<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=489525144907814&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

Active Connector Blog

 

All Posts

留学生ってすぐ辞めてしまうんでしょ?への回答

外国人留学生を採用したい、と思っている企業からよく言われること。

「でも、結局留学生ってすぐに辞めてしまうんでしょ?」

留学生で大手化粧品会社で働いていた(元)外国人留学生が言っていました。「外国人はすぐに辞めるって言うけど、働きはじめて4年。私の同期で日本人の人はたくさんやめてる。私はまだ働いているのに。」
3人に1人の人が新卒で入った会社を3年以内にやめるという日本の状況。(参考URL)
留学生だからすぐ辞める、というのは、必ずしも全員に当てはまりません。また外国人留学生によっては、それぞれの事情で、出来るだけ長く同じ企業(日本)にいたい、と強く思っている人たちもいます。

今回はどういう事情の人が、長くいたいと思っているのかのパターンをお伝えします。

結婚していて子どもがいる人

日本人と結婚している否かは関係なく、結婚をしていて既にお子様がいらっしゃる方の中には、安全な日本で子育てをしたい、という思いがある人がいます。
多くの留学生が口をそろえていうのが、「日本以上に安全な国はない!」ということ。私たちはこの日本の安全が当たり前すぎて、あまり実感しないかもしれませんが、世界には歩いて外出が出来ず車でドアツードアのところもあります。犯罪が日常的に起こっていて、滅多なことでは驚かないんだ、と言う人もいます。やはりお子様がいれば、出来るだけ安全なところがいいですよね。
また、教育ということを考えると、比較的日本の教育と似たような教育システムをもつアジア圏の方等の方が、より日本への親和性を感じているようです。

母国が安全ではない

日本にいる外国人留学生の中には、アフガニスタンやシリアから来た方もいます。母国に戻っても、国がまだ安定していないというケースでは、やはり日本に長くいれれば、というのがあります。
私たちにとって、想像ができないような、タフな中で、努力して奨学金を勝ち取って、頑張って日本に来た人たちです。もしも母国に居たら、どれだけ勉強が好きでも、教育環境によっては学べることに限度がある場合もあります。彼らは決して難民というわけではなく、日本政府等によって「招聘」された人たちです。
日本に来れたこのチャンスを生かして、母国が安定するまで日本で頑張っていこう、と覚悟を決めている人は、出来るだけ長くいたい人たちです。

自分の国では技術が活かせない

特に博士号まですすんだ技術系の学生の方が直面するケースです。日本でハイレベルな技術を学ばれても、母国ではそのようなハイレベルな技術が求められるような場所(民間、研究機関も含めて)がまだない、という場合もあります。
本当は出来れば自分の能力をいかして母国に貢献したい、と強く願っても、それをすぐにかなえる方法がない人たち。そのような場合は、やはり日本で自分の能力を活かしたいと強く願っているケースがあります。

では、最終的に、上記のように日本に長くいたいと思うから、一つの企業で勤めるのかどうか。
これは留学生側の問題だけ、というよりは、企業側のマネジメント能力、企業風土など受入側の方にもあります。
せっかく自分の能力をいかして貢献したい、と思っている外国人留学生を採用しても、彼らの思いが十分に活かされるような環境・挑戦を与えられるか。ここがポイントにもなってきます。
これは、留学生に「どうせ辞めてしまうんでしょ?」という疑問を持つ前に、「辞められてしまうような環境じゃないかな?」と、まずは、自分たちの働く場所について、一度見つめ直してみるのも一つかと思います。

アクティブ・コネクターが提供するサービス

Active connector (B)

私たちはベンチャー企業に、イノベーション人材を企業におつなぎする人材紹介のスペシャリスト集団です。人工知能、機械学習、自然言語処理をはじめとする最先端のエンジニアから、御社のグローバル展開を担っていくグローバルマーケターまで即戦力になる人材をおつなぎいたします。まずはどんな候補者がいるのか確認したい方はこちらのページより、特に弊社で推薦する候補者のプロフィールリストを確認することも可能です。

イノベーション人材の採用についてはお気軽にお問い合わせください。

アクティブ・コネクターでは、御社のイノベーションに貢献できる優秀なグローバル人材の、人材紹介サービスを提供しております。成果報酬ベースで結果にコミットいたします。
まずは気軽にご相談ください。

お問い合わせ


最新の情報はメールマガジンで購読できます。

pexels-photo-261706-1

Admin
Admin
「異人・変人と変革を」

関連記事 \こちらもオススメ!/

徹底的にミッションドリブンなスタートアップが選んだ、外国人採用という道。 モメンタムが目指すチームのあり方とは

日本発グローバルチームで変革を生み出す、ベンチャー企業インタビューシリーズ

京都発AIスタートアップが先取る、小さく始めて計り知れず大きなグローバルチーム戦略

日本発グローバルチームで変革を生み出す、ベンチャー企業インタビューシリーズ

最先端AIベンチャーがつくる新しいチームのあり方 ー3つのアティテュードが多様なメンバーと働き方を結ぶ ー

日本発グローバルチームで変革を生み出す、ベンチャー企業インタビューシリーズ

意外と見落としていませんか?外国人エンジニアとの日常会話:3つの配慮ポイント

外国人エンジニアを採用したベンチャー企業が直面するコミュニケーションの壁。今回は、多くの企業が見落としがちな、日常会話について大切な3つのポイントをお伝えします。

英語公用語化へのステップ【文書編】:採用した外国人エンジニアが活躍できる職場作り

ベストマッチな外国人エンジニアが採用できた!というのは、とても喜ばしい事実ではありますが、実は、採用の成功はその後の活躍の成功を保証するものではありません。

グローバルチームづくりの大前提!目に見えない社内の”常識”の言語化

外国人採用をうまく取り入れ、グローバルチームとして順調に歩んでいるベンチャー企業の共通点はずばり、社内の慣習や共通認識を持ちたい事柄の言語化がとにかく進んでいるということです。