<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=489525144907814&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

Active Connector Blog

 

All Posts

"異人”採用企業インタビュー第7弾  自然電力株式会社

「エネルギーから世界を変える。」を理念に躍進する、日本においては稀なる新興エネルギー企業自然電力。その多様性溢れる会社づくりも注目を集める同社が考える多様性の”楽しさ””強み”とは?

 
社員の2〜3割が外国籍、同じく2〜3割が60歳以上。自然電力株式会社は、企業フィロソフィーへの共感と個の強みにフォーカスした採用で、戦略的でありつつごく自然と多様性溢れる会社づくりをしてきました。多様性を成功の鍵とみなし事業を進める自然電力はダイバーシティをどのように捉えているのでしょうか。発電事業部部長の古賀様とHR部マネージャーの竹井様にお話を伺いました。
 

自然電力の”グローバル採用”とは?

—現在15カ国の異なる国籍の社員がはたらいている御社ですが、そもそも外国籍の方の採用はいつから始められたのでしょうか

外国籍の方の採用は創業初期から行っていました。弊社のグループ会社には、ドイツの自然エネルギー関連企業であるjuwi(ユーイ)とのジョイントベンチャーがある関係で、外国籍の社員がいるということは初めから自然なことでした。そういう意味では当時はグローバル採用ということを強く意識したわけではありませんでした。ですが、その後の拡大というフェーズにおいては戦略的に行ってきました。

 

IMG_2591

 

 —海外事業を行なっていることは戦略的なグローバル人材の採用に関係しているのでしょうか。また、やはり多様な国籍で構成されているメンバーであるメリットも多いですか。

 その地域のことはその地域(国)の人が一番よくわかっているという点での強みは大きいです。海外事業を行う先が決まっていてその国・地域出身のメンバーがほしいという採用ももちろんありますが、弊社では採用が先に来て、後からそのメンバーのよく知る土地で事業を開発していくこともあります。

自然エネルギーは世界中でこれから必ずニーズが高まる分野ですので、そういった点もグローバルな社員構成の強みを生かせると思います。

 また、そもそも多様性は経営理念の中核の一つでもあり、国籍に限らず60歳以上のベテラン層を積極的に採用することも含め、会社を多様なバックグラウンドを持った人たちで作っていこうという土壌は最初からあったように思います。

 —国籍が多様であれば同時に、言葉や文化の違いが存在することも事実だと思いますが、外国籍の方を採用する際には具体的にどういった視点で候補者の方を見られているのでしょうか

 外国籍の方の採用と一言で言っても色々な観点があると思います。優秀であることと即戦力であることは必ずしも一致しませんし、外国籍の優秀人材だからといって会社の期待する部分とマッチするというわけでもありません。会社の期待値とのマッチ度について言えば国籍は関係なく、高い人には別の点で共通項があると思います。

 本気で事業のフィロソフィーに共感していてコミット具合が高い人は期待値とのマッチ度も自然と高くなります。国籍に関係なく、採用の際にビジョンへの共感は最重要要件の一つです。

IMG_2593-566548-edited

 

「多様性」は経営理念レベルで意識

先ほど多様性は経営理念の中核にあるとのことでしたが、そもそもなぜはじめからこういったマインドセットを持つことができていたのでしょうか

 そこは意外とシンプルで、純粋に多様性があった方が楽しいという思いが根底にあります。確かに言語の違いがあるとコミュニケーションコストはかかりますし、世代によってスピード感の違いがでるような場面も時にはあるかもしれません。例えば弊社では60~70代の社員を、専門的な知識や日本国内外での豊富な業務経験をもった先輩方として「マスター世代」と慕っていますが、マスター世代の方はいろいろな経験を経ている分、知識も心構えも違います。多様な人材からそれぞれ学ぶ点は多くあります。

—多様な方が楽しい。ダイバーシティの根本を見せて頂いているような気がします。でも正直なところ、どこかの過程でマネジメントが大変になって多様性を意識したグローバル人材の採用は難しいのでは、などといった局面にあたったことはなかったのでしょうか。

 苦労を経験したこともあるというのは事実です。例えば社内メールは日英併記で送ることが多かったり、会議の際には必要に応じて通訳をつけたりもします。どちらもやらない方が時間もコストもカットできますし、ネイティブでない言語を日常的に使用することはストレスに感じてしまうこともあります。

ただ、だからといって多様性を諦めないのは、それがあることによって経験できた良い思い、良い経験を社員みんなが知っているからですし、何よりも楽しんでいるからです。日英併記など多様性のギャップを埋める努力は、その先にあるわくわくする経験をするために必要な、相手へのリスペクトだと思っています。

image001

  —最終的には楽しいと感じられているからやっているという根底にある部分は創業から変わらないところなのですね。特に会社のルールやマネジメント面で気をつけているポイントはありますか。

会社が向いている方向と個人の意思がどこに向いているのかは常に気にしています。ですので、言語や年代によってコミュニケーションの難しさがあったとしても、一番の問題はそこではなく、社員一人ひとりが会社の目指す方向と同じ方向を見ることができているか、だと思います。

また、弊社には「フィードバック」という文化があります。月に一度「ギフトセッション」というフィードバックのための時間を作り、お互いに良いところと、更なる改善のアドバイスを直接本人に伝え合います。例えば以前は、文化の違いもあり、なかなか時間通りに来ない社員がいたのでこの時間を使って本人に直接改善してほしいということを伝えました。

影で悪く言うのは禁止、思ったことは本人に直接伝えるということがこの「ギフトセッション」を通して根付き始めました。批判ではなく、思うことがあれば日常的に伝えていこう、一緒に成長していこう、というカルチャーになってきていると思います。

ダイバーシティはおもしろい

実例も交えお話を伺ってきましたが、改めて「多様性」というものをどのように捉えていらっしゃるのでしょうか

結局のところ「個性」とは国籍や年代の違いによって分類・規定されるものではなく、個人それぞれが違っているはずです。若者とシニア世代は同じ国籍、例えば同じ日本人でも違いもあって当たり前だとシンプルにわかるのに、外国籍の人は「外国人」とひとまとめにしてしまうのはおかしなことです。

もちろん文化が違うことで驚くこともあります。例えば以前ブラジル人の社員が、「ブラジルではいつも時間をきっちり守っている方がかえって相手にプレッシャーを与えてしまうから失礼だ」と遅刻を肯定するようなことを言ったのですが、わたしはそれを「おもしろいな」と受け取りました。もちろん必ずしもそのままで良いということではありませんが、さきほどのフィードバックというカルチャーをはじめ、違うことの背景や考え方を理解した上で一緒に働いているとお互いに歩み寄り始め、おもしろいことにある時点でお互いの価値観が均衡するようになります。


 取材を終え 〜アクティブ・コネクターより〜

約2~3割が外国籍の人であり、同様に約2~3割が60歳以上という自然電力。採用においては比率に強くこだわったわけではなく、事業が成長していくなかで自然とこの割合になっていたのだそうです。もちろん組織としての戦略や努力があってのことですが、会社が必要とする人、ビジョンへの共感を求めた結果、気がついたらいろいろな人が働いていた、これこそダイバーシティの理想なのではと感じました。 

自然電力株式会社

 「エネルギーから世界を変える。」を理念に自然エネルギーの発電所の設置から運営、保守、電力販売、さらには地域の利益の最大化までを見据えた事業を行なっています。限りあるエネルギー資源に対し責任ある開発、消費のあり方を提供している、日本においては稀なる新興エネルギー企業です。

ウェブサイト:http://www.shizenenergy.net/


  

 

小林喜子
小林喜子
Account Manager & Storyteller 就活への違和感を感じ、2つの内定を辞退。アクティブ・コネクターのインターンから参加し、フル参画。穏やかな雰囲気の中に秘めた情熱と行動力があり、ベトナムでのNGO活動、テニス部キャプテンだった経験がある。

Related Posts

OKRの失敗事例:私たちがOKRに失敗した3つの理由

色々なベンチャー企業でも導入され始めているOKR。Googleが創業1年に満たないうちから導入されて今も取り入れられているということでも、ベンチャーの急成長の鍵にはOKRがあるのでは!とマネジメント手法で注目を浴びています。 一方でOKRを検討しているベンチャー企業からよく聞かれるのは「コンセプトはわかるものの、実際の具体的な運営方法がよくわからない・・・」といった悩みです。私たちもご多分にもれず、2年間にわたり試行錯誤OKRを運営してきました。色々と試してきたものの、結果としては私たちの会社でのOKRの導入・実施は失敗してしまったと感じております。 今回はOKRを導入しようと思うベンチャー企業の経営者の方や、OKRを導入しているもののなかなかうまくいかないと感じているベンチャー企業の方のご参考になればと思い弊社の失敗した背景を赤裸々にお伝えしたいと思います。

【実体験】知っておいて欲しい、子連れ出勤に伴う苦労とリスク

「異人・変人と変革を」というミッションを掲げ、一人一人が自分らしく生きれる世界を作ることを目指す私たちアクティブ・コネクターでは、代表である私、松本が出産に伴い、子どもを連れきて会社経営をするという「子連れ経営」、一般的にいう子連れ出勤に挑戦しました。怒涛の子連れ出勤の1年間のレポートや、チームメンバーのインタビューもぜひご参照ください。またこの体験をもとにした、子連れ出勤を社内で取り入れるポイントもこちらに書いております。 そんな風に子連れ出勤をアピールしているため、私たちが子連れ出勤を推進していると思われるかもしれませんしかし、1年間子連れ出勤を実践してきた当事者の、「経営者」としてではなく、「一人の親」としての立場としては、私は子連れ出勤推進派ではありません。というのは子連れ出勤は、育休をとっていたりする時や、保育園に子どもを預けている時にはない苦労とリスクが伴うためです。 今回は、子連れ出勤を検討している当事者の親の方(もしくは親になる予定の方)を対象に、子連れ出勤を検討する上で知っておいて欲しい苦労やリスクを、私自身の体験談をもとにお伝えします。

1年間やってみた!子連れ出勤を社内で取り入れたいベンチャー企業の方への導入ポイント

私たち、アクティブ・コネクターでは、代表の松本自らが出産後1年間子どもを連れて出勤するという実験に取り組みました。 母親として、経営者として、子連れ出勤の難しさを体験したことをもとに、子連れ出勤導入における具体的なノウハウ、注意点をお伝えします。なお、私自身は子連れ出勤を実際にした身として、子連れ出勤推進派ではないことを先にお伝えいたします(厳密には、社員という立場の方への子連れ出勤は推進派ではなく、経営者の方には子連れ出勤推進派です)。   目次 ・この記事の対象になる方々 ・子連れ出勤は育休より良いオプションではない:どんな場合に子連れ出勤を導入すべきか ・いきなり「赤ちゃんを連れてきてもいいよ」は過酷:子連れ出勤を導入する前に実施すべき体制・環境整備 ・でも、お高いんでしょ?:子連れ出勤のための予算・経費概要 ・子連れ出勤は経営判断:子連れ出勤の方への給与体制・業務内容 ・導入をしたい方へのお勧めリンク・お役立ち情報