<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=489525144907814&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

Active Connector Blog

 

All Posts

子連れ経営をし始めてから変わった採用ポリシー

会社を設立したのが2013年になり、会社経営は5年目に入るところですが、会社が最高な状態になるのも、最悪な状態になるのも、採用(「人」)にかかっていると私は感じています。
起業して間もない時は、とにかくスキルを持っているとか、出会った人で興味を持ってくれたから、という理由であまり考えずに(言うなればその時は「藁をもすがる思いで」)採用をしてきました。その結果、書くことができないほどの色々な散々な体験をしてきました。全てが自分の学びになっているという意味においては、失敗とは言いたくないのですが、自分も会社も傷ついた体験だったとは、間違いなく言えます。

そんな苦労続きの採用の中で、色々と私が理想とする会社を経営していく上での採用についてのポリシーは徐々に固まってきました。どんなに辛い状況だったとしても、決して会社の文化に合わない人は採用しない。採用できるまでは自分ががむしゃらに人の何倍も働いてでも、我慢をする、と決めています。

出産をしてから、採用のポリシーも少しずつ変わってきました。むしろ、それは洗練されてきたとも言えるかもしれません。今回は出産後、子連れ経営をする中で、私が持ち始めた採用ポリシーと、それがどのようにアクティブ・コネクターの文化作りにも関わっているかをお伝えします。

自分の息子を預けることに不安がないか

今は赤ちゃんを連れて会社に来る中で、全ての社員に私の息子を抱っこしてもらったり、遊んでもらったり、時にどうしてもという時は、一時的に面倒を見てもらったり・・・とみんなに一緒に子育てを手伝ってもらっている感じです。

そういう中で、今採用する人については、私自身が息子をその人に預けても不安がないか、という視点で見るようになりました。
どんなに優秀でスキルがあったとしても、その人に対して不信感を少しでも持ってしまった時点で、私は採用をしないと決めています。

アクティブ・コネクターの今のチームは本当に良い意味で、第二の家族のようになっています。チームメンバー同士で、休日に集まったりすることもありますし、中にはチームメンバーのお見合い(?)セッティングまで手伝ったり。
職場に友人がいると仕事のパフォーマンスが上がるというデータもあります。(URL
私たちは、仕事に一生懸命真剣に取り組んでいますが、同時に、会社のチームの仲、お互いの絶大なる信頼感も大事だと信じています。
私が出産をすることで、そういったチームで大切にすべきことを、採用で妥協できないようになりました。

何事も不確実な赤ちゃんに対応できるのか

私の息子は、自分でいうのもなんですが、かなり「できている」子だと思います。もちろん赤ちゃんなのでお腹が空いたり、眠い時は泣きますが、それ以外の時はニコニコしていたり、泣きません。どんなに大きな声でみんなが話していても寝続けられたりもします。
とはいえ、やはり赤ちゃんは赤ちゃん。
眠いよーと泣き出してしまうこともあります。ミーティング中にそれまでニコニコしていたのに突然眠くなったりして、私が赤ちゃんを立ってあやしながらミーティングに参加するなんてこともあります。

そんな赤ちゃんがいるアクティブ・コネクターの職場なため、採用をする時には、こんな色々と不確実な赤ちゃんに対してもフレキシブルに対応できるのか、あまり気にしないある意味「鈍感力」がある人か、というのを大事にするようになりました。

実は過去に採用した人の中には、あまりにも几帳面でしっかりとしている方だったが故に、私の性格や仕事の仕方にフラストレーションが溜まる一方だということで退職された方がいました。どうしても不完全で不器用な私の性格は直せません。私とアクティブ・コネクターが切り離せない中で、アクティブ・コネクターには、色々な不完全なことに対して寛容でいれる人、フレキシブルさに溢れている人のみが残っています。
今のチームメンバーは、みんなとってもマイペースな人ばかり。お互いに対して無関心というわけではありませんが、みんながお互いの良いところも欠点もしっかりと受け止め合っているように思います。そしてそれが会社のチームを強く、素敵なものにしているようです。
出産をしたことで、この点についても妥協せずにしっかりと見ていくことになりました。

♢♢
出産をしてみて、改めて今のチームがどんなに素敵なチームかということを日々実感しています。
出産をしたことで、採用について妥協できないことは、これから人が増えても同じように最高のチームであり続けるために大切なことだと信じています。

赤ちゃんが生まれるということは、会社経営をしていく上で、どんな風に自分を制限するのだろう、と生まれる前まで正直不安がありました。
しかし、生まれてきてくれた後は、子どもがいるからこそ、もっと会社に対してもしっかりと見えてくることがあったり、経営方針が固まってきたり、自分自身は経営者として成長できる(むしろ、成長しなければいけない)良い機会になっていると思っています。ちびすけ、生まれてきてくれて、ありがとう!

#異人・変人と変革を

 

松本麻美
松本麻美
"Go Beyond Diversity" 外国人ハイスキルエンジニアとベンチャー企業をつなげることで、一人一人が情熱を思い切り追求できる世界を創ることを目指すアクティブ・コネクターを2013年5月に創業。17歳で単身渡英。ウェールズの寄宿舎での2年間の生活、カナダでの大学生活を経て、就活やインターンに明け暮れる大学院生活を送ったのち外資金融に入社。311を機に退職をし、パキスタンに渡る。その後情熱に突き動かされるままに起業。https://jp.active-connector.com/

Related Posts

インタビュー:Yuko ( Office Manager)

アクティブ・コネクターのバックオフィスを取り仕切るYukoさん。2020年に入社し、その責任感と正確な仕事ぶりでメンバー達からの信頼も厚い!そして、いつも元気で明るい彼女は、まさにアクティブ・コネクターのムードメーカーです。 そんな彼女に今回はインタビューしてみました。 アクティブ・コネクター入社のきっかけは、「働きやすい環境」 下のお子さんが幼稚園に入園したのをきっかけに、再び就職活動を始めたYukoさん。でも「短時間勤務・バックオフィス業務・フレキシブルな環境」の職場を探すのは、なかなか難しかったそうです。でもそんな中、出会ったのが "アクティブ・コネクター"。まさに希望通りの職場だったとのこと! Yuko:「業務時間などについて融通がきくので、とても働きやすいです。ベンチャー企業ということも関係しているかもしれませんが、働き方の面でも柔軟性があるなーと感じてます。」 これに関しては、私も同感です。子供が小さいと、幼稚園・保育園での行事や学校の保護者会などで数時間仕事を抜けたり、お休みしたりということも、しばしばありますよね。そんな点でも理解がある職場なので、彼女も働きやすいと感じてくれているようです。 カナダとニューヨークでの海外生活 何を隠そう、彼女の英語の発音はネイティブスピーカーも驚くほどのレベルです! 私の中では「きっと長年留学していたんだろうなー。」と思っていたのですが、実は「カナダの大学の語学プログラムで5週間勉強しただけ」らしい。いや、そんなはずないでしょ?!と思ったのですが、本当らしいです。 Yuko:「友人に誘われて、英語を専攻する他学部のプログラムに気楽な気持ちで申し込みました。でも、参加直前でその友人が事情によりカナダに行けなくなってしまって、結局、私一人で参加したんです。毎日午前中は日本人特有の発音を矯正することに特化した授業があって、周りは英語ができる子ばかりだったので、その期間はとにかく真面目に頑張りました!」 かなりハプニングですよね(笑)。 でも、そんな状況でも一生懸命勉強するところが、彼女のスゴイところです!その後も、ニューヨークに2年間住んでいたこともあるとのことで、"バイリンガル・Yuko"のイメージを私は勝手に膨らませていたのですが、 Yuko:「ニューヨークに住んでいても、日本人の友人たちと一緒にいることが多かったので、ほとんど英語は上達しなかったですよ。上手くなったのは、クレームする際の英語だけ(苦笑)。アクティブ・コネクターに採用された時、英語の能力は求められているレベルに達していなかったにも関わらず受け入れてもらいました。英語に囲まれた環境を生かして、英語の勉強をまた始めたところです。」 かなり謙遜してる彼女ですが、スキルアップを常に怠らない姿勢が素敵です。           楽しいインタビューで予定時間を大幅に過ぎました。。。 目標は「メンバーの優秀な右腕になること」 アクティブ・コネクターでは、バックオフィスを取り仕切っているYukoさん。彼女のモチベーションである「頑張っている誰かをサポートしたい!」という気持ちは、幼少期の体験から生まれたそうです。 Yuko:「私が幼稚園児だった時に、兄が入院し母親が病院に泊まり込みという時期がありました。その時に父親と二人だけの生活で、父親が仕事も家事も両立していて大変だなーと小さいながらに感じましたね。それと同時に、そんな頑張っている父親をサポートしながら、一緒に大変な時期を乗り越えているんだ!という気持ちを持ってとてもワクワクしていたことを今でも覚えています。こんな経験もあって『頑張っている誰かのサポーターになりたい』ということを常に考えるようになってきた気がします。」 そして、小学・中学生時代には、学級委員長をよく務めていたという。 Yuko:「学級のためとかクラスの皆のために何かしたいという気持ちが強かったんですよね。今まで働いてきた環境でも上司や同僚に恵まれてきたので、誰かのために一生懸命サポートするぞという気持ちでずっと働いてきました。もちろん今もそうです!」 このエピソードを聞いて、責任感が強く、仕事をテキパキとこなす現在の彼女の姿と重なりました。 誠実・的確な仕事ぶりでバックオフィスを取り仕切っている彼女の、今後の活躍にますます期待大です!

世界母乳育児週間に寄せて:リモートで働く母からの思い

8月1日から8月7日は世界母乳育児週間だったのをご存知でしょうか。(参考URL) 0歳児を育てる「働く母」が二人いる、アクティブ・コネクター。 今回は世界母乳育児週間に賛同し、私たちの思いをお伝えします。