Active Connector Blog

 

All Posts

ラマダン期間スタート!社員の宗教はどこまで気を遣うもの?

今年もキャリアコンサルタントでイスラム教徒のACメンバーShamsulにラマダンの時期がやってきました!ここ日本では昨日からラマダンが始まっていますが、オーストラリア出身のShamsulはオーストラリア現地時刻に合わせて今日からラマダンを開始するそうです。

Shamsulのように、日本にも国籍を問わずイスラム教を信仰しラマダンを実践する方々がいらっしゃいます。弊社に登録している外国籍登録者の方からもつい先日、「ラマダンがはじまり日没後は家族と食事を一緒にとる必要があるので、面接の設定時刻を日中でお願いすることはできますか?」という相談がありました。イスラム教徒の知り合いはいないし、あまり身近に見たことがないという方も、今後グローバルに採用活動を行なっていくのであればこういった相談を受ける可能性があることは十分想定できます。

昨年は、そもそもラマダンとは何を意味するのか、なぜ行うのかなどなかなか知る機会の少ないラマダンについてShamsulにインタビューをしました。今回は、ラマダンをはじめ宗教的な儀式に従う外国人(もちろん、日本人という可能性もありますね!)が採用という会社との関係を築き始める初期の段階から入社して一メンバーとなるまでを想定して、どういった相互理解が理想なのかをShamsulと考えてみました!

・採用において宗教にどこまで踏み込んで良いのかわからない、そもそも聞いたらいけないもの? 
・イスラム教の人を採用したけれどうまく食事に誘えず困っている

そんな疑問や悩みをお持ちの方に向けて、今回はShamsulへのインタビュー形式でお伝えします。

今日から断食を開始しています

たまに履歴書に宗教を明記している外国籍の方もいますが、自分で表明していようとしていなかろうと例えば会社との面接中に宗教のことについて聞かれたらどのように感じますか?

Shamsul: 私は宗教について聞くことそのこと自体をタブーだとか、よくないという風には思いません。ただ、聞き方はとても大切だと思います。例えば、「あなたは何か宗教を信仰していますか?」とだけ聞かれると、何を信仰しているのかがまるで選考の要素になっているかのような印象を受けます。そうではなく、「宗教、信仰の関係でできないことや避けたいこと、こういうものがあると助かるなどリクエストがあればそういったことを共有してもらうことは歓迎です」という意思を会社から伝えてもらっていれば、自分のために聞いてくれているのだということがわかります。

なるほど〜。たしかに、聞く側に一切の悪気がなくとも聞き方によって本来生まずに済んだはずの誤解を生んでしまう可能性もありそうです。
Shamsulは今アクティブ・コネクターで働いていて、ラマダンの時期は勤務時間帯を調整したりしていますが、会社にどういう理解があると働きやすいと感じますか?

Shamsul: 日没後に食事が取れるように朝早く出勤できるというのはとても助かっています。しかし私だけでなく他のラマダンを実践するイスラム教徒の人たちにとっても、おそらく一番大事なのは会社の制度そのもの以上に、メンバーが理解をしてくれているということだと思います。

ただこれは、こっちの気持ちをわっかてくれ!という意味での理解ではなく、むしろラマダン中であろうと個人的には「普段通り」に接してほしいと思っています。気を使ってくれる人ほど、例えば食事をとることができない私の隣でお弁当をひらいてしまったときに「あ!食べられないのにごめん!」と言って部屋を変えたりすることがあります。でも私からしてみるとそんな風に悪いと思わせてしまうことの方が申し訳ないと感じます。それぞれ感じ方は違うと思いますが、私の場合はあくまでも普段通り、何も変わらずに接してもらえらばその方が嬉しいです。配慮はもちろん嬉しいですが、基本的には何か特別なこととして扱われるのではなく、そのままで大丈夫だという意味での理解があるとより嬉しいです。

続いても入社してからのことで言うと、ラマダン中に限らず普段から豚肉を食べない、アルコールを飲まない、など宗教で食事に制限があると会社での飲み会や食事会に誘いづらい、誘ってよいものなのかとためらってしまうことがあると思います。そこに関してはどういう関わりが良いのでしょうか。

Shamsul: 実は豚肉を食べ、アルコールを飲むイスラム教徒もいます。過去には私の周りにも「豚肉を食べるなんでイスラム教徒ではない!」という人もいましたが、私は個人的にはそれぞれの選択だと思っていますし、人の宗教観に対して他人がそれを批判したり正しくないという言う必要はないと思っています。

イスラム教徒だからこれは食べない、やらないだろうと想像で決めてしまうよりも、食事に誘ってしまい本人の判断に任せる方が良いと思います。一番よくないことは、例え気遣いの結果であれ食事に誘われなかった本人が除外されている、孤立していると感じることです。ハラルフード対応のレストラン、ベジタリアンレストランでなければならない、とは思い込まずに、まずは一緒に楽しむ機会を持ちたいのだということが伝わるように他のメンバーと同じように声をかけてみるのが良いと思います。その結果今回は難しいね、となればそれはそれで良いのです。

Shamsulは現在日本で働く社員である一方で、外国籍のイスラム教徒として、前述したようなラマダン期間中日没後以降の面接設定は難しいと相談する求職者側の気持ちもよくわかっていると思います。そういったことを打ち明ける必要があるときに、相談する側としてはどのような気持ちなのでしょうか。

Shamsul: 先ほど会社の制度そのもの以上にメンバーの理解の方がありがたいという話をしましたが、そこにも通じてくるように、会社側に変わってほしいとか自分に合わせてほしいという一方的な言い方をするつもりはありませんし、そう聞こえないように気をつけています。「日没後の時間帯での面接は絶対無理です。」だと、相手の選択を一切受け付けない強さを必要以上に感じてしまいますが、「ラマダン期間中日没後の家族の食事は自分にとってとても大事なものなので面接時間については相談をさせてほしい」と伝えると、それを聞いた相手もよりその人の考えを尊重したいという気持ちになると思います。

17時以降の外出や用事は難しい、という事実は言い方に関わらず変わりませんが、コミュニケーションによる印象は自分の言い方で大きく変わると思います。実際に私たちに面接時間について相談をしてくれた方は、自分の状況を伝えながらも相談というニュアンスで言われていたので私と同じようなことに気をつけているのだろうな、と感じました。

最後に

日本人の中でももちろん様々な価値観があり多様ですが、国籍の枠を取り払った積極的なグローバル採用を進めると、おそらくどこかのタイミングで自分とはなじみのない宗教や信仰を持っている人々に多く出会うのではないかと思います。そんなときに応募者から、「もしこうして頂けたらありがたい」や「こういった例外を認めてもらうことはできるのか」という相談を受けた時に、それをわがままや無礼だと受け取るのではなく、その人の一部として受け入れられるポジティブな受け止め方をすることによって双方にとってより気持ちのよい環境が生まれるのではないでしょうか。今日も断食をしていながらも楽しそうに働いているShamsulの周りで他メンバーも「いつも通り」働いています。

※今回の記事でお伝えしている宗教やラマダンに対する考え方は、あくまで一個人の見解であり、異なる考えの方を否定するものでは一切ありません。

Religion is an individual choice but it should not affect how somebody is looked at or treated.
Even though you have different believe we are still humans aiming for the same goal.
Both sides have to be understanding each other without detrimental their own values and believes.
宗教は個人の選択ですが、それによってその人がどう見られ、接せられるかに影響して良いものではないはずです。例え違う思想を持っていたとしても、最終的に私たちは同じゴールに向かう人間同士です。価値観や信仰を障壁としない相互理解が大切ですね。

アクティブ・コネクターが提供するサービス

Active connector (B)

私たちはベンチャー企業に、イノベーション人材を企業におつなぎする人材紹介のスペシャリスト集団です。人工知能、機械学習、自然言語処理をはじめとする最先端のエンジニアから、御社のグローバル展開を担っていくグローバルマーケターまで即戦力になる人材をおつなぎいたします。

イノベーション人材の採用についてはお気軽にお問い合わせください。

アクティブ・コネクターでは、御社のイノベーションに貢献できる優秀なグローバル人材の、人材紹介サービスを提供しております。成果報酬ベースで結果にコミットいたします。
まずは気軽にご相談ください。

相談する


最新の情報はメールマガジンで購読できます。

pexels-photo-261706-1


アクティブ・コネクターでも絶賛採用中です!

弊社でのお仕事にご関心がある方、こちらのページより詳細をご確認の上、ぜひご応募ください。周りでご関心がありそうな方への情報共有も大歓迎です。

Admin
Admin
「異人・変人と変革を」

Related Posts

指さし英語からグローバル変革者へ①     社内公用語を英語にするだけで自然と英語を話せるようになるのか?

はじめまして。2018年6月1日からアクティブコネクターで働き始めました三川と言います。

インタビュー:Heena

下町から日本を学ぶ

インタビュー:Mihiro(アート・ディレクター)

ディズニードラマの世界に憧れて