラムに気楽な気持ちで申し込みました。でも、参加直前でその友人が事情によりカナダに行けなくなってしまって、結局、私一人で参加したんです。毎日午前中は日本人特有の発音を矯正することに特化した授業があって、周りは英語ができる子ばかりだったので、その期間はとにかく真面目に頑張りました!」 かなりハプニングですよね(笑)。 でも、そんな状況でも一生懸命勉強するところが、彼女のスゴイところです!その後も、ニューヨークに2年間住んでいたこともあるとのことで、"バイリンガル・Yuko"のイメージを私は勝手に膨らませていたのですが、 Yuko:「ニューヨークに住んでいても、日本人の友人たちと一緒にいることが多かったので、ほとんど英語は上達しなかったですよ。上手くなったのは、クレームする際の英語だけ(苦笑)。アクティブ・コネクターに採用された時、英語の能力は求められているレベルに達していなかったにも関わらず受け入れてもらいました。英語に囲まれた環境を生かして、英語の勉強をまた始めたところです。」 かなり謙遜してる彼女ですが、スキルアップを常に怠らない姿勢が素敵です。           楽しいインタビューで予定時間を大幅に過ぎました。。。 目標は「メンバーの優秀な右腕になること」 アクティブ・コネクターでは、バックオフィスを取り仕切っているYukoさん。彼女のモチベーションである「頑張っている誰かをサポートしたい!」という気持ちは、幼少期の体験から生まれたそうです。 Yuko:「私が幼稚園児だった時に、兄が入院し母親が病院に泊まり込みという時期がありました。その時に父親と二人だけの生活で、父親が仕事も家事も両立していて大変だなーと小さいながらに感じましたね。それと同時に、そんな頑張っている父親をサポートしながら、一緒に大変な時期を乗り越えているんだ!という気持ちを持ってとてもワクワクしていたことを今でも覚えています。こんな経験もあって『頑張っている誰かのサポーターになりたい』ということを常に考えるようになってきた気がします。」 そして、小学・中学生時代には、学級委員長をよく務めていたという。 Yuko:「学級のためとかクラスの皆のために何かしたいという気持ちが強かったんですよね。今まで働いてきた環境でも上司や同僚に恵まれてきたので、誰かのために一生懸命サポートするぞという気持ちでずっと働いてきました。もちろん今もそうです!」 このエピソードを聞いて、責任感が強く、仕事をテキパキとこなす現在の彼女の姿と重なりました。 誠実・的確な仕事ぶりでバックオフィスを取り仕切っている彼女の、今後の活躍にますます期待大です!

世界母乳育児週間に寄せて:リモートで働く母からの思い

8月1日から8月7日は世界母乳育児週間だったのをご存知でしょうか。(参考URL) 0歳児を育てる「働く母」が二人いる、アクティブ・コネクター。 今回は世界母乳育児週間に賛同し、私たちの思いをお伝えします。