<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=489525144907814&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

お役立ち情報

採用マッチングの鍵を握る企業文化とは?

「優秀な外国人エンジニアを採用したい」と思われるベンチャー企業の方が、よく見落としているポイントがあります。

スタートアップと相性が良い起業家素質がある外国人留学生

先日、日本政府が外国人留学生で起業をしたい方々へのビザ発行を検討するというニュースがありました。優秀な外国人留学生に日本に引き留めると同時に、外国人留学生が起業をすることで新しいイノベーションを日本からおこしていってもらいたい、という思いが背景にあるそうです。

ベンチャー企業が今すぐ「企業の価値観」を言語化すべき3つの理由

シリコンバレーにおける成長するスタートアップには、一つの共通点があるとよく言われています。それは、会社で「価値観(バリュー)」が定義され、そしてその会社独自の企業文化が根付いているという点です。企業の価値観で有名なところでは、Air BnBがよく例に挙げられます。Air BnBのCo-FounderでCEOのBrian Cheskyさんは、「企業文化で、絶対しくじるな!」というブログ(URL)を書いています。ちなみに、ブログの原文タイトル「Don’t fuck up the culture」からもかなり強い思いがあることがみてとれます。

人材紹介の内部からお伝えする、良い候補者の紹介を受けるためのポイント

売り手市場と言われている就職・転職状況の中で、人材募集をしている企業様の中には、人材紹介会社を使われている企業も多数あるかと思います。自社の採用マーケティングをしながら候補者プールを作っていったり、広告媒体を使っての採用など、色々な採用チャンネルがあります。その中でも、人材紹介だからこそ出会える人材だったり、採用にかかる時間の削減などいろいろなメリットがあります。

  • 2 min read
  • 2018.04.17

ダイバーシティーを追求していく上で、やっておきたい2つのこと

外国人エンジニアを積極採用される企業の方が、外国人社員の数が増える前にまずはやっておきたいことが2つあります。 日本人エンジニアと外国人エンジニアという異文化の人たちが同じ場所を共にし、色々な挑戦に共に取り組む中で、様々な意見の違いに直面し、決断を求められます。 そんな時に、「ダイバーシティーについてどのように取り組むのか」と、外国人社員および日本人社員から問われるようになるでしょう。

"異人”採用企業インタビュー第6弾:株式会社DG TAKANO 高野雅彰氏

世界でただ一つ、節水率95%をほこる蛇口を開発した会社の正体は「デザイン会社」。 大企業の従業員から“働きたいベンチャー企業”一位に選ばれた町工場ベンチャーがもつ強みとは?

働き方改革で、私たちの会社が失敗したことから言える3つのこと

外国人エンジニアを採用するということは、御社での働き方を改革していくことにつながります。それまでの日本人だけの職場で当たり前だったことも、外国人にも受け入れられるような形、「グローバルスタンダード」な働き方に変えていくということがある程度求められるためです。 少し前までは、寝袋を社内に持ち込んでがむしゃらに働くことこそベンチャー、働きすぎなんてない、というのがベンチャーという風潮がありました。 しかし人手不足、売り手市場になっていて、かつエンジニア不足の中で外国人エンジニアを採用していく中で、多くのベンチャー企業の皆様も本腰を入れていろいろな働き方改革に取り組まれるのではないかと思います。 働き方改革と一言でいうのは簡単ですが、実際には働き方改革を推進する現場では、特にその現場を指揮する(経営する)立場としてはいろいろな苦労を伴うことかと思います。

外国人エンジニアの採用を成功させる求人情報の書き方

外国人エンジニアの採用は、もはやオプションBではなく、会社の成長のための戦略になりつつあります。 私たちは様々なベンチャー企業から外国人エンジニア採用についてのお問い合わせを日々受けておりますが、そんな中で外国人エンジニアの採用の成功の可否を左右する要素に、求人情報がしっかりとかけているかどうか、という点があると気づきました。 今回は外国人エンジニアの採用に成功する企業が作る求人票の特徴をあまねくお伝えいたします。

外国人社員の不満あるある:外国人社員は、英語教師ではない!

ベンチャー企業が戦略的に外国人エンジニアを採用していくことが増えてきました。 高度外国人材に特化して人材紹介を行う私たちの会社には、日本のベンチャー企業に就職したものの、不満を感じて転職をしたい外国人エンジニアが相談にくるケースが多くあります。 今回は外国人社員の不満あるある、として、「外国人社員は英語教師ではない!」ということについてお伝えします。

  • 2 min read
  • 2018.03.14

英語公用語化まで踏み切れない御社が今すぐできる3つのこと

多くのベンチャー企業がエンジニア採用として、戦略的に外国人エンジニアの採用を開始し始めています。 より優秀な外国人エンジニアを惹きつけるためには、やはり英語公用語化にすることは確かにお勧めではあります。英語公用語化することにより、他の会社では手をまだつけていない「ブルーオーシャン」の非常に優秀な外国人エンジニアの採用が可能になるためです。

  • 1 min read
  • 2018.03.13

    Related Posts