<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=489525144907814&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

アクティブ・コネクター

BLOG

 

生きることははたらくこと、

はたらくことは生きること

 

 

 

All Posts

インタビュー:Asami (CEO/Founder)

自分らしく生きる、という教育を受けて

小さい頃から私は母親に、自分らしく生きることが正しい、と教えられてきました。母親自身は、男兄弟、両親が共働きという環境の中で「野生児」のように育ったのですが、そんなワイルドすぎる女の子の将来を心配した両親がお嬢様学校に入れるという決断をします。そこで母は全くと行っていいほど校風に合わず、問題児として扱われるようになったりする中で、えいや!とアメリカに飛び出しました。16歳の時だったそうです。そのアメリカでは、皆誰もが違って当たり前。自由。そういう環境で初めて羽を伸ばして自分らしく出来る、という体験をしたそうです。小さい頃、母親から何度もアメリカの話を聞いていました。とにかく日本という枠組みにはまらなくてもいいんだ、世界はもっと広い、そういつも言い聞かされて来たので、私は小さい頃から自然と世界を目指すようになっていました。

自由な環境を、個性を認めてくれる環境を、と渇望する中で、日本の中学校の中でも指折りに自由だと思われる女子学院に入学することが出来ました。憧れの学校に入学出来たのもつかの間、両親が離婚するということからすぐに休学をしばらくすることを余儀なくされました。またそのときには、自分が持っていたほぼ全てのもの、当たり前だと思っていたものが全てなくなりました。世界で私は一番不幸な子だ、とどん底に落ちたのを今でも覚えています。今考えると大げさだな、と思うのですが、13歳の感受性の豊かな女の子にとっては当たり前かもしれないですよね。

そんな不幸まっただ中でふさぎこみこんでしまいそうな私に、周りの人が色々な本を貸してくれました。その中に、「マートブ」というイラン人の男性と結婚した女性が、自分と娘の命を守るために、大きな危険を冒しながらもイランを逃げていく、という本を読みました。また世界についてに情報が書かれた雑誌で、マンホールの中で暮らすストリートチルドレンの写真をたまたま見ました。

その時に、私は確信しました。自分がつらいと思っている以上に、世界はもっと広くて、もっともっと大変(今考えると、もっと、なんて考えるのはおこがましい話なのですが)な人もいる。そういう人たちのためになりたい、そう決心しました。

国連に入るためのチェックリスト

世界の人のために何かしたい!そう思った時に、国連という場所があると知りました。自分が経験している不幸な現実を乗り越えるためにも、私は夢が必要でした。そこで、私は国連に入るぞ!と決意し、人生のチェックリストをつくりました。そのチェックリスト通りに、17歳には英国に単身留学をして高校を卒業、カナダのフランス語圏の大学に入学。大学在学中にはNPOの設立に関わり、大学院では教育学を勉強することが出来ました。大学院の在学中にはユニセフのガーナ事務所にてインターンシップに参加させていただき、大学院生の身でありながら予算をもらって新規事業を立ち上げて実行するチャンスまで頂きました。

社会人としての最初のキャリアは、ゴールドマンサックスでした。もともと自分は日本企業には馴染まない、ということを十分理解していたので外資、そして国連に入るためには、とにかく一番早く成長出来て、自分の足場が固められるところ、という思いからゴールドマンに行きました。また今まで自分は開発という業界しか知らなかったので、自分の全く知らない世界に入って、学んでみようとも思いました。とはいっても私は入社からずっと金融音痴のままでした。周りからは就職活動に成功したと思われる一方で、毎日会社に通う私の足取りはとても重く、常に自分の強みを生かせてないというもどかしさと、自分が持っている世界をよりよくしたいという思いと会社の方向が必ずしも一致している訳ではないということに悶々としていました。

私の外国人の方々の日本での仕事探しを手伝いたいという思いの根幹には、自分自身が仕事選びで苦労した、というのがあると思います。

311がきっかけで、パキスタンに

315424_10100151212186497_1945291_n自分のビジョンが実現できる仕事がしたいな・・・とじれったさを感じながらも金融機関で働いていた時に、311、東北大震災がおきました。私が働いていた六本木ヒルズの45階は、とにかくすごく揺れました。そのとき一緒に地震の中でおしゃべりをしていたのが、普段他部署で色々とお仕事で接点があった方でした。その方は、外資系金融に入る前に自分で会社を立ち上げて頑張っていた、というお話をされていました。そういう世界もあるんだな、と、漠然と面白そう、と思ったのを覚えています。でもその時点では、まだ起業を自分のキャリアとしては考えていませんでした。ただ私が思ったのは、もしかしたら今この瞬間に自分の人生が終わるかもしれない、という中で自分はもっと他の場所で挑戦したい、ということでした。月曜日にはマネージャーに会社を辞めます、と告げました。全く後悔がありませんでした。2年でやめてしまうということが、世間的にマイナスに映るかもしれない、と思いましたが、人がどういおうと、私はゴールドマンで確実に他の人の3年分以上は学んだと自信があったんです。

ご縁があって、私はパキスタンで日本のNGOの新しい防災教育のプロジェクトを立ち上げる機会を頂きました。行く直前にビンラディンがパキスタンでつかまったり、なんだか大丈夫かな、と思う気持ちもありましたが、冒険家の私はとにかくワクワクして見ず知らずの土地に足を踏み入れました。そこは想像以上でした。観たこともないようなカラフルな色の現地の服に身を包む女性たち、危険だからと自由に歩くことが出来ずどこに行くにも車でDoor to Doorの毎日、初めてのイスラム圏。楽しいこともたくさんあった一方で、現地で仕事をする難しさにも直面しました。現地の視察にいくための車を手配するにしても、日本人、かつ女性の私が手配しようとすると現地の価格の2倍、3倍をふっかけられます。そんな中、現地で出会ったパキスタン人のチームメンバと皆で一つの目標に向かって皆で一丸となって、どんな困難も乗り越えて行きました。日本の本部のやりたいこと、現地ではそれが難しいこと、その擦り合わせの中で、新しい形を模索するのは、とても大変でしたが、チームの皆でとにかく一緒に頑張って、与えられた目標以上のことを達成しました。とはいっても、NGOなので、予算通りに計画通りにやればいい、というだけで、目標以上のことをやった、ということはそこまで評価されず(むしろマイナスのこととして捕らえられてしまい)、悔しかったです。

しっかりとその時から言語化していた訳ではありませんが、そのNGOでの体験が、自分にビジネスの可能性というところを意識し始めたきっかけになっていたかと思います。

日本企業のチームにもっと多様性を、もっと新しい価値を

IMG_6265こういう貴重な経験を経て、私はとにかくパキスタンに恋に落ちました。もっとパキスタンのために何かをしたい、と思っていたところ、ご縁がありJICAの専門嘱託というポジションにつきました。大好きなカラチというところで、大きな予算・規模のプロジェクトをまかされ、ここでパキスタンにも日本にも貢献出来るんだ!とワクワクしたのもつかの間、色々と疑問に直面しました。まず計画を創るチームの中に、パキスタン人が1人もいなくて、日本人が集団で定期的に現地に出向いて調査・設計をしている状況でした。そういう中でどんどん調査コストはふくれあがるし、同時に本当にどこまでの日本のハイクオリティーさにこだわるべきなのか、という疑問も出てきました。日本企業の素晴らしい技術ももちろんあるけど、これからはそれをそのまま海外に出すのではなく、もっと現地の人と一緒に新しい価値を作り上げて行くことが大事だ、そんな風に確信するようになりました。

日本のチームの中にもっと多様性、外国人を、という思いで悶々としている時に、デスクに国際協力ジャーナルという雑誌がまわってきました。その中で、「今日本の大学は外国人留学生が増えている。彼らの多くが日本と母国をつなぎたいという思いがあるのに、そういう思いを持っている4人に1人しか日本で仕事が見つからない。」という記事を読みました。その瞬間に、脳に稲妻がはしったような、とにかく感動を覚えました。涙も出ました。そこからは持ち前の行動力と、良くも悪くも思い込み力です!色々な苦労もありましたが、アクティブ・コネクターを立ち上げることになり、たくさんの人に支えられながら、色々な人と一緒にこの活動を大きくしてきています。

 

妊娠・出産を通じて「多様性」がもっと身近に

AC-Profile_043

2017年のはじめ、私たちの会社は業務拡大に伴いそれまでのオフィスの何倍もの広さのオフィスに移動することになりました。これから会社をガンガンと大きくしていくぞ!とやる気に満ち溢れているときに、突然私は妊娠しました。女性としていつかはもしかしたら子供を産むかもしれないしそのオプションがあるということは意識していたものの、この妊娠は想定外で、正直なことをいうと妊娠がわかった時は嬉しさよりも「会社はどうなるんだろう!?」とパニックになりました。

自分の心の準備ができる前にどんどんと変化していく体調、膨らんでいくお腹。それまで思い通りにとにかく「働きたいだけ働ける働きマン」だった私が、自分の思いとは裏腹になかなか思うように働けなくなることに非常にもどかしさを感じました。そのように妊娠をしていく過程をへて、私は初めて自分自身が今まで多様性というのを広めようとしていたものの、自分は明らかに「マジョリティー」にあたる立場で、何の苦労もなく普通に働けていたのだ、ということに気づきました。

出産後は慣れない育児や睡眠不足の体、自分ではコントロールできない赤ちゃんという存在を通じて、ますます既存の「はたらく」という枠組みがいかに、バリバリフルタイムで全く苦労なく働ける人、を中心に作られているかということを身を以て体験しました。

この出産・妊娠がきっかけとなり、私はアクティブ・コネクターでも様々なはたらきかた・ライフスタイルのあり方を受け入れられるように制度改革に取り組みました。また私たちがお手伝いするスタートアップ企業に対しても、もっと多様性が本当に受け入れられていくべく、根本的なサービス改革などにも取り組んでいます。

まだまだ自分がやりたいことと、できていることには大きなギャップがあります。でも素晴らしい仲間に恵まれ、私が想像していたことを超える素晴らしい提案が生まれたり、組織が生まれてきて、まさに多様なメンバーで一緒に新しい価値を作り出していく楽しさを日々感じています。

新規CTA

新規CTA

 

Admin
Admin
Go Beyond Diversity

Related Posts

インタビュー:Yuko ( Office Manager)

アクティブ・コネクターのバックオフィスを取り仕切るYukoさん。2020年に入社し、その責任感と正確な仕事ぶりでメンバー達からの信頼も厚い!そして、いつも元気で明るい彼女は、まさにアクティブ・コネクターのムードメーカーです。 そんな彼女に今回はインタビューしてみました。 アクティブ・コネクター入社のきっかけは、「働きやすい環境」 下のお子さんが幼稚園に入園したのをきっかけに、再び就職活動を始めたYukoさん。でも「短時間勤務・バックオフィス業務・フレキシブルな環境」の職場を探すのは、なかなか難しかったそうです。でもそんな中、出会ったのが "アクティブ・コネクター"。まさに希望通りの職場だったとのこと! Yuko:「業務時間などについて融通がきくので、とても働きやすいです。ベンチャー企業ということも関係しているかもしれませんが、働き方の面でも柔軟性があるなーと感じてます。」 これに関しては、私も同感です。子供が小さいと、幼稚園・保育園での行事や学校の保護者会などで数時間仕事を抜けたり、お休みしたりということも、しばしばありますよね。そんな点でも理解がある職場なので、彼女も働きやすいと感じてくれているようです。 カナダとニューヨークでの海外生活 何を隠そう、彼女の英語の発音はネイティブスピーカーも驚くほどのレベルです! 私の中では「きっと長年留学していたんだろうなー。」と思っていたのですが、実は「カナダの大学の語学プログラムで5週間勉強しただけ」らしい。いや、そんなはずないでしょ?!と思ったのですが、本当らしいです。 Yuko:「友人に誘われて、英語を専攻する他学部のプログラムに気楽な気持ちで申し込みました。でも、参加直前でその友人が事情によりカナダに行けなくなってしまって、結局、私一人で参加したんです。毎日午前中は日本人特有の発音を矯正することに特化した授業があって、周りは英語ができる子ばかりだったので、その期間はとにかく真面目に頑張りました!」 かなりハプニングですよね(笑)。 でも、そんな状況でも一生懸命勉強するところが、彼女のスゴイところです!その後も、ニューヨークに2年間住んでいたこともあるとのことで、"バイリンガル・Yuko"のイメージを私は勝手に膨らませていたのですが、 Yuko:「ニューヨークに住んでいても、日本人の友人たちと一緒にいることが多かったので、ほとんど英語は上達しなかったですよ。上手くなったのは、クレームする際の英語だけ(苦笑)。アクティブ・コネクターに採用された時、英語の能力は求められているレベルに達していなかったにも関わらず受け入れてもらいました。英語に囲まれた環境を生かして、英語の勉強をまた始めたところです。」 かなり謙遜してる彼女ですが、スキルアップを常に怠らない姿勢が素敵です。           楽しいインタビューで予定時間を大幅に過ぎました。。。 目標は「メンバーの優秀な右腕になること」 アクティブ・コネクターでは、バックオフィスを取り仕切っているYukoさん。彼女のモチベーションである「頑張っている誰かをサポートしたい!」という気持ちは、幼少期の体験から生まれたそうです。 Yuko:「私が幼稚園児だった時に、兄が入院し母親が病院に泊まり込みという時期がありました。その時に父親と二人だけの生活で、父親が仕事も家事も両立していて大変だなーと小さいながらに感じましたね。それと同時に、そんな頑張っている父親をサポートしながら、一緒に大変な時期を乗り越えているんだ!という気持ちを持ってとてもワクワクしていたことを今でも覚えています。こんな経験もあって『頑張っている誰かのサポーターになりたい』ということを常に考えるようになってきた気がします。」 そして、小学・中学生時代には、学級委員長をよく務めていたという。 Yuko:「学級のためとかクラスの皆のために何かしたいという気持ちが強かったんですよね。今まで働いてきた環境でも上司や同僚に恵まれてきたので、誰かのために一生懸命サポートするぞという気持ちでずっと働いてきました。もちろん今もそうです!」 このエピソードを聞いて、責任感が強く、仕事をテキパキとこなす現在の彼女の姿と重なりました。 誠実・的確な仕事ぶりでバックオフィスを取り仕切っている彼女の、今後の活躍にますます期待大です!

世界母乳育児週間に寄せて:リモートで働く母からの思い

8月1日から8月7日は世界母乳育児週間だったのをご存知でしょうか。(参考URL) 0歳児を育てる「働く母」が二人いる、アクティブ・コネクター。 今回は世界母乳育児週間に賛同し、私たちの思いをお伝えします。