<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=489525144907814&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

Active Connector Blog

 

All Posts

外国人受け入れ政策。本当に必要とされているのは「ライトブルーカラー層」

6月5日、日本政府の「経済財政運営と改革の基本方針2018」(いわゆる「骨太の方針2018」)(原案)(URL)が発表され、外国人材の受け入れを積極的に進めていくと謳われています。

政府は、日本の労働人口の減少を背景に、外国人労働者の受け入れに本格的に乗り出しました。安倍首相も同日の経済財政諮問会議において「一定の専門性、技能を有し、即戦力となる外国人材を幅広く受け入れていく仕組みを早急に構築する必要がある」と述べています。

私たちは、経験・専門性がある外国籍の方々を専門に人材紹介をしています。この改革を受けて、こんな懸念がよぎりました。この取り組みの枠組みに入らない「専門性・技能を有している即戦力となる外国人材」の存在です。

 この人材は、今回、政府が定義しているであろう、ホワイトカラーとブルーカラーの中間にあたるであろう「ライトブルー層」に位置するのです。

私たちが「ライトブルー」と呼ぶこの層はこのような条件の方々です。以下は、私たちが多くのクライアントからよく求められる人材像です。

主にベンチャー企業を中心に、中小企業の採用のお手伝いをしていますが、従業員規模が10名程度から30名ほどのテクノロジーをベースにした企業等を例にとります。 

・数年間の業務経験が、母国もしくは日本である

・イメージとしては20代中盤から30代前半あたり

・年収は300万円から500万円程度

・大学卒で、技術はある程度ある方

まさに今の日本政府が注力しているホワイトカラーとブルーカラーの中間にあたる層で、「ホットな人材案件」なのです。

このように、ライトブルー層には、中小企業が必要としている人材が多く位置します。ホワイトカラーともブルーカラーともつかないライトブルー。ビザがすんなりと発給されない可能性が高いため、私たちは日々歯がゆく思っています。 

残念ながら今回の政府の方針でもカバーされ切れていません。

 

現在、日本政府が取り組んでいる外国人労働者受け入れのための現状の政策を整理した上で、日本企業が必要としている人材のタイプ、外国籍人材専門に採用のお手伝いをしている私たちの歯がゆい実体験をお伝えします。

 

*続きについては、希望者にメールにてお送りいたします。

(記事タイトル:「骨太の方針に含まれるのはブルーとホワイトの二層のみ。その中間はどう定義されているのか」)

続きを読む

松本麻美
松本麻美
「異人・変人と変革を」外国人ハイスキルエンジニアとベンチャー企業をつなげることで、一人一人が情熱を思い切り追求できる世界を創ることを目指すアクティブ・コネクターを2013年5月に創業。17歳で単身渡英。ウェールズの寄宿舎での2年間の生活、カナダでの大学生活を経て、就活やインターンに明け暮れる大学院生活を送ったのちゴールドマンサックスに入社。311を機に退職をし、パキスタンに渡る。その後情熱に突き動かされるままに起業。

Related Posts

OKRの失敗事例:私たちがOKRに失敗した3つの理由

色々なベンチャー企業でも導入され始めているOKR。Googleが創業1年に満たないうちから導入されて今も取り入れられているということでも、ベンチャーの急成長の鍵にはOKRがあるのでは!とマネジメント手法で注目を浴びています。 一方でOKRを検討しているベンチャー企業からよく聞かれるのは「コンセプトはわかるものの、実際の具体的な運営方法がよくわからない・・・」といった悩みです。私たちもご多分にもれず、2年間にわたり試行錯誤OKRを運営してきました。色々と試してきたものの、結果としては私たちの会社でのOKRの導入・実施は失敗してしまったと感じております。 今回はOKRを導入しようと思うベンチャー企業の経営者の方や、OKRを導入しているもののなかなかうまくいかないと感じているベンチャー企業の方のご参考になればと思い弊社の失敗した背景を赤裸々にお伝えしたいと思います。

【実体験】知っておいて欲しい、子連れ出勤に伴う苦労とリスク

「異人・変人と変革を」というミッションを掲げ、一人一人が自分らしく生きれる世界を作ることを目指す私たちアクティブ・コネクターでは、代表である私、松本が出産に伴い、子どもを連れきて会社経営をするという「子連れ経営」、一般的にいう子連れ出勤に挑戦しました。怒涛の子連れ出勤の1年間のレポートや、チームメンバーのインタビューもぜひご参照ください。またこの体験をもとにした、子連れ出勤を社内で取り入れるポイントもこちらに書いております。 そんな風に子連れ出勤をアピールしているため、私たちが子連れ出勤を推進していると思われるかもしれませんしかし、1年間子連れ出勤を実践してきた当事者の、「経営者」としてではなく、「一人の親」としての立場としては、私は子連れ出勤推進派ではありません。というのは子連れ出勤は、育休をとっていたりする時や、保育園に子どもを預けている時にはない苦労とリスクが伴うためです。 今回は、子連れ出勤を検討している当事者の親の方(もしくは親になる予定の方)を対象に、子連れ出勤を検討する上で知っておいて欲しい苦労やリスクを、私自身の体験談をもとにお伝えします。

1年間やってみた!子連れ出勤を社内で取り入れたいベンチャー企業の方への導入ポイント

私たち、アクティブ・コネクターでは、代表の松本自らが出産後1年間子どもを連れて出勤するという実験に取り組みました。 母親として、経営者として、子連れ出勤の難しさを体験したことをもとに、子連れ出勤導入における具体的なノウハウ、注意点をお伝えします。なお、私自身は子連れ出勤を実際にした身として、子連れ出勤推進派ではないことを先にお伝えいたします(厳密には、社員という立場の方への子連れ出勤は推進派ではなく、経営者の方には子連れ出勤推進派です)。   目次 ・この記事の対象になる方々 ・子連れ出勤は育休より良いオプションではない:どんな場合に子連れ出勤を導入すべきか ・いきなり「赤ちゃんを連れてきてもいいよ」は過酷:子連れ出勤を導入する前に実施すべき体制・環境整備 ・でも、お高いんでしょ?:子連れ出勤のための予算・経費概要 ・子連れ出勤は経営判断:子連れ出勤の方への給与体制・業務内容 ・導入をしたい方へのお勧めリンク・お役立ち情報