<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=489525144907814&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

Active Connector Blog

 

All Posts

永住権の取得が世界最速レベル!高度外国人材と”日本版グリーンカード”の役割

グローバル化や働き方の変化と共に一つの会社に大学卒業後から定年まで勤め上げるという考え方が崩れ始めている今、優秀な人材の獲得は企業の競争力に直結しています。最近では日本人という国籍(日本語がネイティヴレベルで話せるということ)にこだわらずにスキルや個人の持つ強みに着目し、従来よりも広い視野で候補者を探す企業も増えてきています。

弊社がサポートするような高度外国人材には、民間企業だけではなく政府も大きな可能性を感じており、日本再興戦略2016には高度外国人人材の活用について書かれています。中でも注目を集めたのは、条件を満たせば最速1年の日本滞在で永住権を取得できる”日本版グリーンカード”と呼ばれる試みです。

なぜ”日本再興”に高度外国人材なのか

政府は、日本経済の持続的な成長は「第4次産業革命」に懸かっていると主張しています。IoT(Internet of Things)、人工知能、ビッデータなどの技術の発展・活用によってもたらされる驚異的な生産性の向上を経済成長として取り込めるかどうかは、労働人口が現象の一途をたどる日本において特に重要だとされています。この労働人口の減少については女性や高齢者の更なる活躍はもちろんですが、政府は重要な選択肢として外国人人材に注目しています。

これから重要度の高まる新技術に精通した人材をどこから集めるのか?海外で高度な教育を受け、高いスキルを持った状態で日本での就業を望む外国人の方々は非常に有望な選択肢のひとつです。ITスキルだけにとどまらず、世界中のネットワークに柔軟に対応できるコネクションやコミュニケーション能力はそういった新技術を世界の市場に送り出していくためにも重要です。政府はそのようなハイスキルの外国人人材を“高度外国人人材”と定義し、さらなる取込み・活用を最重要課題の一つとしています。

政府の掲げる目標と「日本版高度外国人材 グリーンカード」

政府は高度外国人材の活用について、「2020 年末までに 10,000 人の高度人材認定を目指す」という目標を掲げています。ここでいう高度外国人材は、具体的には高度人材ポイント制 (参照:高度外国人材を活用する日本企業の現状)によって公式に高度外国人と認められた人材のことを指しています。

この目標を達成する為、多岐にわたる制度・基盤づくりがスタートしています。特筆すべき取り組みの一つが、高度外国人材の永住許可申請に要する在留期間を現行の5年から最短1年へと大幅に短縮する「日本版高度外国人材 グリーンカード」の創設です。

今まで、外国人が永住権を取得するには、通常10年以上の在留期間が必要とされていました。しかし、法務省が2012年に導入した「高度人材ポイント制」により、研究者の「博士号取得者」に30点、経営者の「年収3千万円以上」に50点などといった規定のポイントの合計が70点を越えると「高度外国人材」として最短5年で永住権取得を認められるなど制度改善が進んでいました。今回、この永住許可の申請に必要な在留期間を5年から3年への短縮、さらにポイント合計が80点以上の対象者は最短1年の在留期間で申請可能などの改善が加えられました。これが2017年3月から始まった「日本版高度外国人材 グリーンカード」です。

法務省のウェブサイトでは日本語・英語の両方で申請やポイントの換算方法、優遇措置について詳しく確認することができます。(参照:高度人材ポイント制による出入国管理上の優遇制度)
高度外国人に認定されると、具体的には下記の優遇措置が受けられます。

1.複合的な在留活動の許容
2.在留期間「5年」の付与
3.在留歴に係る永住許可要件の緩和
4.配偶者の就労
5.一定の条件の下での親の帯同
6.一定の条件の下での家事使用人の帯同
7.入国、在留手続の優先処理

◇ ◇

より専門的な技術や能力を持った外国籍の人材が日本に入り長く滞在することが簡単になってきています。他国と比べても最短1年で永住権が取得できる制度というのは期間としてとても短いです。こういった状況の中で、もしかしたら今苦労して探しているけれど見つからない最適な人材は外国籍の方の中にいるのかもしれないという可能性を一つ考えてみるのも良いのではないでしょうか。

アクティブ・コネクターが提供するサービス

Active connector (B)

私たちはベンチャー企業に、イノベーション人材を企業におつなぎする人材紹介のスペシャリスト集団です。人工知能、機械学習、自然言語処理をはじめとする最先端のエンジニアから、御社のグローバル展開を担っていくグローバルマーケターまで即戦力になる人材をおつなぎいたします。まずはどんな候補者がいるのか確認したい方はこちらのページより、特に弊社で推薦する候補者のプロフィールリストを確認することも可能です。

イノベーション人材の採用についてはお気軽にお問い合わせください。

アクティブ・コネクターでは、御社のイノベーションに貢献できる優秀なグローバル人材の、人材紹介サービスを提供しております。成果報酬ベースで結果にコミットいたします。
まずは気軽にご相談ください。

お問い合わせ


最新の情報はメールマガジンで購読できます。

pexels-photo-261706-1

Admin
Admin
Go Beyond Diversity

関連記事 \こちらもオススメ!/

創業70年の企業が、圧倒的なスピードで進めるDXと外国籍エンジニアの関係とは?【JRCS株式会社】

      変革を恐れないリーダーとメンバーの意識が生み出す、新しい風。

私たちの想像をはるかに超えた「ダイバーシティの体現者」 【株式会社ジャパン・インフラ・ウェイマーク】

組織づくりに必要なのは、さまざまな環境をプラスに捉えるマインドセット!

多様性と自由な環境が生み出すイノベーション!【TechMagic株式会社】

自由で創造性あふれる組織の秘密は、「一貫性のある採用と組織づくり」にあり!

国籍なんか関係ない、それでも外国籍エンジニア採用にはポイントがある

「そもそも、グローバルエンジニアを採用するって、何か特別なことを考えなければいけないの?」

eventreportbanner