<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=489525144907814&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

Active Connector Blog

 

All Posts

Googleから学ぶ、OKRの具体的なメリット

高度外国人材を採用した後は、そのような優秀なスキル・経験がある人がしっかりと御社に貢献するようなパフォーマンスを出し、長期的に会社にコミットしていく(定着していく)ようにマネジメントをしていくことが求められます。

高度外国人材といわれる人たちが、転職を考えるきっかけはどのようなものがあるのでしょうか。
高度外国人材を専門に人材紹介を行う私たちのもとには、日々大変優秀な高度外国人材が転職をしたいと訪れます。彼らが転職したい理由でよくあるのは、
「自分の会社への貢献を実感できない」
「自分のやりたいことが、会社では出来ない」
といったことです。こういったことは、しっかりと、高度外国人材を採用した企業がマネジメントをする仕組み作りが整っていれば、回避できることでもあります。

優秀な高度外国人材のパフォーマンスを最大限に出し、彼らが御社で働くことを生きがいに感じられるようにするために、OKRというシステムは非常に有効です。前回のコラムではOKRの基本についてお伝えしましたが、今回はOKRというシステムを有名にしたGoogleの事例をもとに、( URL) OKRのメリットを整理します。

OKRはそれぞれ社員の情熱が持てる仕事と会社の方向性を一致させるために有効

OKRは、会社全体のOKRを決めた上で、そのOKRに貢献するチームのOKRを決め、その後、そのチームに属する各個人が自分のOKRを作っていきます。
こうしたOKR作成の仕組みがあることで、会社にいるすべての人が、日々行う業務がしっかりと同じ方向性に向かっていきます。

個人のOKRを設定するときには、トップダウンで、会社が行ってほしいことを押し付けるのではなく、それぞれの個人が会社・チームのOKRに貢献するものという視点で自由に作ることが大切になります。

そのような自由度がある状況で、各個人が目標設定をすることで、社員一人一人が情熱を持って日々仕事に取り組める、というメリットがあります。また一人一人が、OKRにしっかりと取り組むということは最終的に会社に貢献しているということになるため、働く人は自分の仕事に自信が持てる状況になることも、高度外国人材が御社に定着していくことに貢献します。

OKRを通じて個人の情熱を突き詰めることが、会社が想像していなかったようなプロダクト・サービスを生み出すこともある

上述の通り、OKRで本当に社員一人一人が情熱をもてること・問題意識があることに取り組むことで、それが結果として、想像すらしていなかった会社にとってのメイン事業・プロダクトになることもあるそうです。

例えばGmailというサービスはまさに、個人のOKRから生み出されたものとのことです。Gmailを発案したGoogleの社員の一人は、それまでのメールシステムにフラストレーションを感じていたことから、その状況を改善するという個人OKRを立てたそうです。結果としてその個人のOKRから、Gmailという、今では世界中の人が使うシステムまで発展しました。

日々行うべきことが何かクリアになる 

個人のOKRでは最大5つの目的(Objectives)、それぞれ最大4つの主要結果(Key Results)を設定します。これ以上の数をいれると、いっぱいいっぱいになってしまうそうです。
OKRを設定することで、何をすべきかということが明確になるということは、「何をしないべきか」ということも定めてくれます。
日々働いていると、色々と良いアイディアが浮かんできたり、興味関心が生まれたりすることがあります。しかしこういったアイディアすべてに飛び乗っていたら、体がいくつあっても足りない上、それが最終的に会社全体に貢献する保証はありません。

そんな中、しっかりとOKRがあれば、自分たちが進むべき道を常に意識しながら仕事に取り組めるというメリットがあります。御社で採用した高度外国人材の方がやる気があればあるほど、色々と取り組みたいと思い、結果としてバーンアウトしてしまうリスクもあります。OKRを実施することで、そのようなリスクを避け、正しく集中力を持って仕事に取り組めるようになるというメリットがあります。

チーム間での協力・共同作業が効果的になる

個人のOKRは、常に誰でも確認できるようにオープンにしておく必要があるそうです。そのようにお互いのOKRが把握できることによって、チームメンバー間のコラボレーションが効率的・効果的になります。

例えばAさんが、Bさんに何か仕事の相談をしよう、と思ったときにはBさんのOKRをしっかりと確認した上で、いまAさんが相談しようとしていることはBさんのOKRに貢献できるのか、ということを考えるそうです。

♢♢
こちらはまだ前半部分のポイントのまとめになります。
引き続き後半もアップしたいと思います。

アクティブ・コネクターが提供するサービス

Active connector (B)

私たちはベンチャー企業に、イノベーション人材を企業におつなぎする人材紹介のスペシャリスト集団です。人工知能、機械学習、自然言語処理をはじめとする最先端のエンジニアから、御社のグローバル展開を担っていくグローバルマーケターまで即戦力になる人材をおつなぎいたします。まずはどんな候補者がいるのか確認したい方はこちらのページより、特に弊社で推薦する候補者のプロフィールリストを確認することも可能です。

イノベーション人材の採用についてはお気軽にお問い合わせください。

アクティブ・コネクターでは、御社のイノベーションに貢献できる優秀なグローバル人材の、人材紹介サービスを提供しております。成果報酬ベースで結果にコミットいたします。
まずは気軽にご相談ください。

お問い合わせ


最新の情報はメールマガジンで購読できます。

pexels-photo-261706-1


アクティブ・コネクターでも絶賛採用中です!

弊社でのお仕事にご関心がある方、こちらのページより詳細をご確認の上、ぜひご応募ください。周りでご関心がありそうな方への情報共有も大歓迎です。

Admin
Admin
Go Beyond Diversity

関連記事 \こちらもオススメ!/

eventreportbanner