<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=489525144907814&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

Active Connector Blog

 

All Posts

外国人を採用するなら知っておくべき、ダイバーシティーの常識

最近テレビ番組で色々と世界的に見たら非常識な人種に関わることが「笑い」として放映されたということが話題になりました。
日本は、長らく単一民族で、日本人が大多数であり、それ以外の文化背景の人や人種の人に対しての配慮というのがそこまで日常的に求められて来ませんでした。そのため、私たちにとって、外国人・世界の人からみたらNGということは、かなり意識をして気をつけていく必要があります。
今回は外国人を採用し、一緒に働いていく上で、どんな風にダイバーシティーを尊重していくべきか、4つのポイントをお伝えします。

国・宗教・人種のステレオタイプはNG

まず一つ目に採用した外国人の人に対して言ってはいけないこととして、「君は◯◯人だから、△△が好きなんでしょ?」だったり、「◯◯人は、必ず△△するよね」といった、人種・国籍でのくくりによるステレオタイプは、必ず避けるべきです。

こういったことは例えそのステレオタイプの内容そのものはポジティブなものであっても、相手は、一般化されステレオタイプで語られることに不快な思いをすることがあると思います。

宗教について決めつけない

採用する外国人に対して、宗教でも決めつけた発言は控えるべきです。
例えば、ある国の多くの人がヒンズー教徒であるということから、「君もヒンズー教徒なんだよね」といった決めつけは、失礼に当たります。宗教という一人一人がこだわりをもって信仰していることを、勝手に人から決めつけられるのは不快と思う人は多くいます。

またある特定の宗教だからと、その人の行動についても決めつけたり一方的に判断することは控えるべきです。例えば同じイスラム教徒といっても、日本で生活している人の中には、厳格にハラールの肉しか食べず5回のお祈りもしっかりと行う人もいれば、基本は豚肉は食べないけれども状況によっては豚肉もあまり気にしない人もいたりします。お酒も飲む人もいれば、状況によって飲むことをする人もいます。

自分が知っているその宗教の「常識」が相手に確認できなかったとしても、その人の信仰心等について、決めつけたり、コメントをしたりすることは控えるべきです。

食事をチームで提供するときには、食事に配慮すべき

採用する外国人の方は個人的な信条から、ベジタリアンかもしれません。また、ヒンズー教徒であれば、牛が食べられません。イスラム教徒であれば、豚が食べられません。ユダヤ教徒は色々な食べ物の組み合わせによってNGなものがあります。

外国人を採用した後に、チームみんなでご飯を食べよう、となったときには、とりわけ、食べ物について配慮をすべきです。
弊社でも外国人対象のイベントをする際には、ピザを配ったりするときには、必ずベジタリアンのピザを数枚用意するようにしています。

結婚やパートナーの話題も慎重に

外国の方を採用したから特に気をつけるべきというわけではなく、日本人でも同様なのですが、性的指向についてのダイバーティーへの配慮も慎重に行うべきです。
例えば、採用した人が男性だからといって、女性が好きだと決めつけて色々と言ってしまうことも避けるべきです。また相手の状況がわからない中で、特定の性的指向をネタにしてジョークにするようなことも、避けなければいけません。

こういったことについては、採用した外国人が自ら話さない限りにおいて、あえて話題にするべきではないといえます。

♢♢

外国人を採用するということは、他の多くの日本人とは異なる文化背景を持っている方を受け入れるということになります。
今まで日本人の集団の中では特に意識せずに言っていたこと・行っていたことも、外国人の方を採用した時点で、改めてしっかりと見直して、そこにダイバーシティーの配慮の欠如がないかを考えることが重要です。

#異人・変人と変革を

松本麻美
松本麻美
「異人・変人と変革を」外国人ハイスキルエンジニアとベンチャー企業をつなげることで、一人一人が情熱を思い切り追求できる世界を創ることを目指すアクティブ・コネクターを2013年5月に創業。17歳で単身渡英。ウェールズの寄宿舎での2年間の生活、カナダでの大学生活を経て、就活やインターンに明け暮れる大学院生活を送ったのち外資金融に入社。311を機に退職をし、パキスタンに渡る。その後情熱に突き動かされるままに起業。

Related Posts

年収1000万円は出せないベンチャー企業でもハイスペック外国人エンジニアの採用に成功できる3つのポイント!

こんにちは。アクティブ・コネクターでベンチャー企業の採用のお手伝いをしている三川です。最近マラソンを完走しました。社内では最近ベストボディーコンテストに出るべく毎日筋トレに励む仲間がいるため、刺激を受けながら、私はせっせと毎日走っております。 今回は、私が実際に採用のお手伝いをしたベンチャー企業の中に何社も「この採用過程における取り組みや意識が素晴らしい!」と思う企業があります。もちろんそれぞれの会社の事業内容や文化、メンバーの方々の魅力もさることながら、ハイスペック外国人にオファー受諾をしてもらう企業にはいくつかの共通点がありました。 例えば最近は、なんと他社から1000万円を超えるオファーをもらっていた超ハイスペック外国人エンジニアに、年収830万円でオファーをして受諾されました。他にも誰もが知る大手IT企業のオファーを蹴って、チームが4人の小さなスタートアップに参加を決めた人もいます。 実際にお手伝いをしながら、いくつかのベンチャー企業の取り組みについて共通することを分析させていただき、ベンチャー企業が優秀な外国人エンジニアの採用を成功させられる3つのポイントを皆様に共有したいと思います!   目次 ・はじめに:どこのオファーも「同じように見えている」現実 ・ポイント① 高い年収をいきなり決断できない場合は「試用期間後に再検討」のオファーを ・ ポイント② 御社の魅力を十二分に伝えるためには「接点」をとにかく持つこと ・ポイント③ 候補者の方の希望をヒアリングをし、できる限り寄り添っていく   はじめに:どこのオファーも「同じように見えている」現実 まずはじめに。今エンジニア採用はますます加熱している中、優秀なエンジニアであれば、転職活動をすればすぐに複数の企業から「同じような」オファーをもらっています。これは日本人エンジニアに限らず、言語的に不利と思われがちな外国人エンジニアでも同じような売り手市場の状況です。弊社で採用のお手伝いをする外国人エンジニアの方々は平均3−5社ほどのオファーをもらっています。 そんな風にオファーをたくさんもらう外国人エンジニアの方がよく口にすることは「どのオファーも同じようなんだけど・・・」ということです。  

OKRの失敗事例:私たちがOKRに失敗した3つの理由

色々なベンチャー企業でも導入され始めているOKR。Googleが創業1年に満たないうちから導入されて今も取り入れられているということでも、ベンチャーの急成長の鍵にはOKRがあるのでは!とマネジメント手法で注目を浴びています。 一方でOKRを検討しているベンチャー企業からよく聞かれるのは「コンセプトはわかるものの、実際の具体的な運営方法がよくわからない・・・」といった悩みです。私たちもご多分にもれず、2年間にわたり試行錯誤OKRを運営してきました。色々と試してきたものの、結果としては私たちの会社でのOKRの導入・実施は失敗してしまったと感じております。 今回はOKRを導入しようと思うベンチャー企業の経営者の方や、OKRを導入しているもののなかなかうまくいかないと感じているベンチャー企業の方のご参考になればと思い弊社の失敗した背景を赤裸々にお伝えしたいと思います。

【実体験】知っておいて欲しい、子連れ出勤に伴う苦労とリスク

「異人・変人と変革を」というミッションを掲げ、一人一人が自分らしく生きれる世界を作ることを目指す私たちアクティブ・コネクターでは、代表である私、松本が出産に伴い、子どもを連れきて会社経営をするという「子連れ経営」、一般的にいう子連れ出勤に挑戦しました。怒涛の子連れ出勤の1年間のレポートや、チームメンバーのインタビューもぜひご参照ください。またこの体験をもとにした、子連れ出勤を社内で取り入れるポイントもこちらに書いております。 そんな風に子連れ出勤をアピールしているため、私たちが子連れ出勤を推進していると思われるかもしれませんしかし、1年間子連れ出勤を実践してきた当事者の、「経営者」としてではなく、「一人の親」としての立場としては、私は子連れ出勤推進派ではありません。というのは子連れ出勤は、育休をとっていたりする時や、保育園に子どもを預けている時にはない苦労とリスクが伴うためです。 今回は、子連れ出勤を検討している当事者の親の方(もしくは親になる予定の方)を対象に、子連れ出勤を検討する上で知っておいて欲しい苦労やリスクを、私自身の体験談をもとにお伝えします。