<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=489525144907814&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

アクティブ・コネクター

BLOG

 

生きることははたらくこと、

はたらくことは生きること

 

 

 

All Posts

東京大学 FoundXにてセミナーを実施しました

2019年6月7日(金)に、東京大学の卒業生・現役生・研究者向けのプレインキュベーションプログラム施設、FoundXにて、外国人採用&マネジメントについてのセミナーを実施しました。

iOS の画像大学発ベンチャーの総数で日本のトップを牽引するとニュースになっている東京大学。(参考

大学発ベンチャーの数が群を抜いている背景には、大学が取り組む様々な起業家・ベンチャー支援の存在があってこそ、と感じられます。

今回は、グローバルなチーム作りに関心がある東大関係の起業家、ベンチャー企業の経営者向けに、「How to hire and manage international employees」と題して、外国人エンジニアをどのように採用するとよいのか、という方法論から精神論、そして採用後にどのように良いチームを作れるのかということを色々な企業の事例を元にお伝えしました。

iOS の画像のコピー入り口にあるメッセージがとてもかっこよかったです!

質問の中に、外国人エンジニアを採用することで起こりうるコミュニケーションコストが心配、という意見がありました。私たちがご支援している企業の中でグローバルチーム作りに成功しているところに共通するのは、チームメンバーの英語力というよりも、チームの中でグローバルなチームを作ることの意義をしっかりとみんなが同じレベルで共有しているかどうか、ということだと繰り返しお伝えさせていただきました。そのほかにも私たちが学んできた色々なTipsをお伝えしました。

東大関係の起業家・経営陣の皆様がグローバルにチーム作りをしていく際の参考になれば幸いです。今後も定期的にこういったセミナーをベンチャー企業向けに実施していきたいと思っております。ご関心がある方はinfo@active-connector.comまでご連絡ください。#異人・変人と変革を

FoundX: https://foundx.jp/

 

iOS の画像のコピー2FoundXのスペースやあり方は、成功するスタートアップについての学術的研究に基づいて計算されて作られているそうです!

Active Connector
Active Connector
「異人・変人と変革を」

Related Posts

東京大学 FoundXにてセミナーを実施しました

2019年6月7日(金)に、東京大学の卒業生・現役生・研究者向けのプレインキュベーションプログラム施設、FoundXにて、外国人採用&マネジメントについてのセミナーを実施しました。

リクルーティング事業に取り組む私がなぜ幼児教育に興味を持ったのか、そしてその後の決断

まず初めに、私、松本麻美は2013年に「生きることははたらくこと、はたらくことは生きること」という言葉に突き動かされるままに、外国籍の人たちが日本で自分らしく思い切り働ける場所をつくりたいという思いから、アクティブ・コネクター株式会社という会社を設立しました。 そこから色々と自分たちの事業を行う中で、事業内容は次第にシャープになってきて、今は情熱と個性のど真ん中を生きる外国人エンジニアと日本のベンチャー企業の橋渡しにフォーカスをして活動をしています。 会社設立した最初の頃の「毎日銀行口座の残高を見るのが怖い」、というフェーズはもちろん脱したものの、まだまだ本業でも向上すべきポイントが山積みの中で、私は去年から幼児教育ビジネスというものの必要性に駆られて、会社として事業化の可能性検証に奔走してきました。

なぜ私たちは「真剣にヨガ」を会社の業務時間で取り組むのか?

アクティブ・コネクターでは、一人一人の幸せが実現していくことに対して、本気に取り組んでいます。ただ口先だけで「幸せが大事」といっているのではありません。本気に幸せが大切だと心から思っています。