<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=489525144907814&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

Active Connector Blog

 

All Posts

こんなことが起こりうる・・・社内英語公用語化で覚悟すべきデメリット4つ

前回のコラムでは、社内英語公用語化はどんな風に判断したら良いのかということについて書きました。社内英語公用語化をすることで、御社が採用しようとする外国人の候補者プールの数はぐんと上がり、サステナブルに外国人採用が出来ることは間違いありません。一方で、社内英語公用語化をするなら、覚悟をしなければいけないデメリットもあります。

今回は社内英語公用語化の、弊社の事例や、他の企業の実例をもとに、デメリットを4つ共有いたします。

日本人採用が難しくなる

社内英語公用語化をすれば、外国人の採用は楽になる一方で、今度は逆に御社の日本人採用が難しくなるリスクがあります。

社内英語公用語化となると、採用をする日本人に対しても英語力を求めることになります。しかも求める英語力は単純に、海外旅行は問題がないというような英語力ではありません。しっかりと外国人社員と英語でやりとりができるようなビジネスレベルになります。ビジネスレベルの英語力がある日本人の数は残念ながらそこまで多くないのが現状です。

バイリンガルの日本人を採用しようとすると、今まで採用に使っていた広告媒体や人材紹介会社では対応できなくなる可能性が高くなります。外国人の採用をしやすくなるために社内英語公用語化したのに、今度は皮肉なことに日本人が採用しづらくなってしまうのです。

ミーティングのクオリティが下がる可能性がある

英語で全てをやりとりをするとなると、ミーティングのクオリティが下がってしまうリスクもあります。日本人同士が日本語で全てやりとりをすれば、微妙なニュアンスも含めてミーティングで様々な意見が素早く交換しあえます。そんなニュアンスやスピード感はやはり母国語でやりとりをしているからこそと言えます。

一方でそれが英語になったときには、英語という言語がおそらくほとんどの社員にとって「第二言語」になります。そうすると日本人社員も、言いたいことの80%くらい(もしくはそれ以下)しかうまく言えなかったり、言いたいことは言えるけど限られた語彙数の中でストレートなものの言い方になってしまったりします。

ミーティングは事務的なことを伝え合うだけでなく、ブレインストーミングをすることもあるかと思います。そのような目的のミーティングにおいては特に、社内英語公用語化にするとクオリティが下がるかもしれません。

文書化の手間が増える

社内英語公用語化にすれば、就業規則や、いろいろな会社の重要な通達、記録に残すべき文書(議事録等)は全て英語で用意する必要があります。

多くの文書が社内にすでに存在していればいるほど、それらを英語に翻訳するという手間はもちろんかかります。会社の重要な通達をするときも英語で行うとなると、その英語にミスがないか(単純な文法のミスというよりも英語の内容そのものが、言いたい内容にしっかりとなっているか)確認を何度かする必要が出てくるかと思います。

また、外国人社員に英語で伝えることは抵抗がないかもしれないのですが、日本人に対しては日本語でも伝えられることをあえて英語で伝えます。心理的なものですが、そのようにすることで、日本人社員に本当に十分に伝わったのかな・・・日本語で補完したいな・・・というような気分になることも多くあるかと思います。そうすると英語と日本語の併記になったりしてしまうかもしれません。

既存の日本人社員がついていけないかもしれない

上述のデメリットの他に、いきなり社内英語公用語化となった場合、そんな勤務条件になると想像していなかった日本人社員が混乱してしまうということもありえます。私たちが聞いた例だと、ある大きな会社である日を境にドラマティックにいきなり英語が公用語化されました。そんな中でどうしても英語にアレルギーがあったり、なじめない人は、うつ病に近い状態にまでなってしまった人も一人や二人ではなかったそうです。

御社が今どのくらいの規模で、今いる日本人社員がどれくらい英語力があるかによりますが、社内英語公用語化をするなら、外国人に対しての配慮というよりは、今すでに御社で働いている日本人への配慮も大事になるかと思います。

♢♢

社内英語公用語化をすることは、確かに外国人採用がしやすくなったり、海外とのやりとりが楽になったりとメリットもたくさんあります。
一方で、社内英語公用語化した後に直面しうるデメリットもしっかりと覚悟をしておく必要があります。
御社はどの程度その覚悟がありますか?

アクティブ・コネクターが提供するサービス

Active connector (B)

私たちはベンチャー企業に、イノベーション人材を企業におつなぎする人材紹介のスペシャリスト集団です。人工知能、機械学習、自然言語処理をはじめとする最先端のエンジニアから、御社のグローバル展開を担っていくグローバルマーケターまで即戦力になる人材をおつなぎいたします。まずはどんな候補者がいるのか確認したい方はこちらのページより、特に弊社で推薦する候補者のプロフィールリストを確認することも可能です。

イノベーション人材の採用についてはお気軽にお問い合わせください。

アクティブ・コネクターでは、御社のイノベーションに貢献できる優秀なグローバル人材の、人材紹介サービスを提供しております。成果報酬ベースで結果にコミットいたします。
まずは気軽にご相談ください。

お問い合わせ


最新の情報はメールマガジンで購読できます。

pexels-photo-261706-1

Admin
Admin
「異人・変人と変革を」

Related Posts

年収1000万円は出せないベンチャー企業でもハイスペック外国人エンジニアの採用に成功できる3つのポイント!

こんにちは。アクティブ・コネクターでベンチャー企業の採用のお手伝いをしている三川です。最近マラソンを完走しました。社内では最近ベストボディーコンテストに出るべく毎日筋トレに励む仲間がいるため、刺激を受けながら、私はせっせと毎日走っております。 今回は、私が実際に採用のお手伝いをしたベンチャー企業の中に何社も「この採用過程における取り組みや意識が素晴らしい!」と思う企業があります。もちろんそれぞれの会社の事業内容や文化、メンバーの方々の魅力もさることながら、ハイスペック外国人にオファー受諾をしてもらう企業にはいくつかの共通点がありました。 例えば最近は、なんと他社から1000万円を超えるオファーをもらっていた超ハイスペック外国人エンジニアに、年収830万円でオファーをして受諾されました。他にも誰もが知る大手IT企業のオファーを蹴って、チームが4人の小さなスタートアップに参加を決めた人もいます。 実際にお手伝いをしながら、いくつかのベンチャー企業の取り組みについて共通することを分析させていただき、ベンチャー企業が優秀な外国人エンジニアの採用を成功させられる3つのポイントを皆様に共有したいと思います!   目次 ・はじめに:どこのオファーも「同じように見えている」現実 ・ポイント① 高い年収をいきなり決断できない場合は「試用期間後に再検討」のオファーを ・ ポイント② 御社の魅力を十二分に伝えるためには「接点」をとにかく持つこと ・ポイント③ 候補者の方の希望をヒアリングをし、できる限り寄り添っていく   はじめに:どこのオファーも「同じように見えている」現実 まずはじめに。今エンジニア採用はますます加熱している中、優秀なエンジニアであれば、転職活動をすればすぐに複数の企業から「同じような」オファーをもらっています。これは日本人エンジニアに限らず、言語的に不利と思われがちな外国人エンジニアでも同じような売り手市場の状況です。弊社で採用のお手伝いをする外国人エンジニアの方々は平均3−5社ほどのオファーをもらっています。 そんな風にオファーをたくさんもらう外国人エンジニアの方がよく口にすることは「どのオファーも同じようなんだけど・・・」ということです。  

OKRの失敗事例:私たちがOKRに失敗した3つの理由

色々なベンチャー企業でも導入され始めているOKR。Googleが創業1年に満たないうちから導入されて今も取り入れられているということでも、ベンチャーの急成長の鍵にはOKRがあるのでは!とマネジメント手法で注目を浴びています。 一方でOKRを検討しているベンチャー企業からよく聞かれるのは「コンセプトはわかるものの、実際の具体的な運営方法がよくわからない・・・」といった悩みです。私たちもご多分にもれず、2年間にわたり試行錯誤OKRを運営してきました。色々と試してきたものの、結果としては私たちの会社でのOKRの導入・実施は失敗してしまったと感じております。 今回はOKRを導入しようと思うベンチャー企業の経営者の方や、OKRを導入しているもののなかなかうまくいかないと感じているベンチャー企業の方のご参考になればと思い弊社の失敗した背景を赤裸々にお伝えしたいと思います。

【実体験】知っておいて欲しい、子連れ出勤に伴う苦労とリスク

「異人・変人と変革を」というミッションを掲げ、一人一人が自分らしく生きれる世界を作ることを目指す私たちアクティブ・コネクターでは、代表である私、松本が出産に伴い、子どもを連れきて会社経営をするという「子連れ経営」、一般的にいう子連れ出勤に挑戦しました。怒涛の子連れ出勤の1年間のレポートや、チームメンバーのインタビューもぜひご参照ください。またこの体験をもとにした、子連れ出勤を社内で取り入れるポイントもこちらに書いております。 そんな風に子連れ出勤をアピールしているため、私たちが子連れ出勤を推進していると思われるかもしれませんしかし、1年間子連れ出勤を実践してきた当事者の、「経営者」としてではなく、「一人の親」としての立場としては、私は子連れ出勤推進派ではありません。というのは子連れ出勤は、育休をとっていたりする時や、保育園に子どもを預けている時にはない苦労とリスクが伴うためです。 今回は、子連れ出勤を検討している当事者の親の方(もしくは親になる予定の方)を対象に、子連れ出勤を検討する上で知っておいて欲しい苦労やリスクを、私自身の体験談をもとにお伝えします。