<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=489525144907814&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

Active Connector Blog

 

All Posts

会社を経営しながら、子育てをするということについての私の思い(1)

私(松本麻美)の妊娠が発覚した時、私が最初に思ったことは嬉しいということよりも何よりも「会社をしっかりとやっていけるのか」という不安でした。そんなことを言うと、世間の多くの妊娠をしたいという思いを持っている人たちからあまりよく思われないかもしれませんが、私にとって会社とはそれだけ大事な存在なのです。

妊娠が発覚する少し前は、事業拡大に伴いオフィスを移転したばかりでした。新しい社員も入社し、事業はようやくオペレーションが確立し始めて、さあこれからガンガン成長していくぞ!という、そんな時期に、私は妊娠をしました。
出産・子育てという、ある意味新たな「起業」のような体験をするには、まだまだ会社のステージが熟していないのではないと感じ、出産までの間に残された時間を逆算して、必死に戦略を立てたのを思い出します。
とはいえ、起業というものが私にとって未知な世界で、一歩踏み出すまでは全くどうなることか、分からなかったのと同じように、出産から子育ても、私にとっては全く未知の世界で、一体何にどう準備したらいいのか、というのは全くわからなかったのは事実です。

今もまだ色々と分からないことだらけで、会社の経営と子育てというのが、どのようにあるべきか、ということについては、答えのない答えを探しているような状態です。
それでも、子どもを産み、子育て3ヶ月、会社を創立し経営歴約5年近くになる私が、今子育てと経営について思うことがいくつかあります。今回はその一つを書きたいと思います。

誰がなんと言おうと、自分の信念を貫き通す

会社を起業した時、ダイバーシティーをもっと社会に広めるというビジョン、外国人留学生と企業の橋渡しをするというビジネス、会う人ほとんどに、そんなの無理だと言われました。「あなたは女性だし、頭が悪いから絶対失敗する。」と呪いのような言葉をかけてきた人もいました(そして、そのミーティングのあと、悔し涙がずっと止まりませんでした)。
どんなに色々な人が反対したりしても、私は自分の信念を貫くことが大事だと思っています。チャレンジした結果それで思うようにならなかった状態と、チャレンジせずに「やればよかった」と未練が残る状態であれば、私は確実に前者を選びたいと思って人生を生きています。私は自分の信念を生きることこそが、この人生の醍醐味だと思っています。

子育ては経営と同じで、自分の信念を貫き通すことが大事だと私は思っています。育児書を見れば、あれが良い、これはだめ、と色々なことが書いてあります。子育てをしている人に話をきけば、人の数だけ子育ての姿があります。そんな中、どんなことを人が言おうとも、色々なアドバイスは参考にするものの、最終的には自分は自分が信じることを実行するのみだと思っています。まさに経営と同じです。

子育ても会社経営も真剣

母子手帳を区役所に取りに行った時に、その足でもちろん保育園の募集要項を取りに行きました。そこで始めて保育園という仕組みについて学び、普通に保育園に応募するのであれば、子どもがまだ5ヶ月の状態の時に、毎日決まった時間かなりの長い時間を預けなければいけないことになるということを知りました。
私はその時に、そんな小さい状態の自分の子供を、預けたくない、自分がまだしっかりと向き合いたいと強く思いました。最終的に、私は会社にBaby roomを作り、こどもをしばらく育てながら会社をやっていくことにしました。

そんなことは、中途半端だ。子育ても会社経営も、片手間にやっているのではないか。こどもがかわいそうだ。仕事に真剣でないのでは。色々な批判があると思います。でも私はそんな批判全く気にしません。

私は子供と私自身が時間を過ごすことが大事だと思っているし、同時に会社に自分がいるということが大事だと思っています。それを同時にやるまでです。どうしても仕事の効率が悪くなる部分は、こどもが寝付いた後に夜に数時間集中して働いたり、休日にカバーするのみです。
人が当たり前だという、働き方をしていなからといって、自分が真剣に働いていないわけではありません。子育ても会社という環境がこどもにとっていいのか、悪いのか、というのは人が決めることではなく、自分が決めることだと思っています。

子育ても会社経営も、ぶれない軸をもって、それを信じ続けなければいけないと思っています。
そうすることでしか、見えてこない世界もあるし、自分も成長できないと思っています。

#異人・変人と変革を

松本麻美
松本麻美
"Go Beyond Diversity" 外国人ハイスキルエンジニアとベンチャー企業をつなげることで、一人一人が情熱を思い切り追求できる世界を創ることを目指すアクティブ・コネクターを2013年5月に創業。17歳で単身渡英。ウェールズの寄宿舎での2年間の生活、カナダでの大学生活を経て、就活やインターンに明け暮れる大学院生活を送ったのち外資金融に入社。311を機に退職をし、パキスタンに渡る。その後情熱に突き動かされるままに起業。https://jp.active-connector.com/

Related Posts

インタビュー:Yuko ( Office Manager)

アクティブ・コネクターのバックオフィスを取り仕切るYukoさん。2020年に入社し、その責任感と正確な仕事ぶりでメンバー達からの信頼も厚い!そして、いつも元気で明るい彼女は、まさにアクティブ・コネクターのムードメーカーです。 そんな彼女に今回はインタビューしてみました。 アクティブ・コネクター入社のきっかけは、「働きやすい環境」 下のお子さんが幼稚園に入園したのをきっかけに、再び就職活動を始めたYukoさん。でも「短時間勤務・バックオフィス業務・フレキシブルな環境」の職場を探すのは、なかなか難しかったそうです。でもそんな中、出会ったのが "アクティブ・コネクター"。まさに希望通りの職場だったとのこと! Yuko:「業務時間などについて融通がきくので、とても働きやすいです。ベンチャー企業ということも関係しているかもしれませんが、働き方の面でも柔軟性があるなーと感じてます。」 これに関しては、私も同感です。子供が小さいと、幼稚園・保育園での行事や学校の保護者会などで数時間仕事を抜けたり、お休みしたりということも、しばしばありますよね。そんな点でも理解がある職場なので、彼女も働きやすいと感じてくれているようです。 カナダとニューヨークでの海外生活 何を隠そう、彼女の英語の発音はネイティブスピーカーも驚くほどのレベルです! 私の中では「きっと長年留学していたんだろうなー。」と思っていたのですが、実は「カナダの大学の語学プログラムで5週間勉強しただけ」らしい。いや、そんなはずないでしょ?!と思ったのですが、本当らしいです。 Yuko:「友人に誘われて、英語を専攻する他学部のプログラムに気楽な気持ちで申し込みました。でも、参加直前でその友人が事情によりカナダに行けなくなってしまって、結局、私一人で参加したんです。毎日午前中は日本人特有の発音を矯正することに特化した授業があって、周りは英語ができる子ばかりだったので、その期間はとにかく真面目に頑張りました!」 かなりハプニングですよね(笑)。 でも、そんな状況でも一生懸命勉強するところが、彼女のスゴイところです!その後も、ニューヨークに2年間住んでいたこともあるとのことで、"バイリンガル・Yuko"のイメージを私は勝手に膨らませていたのですが、 Yuko:「ニューヨークに住んでいても、日本人の友人たちと一緒にいることが多かったので、ほとんど英語は上達しなかったですよ。上手くなったのは、クレームする際の英語だけ(苦笑)。アクティブ・コネクターに採用された時、英語の能力は求められているレベルに達していなかったにも関わらず受け入れてもらいました。英語に囲まれた環境を生かして、英語の勉強をまた始めたところです。」 かなり謙遜してる彼女ですが、スキルアップを常に怠らない姿勢が素敵です。           楽しいインタビューで予定時間を大幅に過ぎました。。。 目標は「メンバーの優秀な右腕になること」 アクティブ・コネクターでは、バックオフィスを取り仕切っているYukoさん。彼女のモチベーションである「頑張っている誰かをサポートしたい!」という気持ちは、幼少期の体験から生まれたそうです。 Yuko:「私が幼稚園児だった時に、兄が入院し母親が病院に泊まり込みという時期がありました。その時に父親と二人だけの生活で、父親が仕事も家事も両立していて大変だなーと小さいながらに感じましたね。それと同時に、そんな頑張っている父親をサポートしながら、一緒に大変な時期を乗り越えているんだ!という気持ちを持ってとてもワクワクしていたことを今でも覚えています。こんな経験もあって『頑張っている誰かのサポーターになりたい』ということを常に考えるようになってきた気がします。」 そして、小学・中学生時代には、学級委員長をよく務めていたという。 Yuko:「学級のためとかクラスの皆のために何かしたいという気持ちが強かったんですよね。今まで働いてきた環境でも上司や同僚に恵まれてきたので、誰かのために一生懸命サポートするぞという気持ちでずっと働いてきました。もちろん今もそうです!」 このエピソードを聞いて、責任感が強く、仕事をテキパキとこなす現在の彼女の姿と重なりました。 誠実・的確な仕事ぶりでバックオフィスを取り仕切っている彼女の、今後の活躍にますます期待大です!

世界母乳育児週間に寄せて:リモートで働く母からの思い

8月1日から8月7日は世界母乳育児週間だったのをご存知でしょうか。(参考URL) 0歳児を育てる「働く母」が二人いる、アクティブ・コネクター。 今回は世界母乳育児週間に賛同し、私たちの思いをお伝えします。