<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=489525144907814&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

Active Connector Blog

 

All Posts

日本企業が海外に根付いている良い例

スクリーンショット 2016-03-25 11.39.39
グローバル人材採用及び日本企業のグローバル化の現状を最前線でみていらっしゃる専門家へのインタビューシリーズで、企業のブランド構築、経営戦略の立案としてご活躍されている高橋幸輝様に「日本企業が海外に根付いている良い例」というテーマでお話をお伺いしました。

日本人のグローバル人材への思い

もともと、日本人は今まで自分たちで、立派に成長してやってこれた。だからこそ海外でも何でも出来るというプライドがあったり、全て日本人でやろう、という意識が出て来てしまうところがあります。なかなかグローバル人材、外国人と「一緒に」新しい価値をつくりましょう、という価値観が持てずにいるんですね。

今までは多くの日本企業の海外でのビジネスの進め方は、日本人が現地オフィスのトップに鎮座し、実際の「労働力」として、現地の人を雇用して(時に現地の人を「つかう」という言葉で表されるように)、でも決裁は本社にもどってとる、という極めて、スピード感がない形でのビジネス展開でした。本の海外進出の様子、グローバル人材の採用・雇用状況をみると、ある意味、純血主義というところが、見て取れるということが、昔は多かった。

でも、今はグローバル化がすすんで、もはやそんな悠長なことはやっていられない時代になってきています。資生堂にしたって、多くの日本企業が、現地化を必死に図っているように見えます。資生堂や平和堂は比較的、うまく中国などでもやっているほうでしょう。

ものづくり企業と商社にみる、現地化の様子

こういう日本企業の海外展開の現状の中で、ものづくりをしてきた企業は、比較的海外での現地化がうまくいき、同時に日本的経営だからこその良さも活かされている例です。ものづくりというのはある程度時間をかけて根付かなければいけないというのがある。まず、ものをつくるための労働力を日本から持って行くということが出来ない中、現地の人に技術・ノウハウを教えてそれをマスターして生産してもらう、というのが必要です。現地の人と信頼関係をつくっていかなければいけない。現地につくった工場だとか、お店などは、不景気だからといっても即座に撤退することができません。反対に、商社とか他のサービス業は、身軽ですがものづくりは違う形で海外進出の覚悟を決めて、グローバル人材、外国人の雇用・育成に取り組まなければいけない状況に有ります。

情報が大切なビジネスですから、人材こそが最大の資源となるのです。
商社というのは、グローバル企業のように見えて、実はとっても日本特有のビジネスモデルです。もともと商社というのは金融機関としての発達した側面があり、日本の大半を占める中小企業が自分で売る力がない、という状況の中で、真ん中に入りビジネスを成立させるというモデル。商社は情報商売であり、普通であれば、危険と思われるようなところにも送られて、リスクをはるので、それなりに給料をはらわなければいけなかったり、本社と現地の時差がある中でもコミュニケーションをとる等のストレスがかかる環境なため、ある程度の給料を日本人が求めるというのがあります。

そのように日本人が現地に送り込まれている中で、しっかりと、他のものづくり企業のように、現地化が出来ているかというと、これはかなり危ういものがあり、未だに、商社の海外での現地社員との関係は、日本企業のよくないレガシーのようなものがあるように見えたりします。今後ものづくり企業以外がどんどん海外に進出して、現地でグローバル人材、外国人の採用に取り組みます。また本社でもグローバル人材の積極採用というのを掲げはじめました。でも、私たちの、世界の人と一緒に働く上での考え方を変えないと、うまくいかなくなってしまう可能性があります。


高橋幸輝さま
株式会社インシィンク代表取締役、プライスウォーターハウスクーパース㈱顧問。南カリフォルニア大学(USC)卒業。企業のブランド構築、経営戦略の立案などにも従事し、中小・ベンチャー企業から上場企業まで幅広くアドバイザーを務める。アドバイザーとして【シュウウエムラ】・【船井財産コンサルタンツ】・【ジョイントコーポレーション】・【ムトウ】などの顧問を務められた。2001年6月より「黎明の会」を開催し、毎月、政治・経済・文化などの今の時代が求めるテーマについて、その分野の第一線で活躍されている方を講師に招きディスカッションを行うサロンを運営。2016年3月に新著「 経営者のためのリベラルアーツ入門」を出版。

 

松本麻美
松本麻美
"Go Beyond Diversity" 外国人ハイスキルエンジニアとベンチャー企業をつなげることで、一人一人が情熱を思い切り追求できる世界を創ることを目指すアクティブ・コネクターを2013年5月に創業。17歳で単身渡英。ウェールズの寄宿舎での2年間の生活、カナダでの大学生活を経て、就活やインターンに明け暮れる大学院生活を送ったのち外資金融に入社。311を機に退職をし、パキスタンに渡る。その後情熱に突き動かされるままに起業。https://jp.active-connector.com/

関連記事 \こちらもオススメ!/

eventreportbanner