<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=489525144907814&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

アクティブ・コネクター

BLOG

 

生きることははたらくこと、

はたらくことは生きること

 

 

 

All Posts

山田英治さんにワークショップをご開催頂きました

先日7月19日、社会の広告社でソーシャルクリエイターとして活躍れている山田英治さんを弊社にお迎えし、弊社が事業に込める思いを言語化するワークショップを開催して頂きました!

スクリーンショット 2019-07-22 16.20.17数多くの有名広告やCMを手がけられてこられた山田さん。東日本大震災をきっかけにその経験を社会課題の解決のために使おうと決意され、これまでどういった取り組みをされてきたのか事例を交えながら、自分たちが提供したい価値の言語化や表現方法を学ばせて頂きました。

後半はワークショップという形で、3つのチームにわかれて個人が考えたことの共有や、ロールプレイングを行いました。一人一人が日々クライアントや求職者の方に自分たちがどういった存在なのかを説明する機会がある中で、どういった表現や言葉がより「他ではない私たち」らしさや思いを伝えることができるのか、ひたすら考えてみる大変貴重な時間となりました。

IMG_4778f

チームで改めて考えを共有しあうと新たな発見がありました

 

スクリーンショット 2019-07-22 18.06.47ペアになって各自の言葉、表現で「アクティブ・コネクター」を説明しています

 

私たちは人材紹介というビジネスを行なっていますが、そもそもは実現したい社会、世界があり、その達成手段として事業に取り組んでいます。そのことを全員がわかってはいても、時間が経つにつれどのように会社を説明するか、表現するのかは、特に人が増えるにつればらばらになってしまいがちです。

今回山田さんにリードを頂き、改めて自分たちが何を目指しているのか、何を提供したいのかに対し共通の認識を持ってみようとすることで、方向性を再確認することができました。やはりプロの方の力を借りると自分たちでは整理しきれない部分に手を伸ばすことができます。

来月からもまた1名新たな仲間が加わりますが、会社の成長と共に言語化の必要性が益々大切になることを実感します。

山田さん、貴重な学びの機会をありがとうございました!

IMG_4781-1#異人変人と変革を

小林喜子
小林喜子
Marketing Officer 大学を卒業後アクティブ・コネクターのインターンから参加し、フル参画。アカウントマネージャー職を経て、現在は多様性を真に強みとできるグローバルチームづくりをリアルな現場から探るため、インタビュー記事やブログを執筆、発信している。

Related Posts

私たちがオフィス縮小化を決めるに至った背景とこれから

私たちは2013年に創業し、しばらく本郷三丁目の小さなアパートをオフィスとしていました。誰かがランチを食べたら部屋中がそのランチの香りであふれたり、トイレに行くためだけに毎回メンバーがコンビニに行っていたりしました。オフィスを訪れた人が玄関の扉を開けて帰ろうとしたら、誤って靴箱を開けて出て行こうとしてしまったこともあります。

「好きを仕事に、仕事を好きに」Do what you love, love what you love

「好きを仕事に、仕事を好きに」Do what you love, love what you love。アクティブ・コネクターのコーポレートバリューの一つです。日本には「サラリーマン」という「職業」があります。深い意味を考えずに使っていることが多いのは事実ではありますが、サラリーマンという言葉を使うたびに、サラリー(給料)という対価のために自分が働いている、と宣言しているようなものです。給料のために働いていると考えた途端、私たちは「自分自身の人生」を生きていません。