<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=489525144907814&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

Active Connector Blog

 

All Posts

子どもが初めて熱を出した!で分かったこと3つ

先日、私(松本麻美)の息子が人生で二回目の予防接種をしたところ、翌日に高熱を出してしまいました。
よく働くお母さんの悩みで、子どもの体調が悪くなることがあると聞きますが、実際のところどうなのか。私自身が体験することで、色々とわかったことがあります。

子どもが辛い時のお母さんの気持ちが分かった

母親から、「赤ちゃんが病気になると、自分が変わってあげたいと思うくらい辛いんだよ」と聞かされていましたが、本当に今回そんな気持ちになりました。
小さな体で高熱で大変そうな様子を見ると、自分が代わりに熱をもらってあげて、楽にしてあげたい。と何度も思いました。
幸いにして、私の息子は予防接種の副反応だっただけからか、よくわかりませんが、熱が高い以外は、機嫌も悪くなく、しっかりと食欲もありました。それでも、やはり体が火照っていて、いつもと違う息子の様子は見ていて辛かったし、本当に悲しい気持ちでいっぱいでした。

弊社でも小さなお子様をもつお母さんが働いていらっしゃいますが、お子様が熱を出されたり、体調が悪い時は、どんなに不安で辛い気持ちなのだろう、ということが理解できるようになりました。少しでもそばにいてあげたい、と思うのが母親の気持ちなのだ、ということが良くわかりました。

一人一人のライフスタイルや状況に合わせて、柔軟なはたらきかたを追求していこうとしている私たちだからこそ、もっとはたらくお母さんへの配慮をしていかなければと強く思いました。

在宅勤務ができる素晴らしさが分かった

弊社では今、特殊なルールを設けた形での在宅勤務のトライアルを行っています。そのため、家にいても、Google Hangoutを使ってミーティングができたり、出勤報告がオンラインでできるような仕組みが機能しています。
今回高熱になった息子は私が常に看病しなければいけないという状況ではなく、それよりもただ彼がひたすら寝て回復するのを待つという感じだったため、私は在宅で働かさせてもらいました。

その日は、色々と他チームメンバーとの打ち合わせが組まれていたのですが、朝のチームミーティングも含めて、全てほぼ問題なくオンラインで参加して目的は達成できました。(もちろん直接顔を合わせた方が、気持ちはもっと伝わりやすいと思いますが)
同時に、体調の悪い息子と安心できる自宅でいられたことで、ストレスもなく、過ごせました。
在宅勤務は色々とデメリットももちろんありますが、こういった色々な状況の個人にも対応できるということで、メリットを感じました。

ちなみに、私の夫の会社でも在宅勤務が導入されているため、夫は午後から在宅勤務にしてくれました。「今は高熱だけだけど、これからもしも何かあったらどうしよう」ということもあるため、そんなもしもの時のために夫がいてくれるだけで、本当に心強かったです。
弊社でもお子様がいらっしゃるお父さんの方、これからお父さんになる方・・・といますが、在宅勤務を最大限活用して、奥様やお子様を支えてほしいものだ、と思いました。

Google Hangoutでミーティングをする様子と、その奥に見える在宅勤務の夫 Google Hangoutでミーティングをする様子と、その奥に見える在宅勤務の夫

 

でもやっぱりオフィスがいいな、ということが分かった

翌日は、無事熱が下がったので、また息子と一緒に私はオフィスに出勤しました。
これは私の性格の問題もあるかもしれませんが、家にずっといると息がつまる感じがしたり、仕事と家庭の境がうまくつけられなくて、逆に働き過ぎてしまったりします。どんなに働いてもまだ足らないような気がしてしまうというか。
そういう意味でも、やはりオフィスにある一定の時間行って、そこでできる限り集中して結果を出す、という方が自分は好きです。
それに、何より私はチームが大好きです。チームメンバーみんなと会うだけで、すごく幸せな気分になって、元気になれます。

 

大好きなKeikoとCCに遊んでもらってご機嫌な息子 大好きなKeikoとCCに遊んでもらってご機嫌な息子

 

そんな私の息子も、会社は楽しそうで、会社にまた復帰したら生き生きとしていました。アクティブ・コネクターにいるときは、家にいる時以上に、おしゃべりになっています。またチームメンバーに抱っこしてもらって、ご機嫌になったり。なんだか家にいる時よりも、飽きずに楽しそうです。

と、私は信じて、子連れ出勤・経営を、引き続き頑張りたいと思います!
#異人・変人と変革を

 

Admin
Admin
Go Beyond Diversity

Related Posts

インタビュー:Yuko ( Office Manager)

アクティブ・コネクターのバックオフィスを取り仕切るYukoさん。2020年に入社し、その責任感と正確な仕事ぶりでメンバー達からの信頼も厚い!そして、いつも元気で明るい彼女は、まさにアクティブ・コネクターのムードメーカーです。 そんな彼女に今回はインタビューしてみました。 アクティブ・コネクター入社のきっかけは、「働きやすい環境」 下のお子さんが幼稚園に入園したのをきっかけに、再び就職活動を始めたYukoさん。でも「短時間勤務・バックオフィス業務・フレキシブルな環境」の職場を探すのは、なかなか難しかったそうです。でもそんな中、出会ったのが "アクティブ・コネクター"。まさに希望通りの職場だったとのこと! Yuko:「業務時間などについて融通がきくので、とても働きやすいです。ベンチャー企業ということも関係しているかもしれませんが、働き方の面でも柔軟性があるなーと感じてます。」 これに関しては、私も同感です。子供が小さいと、幼稚園・保育園での行事や学校の保護者会などで数時間仕事を抜けたり、お休みしたりということも、しばしばありますよね。そんな点でも理解がある職場なので、彼女も働きやすいと感じてくれているようです。 カナダとニューヨークでの海外生活 何を隠そう、彼女の英語の発音はネイティブスピーカーも驚くほどのレベルです! 私の中では「きっと長年留学していたんだろうなー。」と思っていたのですが、実は「カナダの大学の語学プログラムで5週間勉強しただけ」らしい。いや、そんなはずないでしょ?!と思ったのですが、本当らしいです。 Yuko:「友人に誘われて、英語を専攻する他学部のプログラムに気楽な気持ちで申し込みました。でも、参加直前でその友人が事情によりカナダに行けなくなってしまって、結局、私一人で参加したんです。毎日午前中は日本人特有の発音を矯正することに特化した授業があって、周りは英語ができる子ばかりだったので、その期間はとにかく真面目に頑張りました!」 かなりハプニングですよね(笑)。 でも、そんな状況でも一生懸命勉強するところが、彼女のスゴイところです!その後も、ニューヨークに2年間住んでいたこともあるとのことで、"バイリンガル・Yuko"のイメージを私は勝手に膨らませていたのですが、 Yuko:「ニューヨークに住んでいても、日本人の友人たちと一緒にいることが多かったので、ほとんど英語は上達しなかったですよ。上手くなったのは、クレームする際の英語だけ(苦笑)。アクティブ・コネクターに採用された時、英語の能力は求められているレベルに達していなかったにも関わらず受け入れてもらいました。英語に囲まれた環境を生かして、英語の勉強をまた始めたところです。」 かなり謙遜してる彼女ですが、スキルアップを常に怠らない姿勢が素敵です。           楽しいインタビューで予定時間を大幅に過ぎました。。。 目標は「メンバーの優秀な右腕になること」 アクティブ・コネクターでは、バックオフィスを取り仕切っているYukoさん。彼女のモチベーションである「頑張っている誰かをサポートしたい!」という気持ちは、幼少期の体験から生まれたそうです。 Yuko:「私が幼稚園児だった時に、兄が入院し母親が病院に泊まり込みという時期がありました。その時に父親と二人だけの生活で、父親が仕事も家事も両立していて大変だなーと小さいながらに感じましたね。それと同時に、そんな頑張っている父親をサポートしながら、一緒に大変な時期を乗り越えているんだ!という気持ちを持ってとてもワクワクしていたことを今でも覚えています。こんな経験もあって『頑張っている誰かのサポーターになりたい』ということを常に考えるようになってきた気がします。」 そして、小学・中学生時代には、学級委員長をよく務めていたという。 Yuko:「学級のためとかクラスの皆のために何かしたいという気持ちが強かったんですよね。今まで働いてきた環境でも上司や同僚に恵まれてきたので、誰かのために一生懸命サポートするぞという気持ちでずっと働いてきました。もちろん今もそうです!」 このエピソードを聞いて、責任感が強く、仕事をテキパキとこなす現在の彼女の姿と重なりました。 誠実・的確な仕事ぶりでバックオフィスを取り仕切っている彼女の、今後の活躍にますます期待大です!

世界母乳育児週間に寄せて:リモートで働く母からの思い

8月1日から8月7日は世界母乳育児週間だったのをご存知でしょうか。(参考URL) 0歳児を育てる「働く母」が二人いる、アクティブ・コネクター。 今回は世界母乳育児週間に賛同し、私たちの思いをお伝えします。