<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=489525144907814&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

アクティブ・コネクター

BLOG

 

生きることははたらくこと、

はたらくことは生きること

 

 

 

All Posts

Withコロナの時代のビジネスを考える(1)

自分たちが今存在しているのは、今まで出会ったたくさんの人たちのおかげ。

そんなことを改めて感じることがありました。こんにちは。アクティブ・コネクターCEO/Founderの松本です。

 

弊社で先日採用のお手伝いをした企業の方とのつながりについて、ふと思いを巡らせていました。

その企業とのつながりのきっかけは、アクティブ・コネクターの創業時のメンバーです。その創業メンバーの尊敬するメンターの方が、情熱以外何もなかった当時のアクティブ・コネクターを応援したい、という思いから、その企業の関係者の方をご紹介してくださいました。

 

その企業の受付で呼び出しの電話を鳴らした時のドキドキを今でも覚えています。結局そのミーティングでは何かにつながりませんでした。

 
しかしその2年後に、改めてその担当者から連絡がありました。

綺麗なミーティングルームで、担当の方が私たちに聞きました。

「 ○○っていうニーズがあるのだけど、あなたたちは、それを提供できますか?」

実際には、何もその経験はなかったものの、「出来ます!任せてください!」と二つ返事で答えました。

 

結果、その案件は成功し、翌年から毎年同案件でご依頼いただくようになりました。その案件を担当してきたのは、過去アクティブ・コネクターで働いていたメンバーの人たち。

その案件を一人一人が毎回成功させてきたからこそ、ずっとその企業の方と関係を構築できたのだと思います。

 

今自分たちが出来ている色々なことは、たくさんの人のつながり、たくさんの人たちの努力、思いで繋がっている。

そんなことを、一つの最近の成功から思いました。

当たり前にビジネスが出来ていた時には、色々なことへの想像力が働かなくなってしまいがちです。

Withコロナの時代、こういう経済危機の状況だからこそ、本来私たちが持つべきだった、感謝の心や人と人とのつながりを感じられる。そんな風に私たちは思います。

コロナで苦しんでいる人、大変な状況にある人たちの苦しみを思い、良い方向に今後進むことをとにかく祈っております。

しかしそれと同時に、コロナが敵だ、というような二元論的な考えではなく、Withコロナ、この状況だからこそ、私たちがより良く変わっていけるきっかけにになっている。そう考えることもできるのではないでしょうか。

Embrace the unknow. 私たちのコーポレートバリューの一つを噛み締めます。

 

#Embracetheunknown#未知なことにわくわくしよう#届け感謝の気持ち

松本麻美
松本麻美
"Go Beyond Diversity" 外国人ハイスキルエンジニアとベンチャー企業をつなげることで、一人一人が情熱を思い切り追求できる世界を創ることを目指すアクティブ・コネクターを2013年5月に創業。17歳で単身渡英。ウェールズの寄宿舎での2年間の生活、カナダでの大学生活を経て、就活やインターンに明け暮れる大学院生活を送ったのち外資金融に入社。311を機に退職をし、パキスタンに渡る。その後情熱に突き動かされるままに起業。https://jp.active-connector.com/

Related Posts

世界母乳育児週間に寄せて:リモートで働く母からの思い

8月1日から8月7日は世界母乳育児週間だったのをご存知でしょうか。(参考URL) 0歳児を育てる「働く母」が二人いる、アクティブ・コネクター。 今回は世界母乳育児週間に賛同し、私たちの思いをお伝えします。