Active Connector Blog

 

All Posts

人材紹介の内部からお伝えする、良い候補者の紹介を受けるためのポイント

売り手市場と言われている就職・転職状況の中で、人材募集をしている企業様の中には、人材紹介会社を使われている企業も多数あるかと思います。自社の採用マーケティングをしながら候補者プールを作っていったり、広告媒体を使っての採用など、色々な採用チャンネルがあります。その中でも、人材紹介だからこそ出会える人材だったり、採用にかかる時間の削減などいろいろなメリットがあります。

ただ、企業様の中には、色々な人材紹介会社と契約を結んだりしても、結局なかなか紹介してもらえない・・・といった悩みを抱えている会社様もあるかと思います。なぜ、御社ではうまく人材を紹介してもらえないのでしょうか?今回は良い人材を、コンスタントに紹介してもらうためのポイントをいくつかお伝えいたします。

具体的な求人募集要項を伝えているか

弊社でも人材の採用をお手伝いの依頼をいただいた際に、ざっくりとした「マーケティング担当を募集しています!」「とにかくフルスタックエンジニアだったら!」といった人材募集内容を伝えられることがあります。もしくは、「弊社の採用ページをみてください!」という場合もあります。

ベンチャー企業だと特に忙しくて、人材募集要件を一つ一つの人材紹介に丁寧に説明する時間すらもったいない、と感じるのも無理がないかと思います。とはいえ、採用は会社にとって非常に重要なことのはずです。ある程度の費用をお支払いする人材紹介会社を「使い倒す」という意味においては、採用をお手伝いする人材紹介会社が、御社と同じ視点で人を選べるくらい情報共有するということは非常に重要なポイントになります。

どんなに忙しくても、それぞれの人材紹介会社が良い候補者を集めるために必要な求人募集要項を丁寧に伝えることをお勧めします。また可能であれば、担当者に一度オフィスに来てもらい、オフィスの雰囲気などを見てもらったりして御社のイメージを深められるようにすることもプラスになります。

推薦状へのフィードバック・面談後のフィードバックは十分ですか?

人材紹介会社から候補者の推薦状・履歴書を送られてきた後に、フィードバックの連絡を送っていますでしょうか。人材紹介会社へのフィードバックを忘れてしまう、全くしない、かなり遅くなってしまうということが続くと、人材紹介会社としては、「この会社は現在採用に対してあまり本気ではないのでは」という判断をする確率が高くなります。応募者に結果をなかなか伝えられないということは、人材紹介会社と応募者の信頼関係にもつながることです。特に説明もなく結果連絡まで長い時間がかかる場合には、応募者のためにもその会社への紹介は当分控えようという結論になりえます。

興味がない人だから返事しない、ということもあるかと思いますが、例え興味がない人であっても、どうして興味がないのか、どのように自分たちが求める人材とは異なるのか、とフィードバックを迅速に提供することで、人材紹介会社は御社の採用基準への理解が深まります。そのフィードバックを生かしながら、紹介の確度を高めていくことができるようになります。

同様に面談まで仮に至った場合にも、面談結果についてしっかりと人材紹介会社に迅速にフィードバックを提供することをお勧めします。その際には、できるだけ、印象のようなものではなく、事実ベースでどういった点が足らなかったのかということをお伝えすることをお勧めします。

例えば、「面談でやる気を感じなかった」というフィードバックは事実かもしれませんが、そのように伝えると、今度は人材紹介会社が紹介する際に、次回以降の候補者に「やる気をできるだけ見せるように」という指導をしてしまい、本来の候補者の姿が見えなくなってしまう可能性が大いにあります。

良いフィードバックの例は下記のようなものになります。
・◯◯のプログラミング言語のスキル・経験が、足らなかった。特にマネージメント経験がないと難しいと思う。
・日本語能力において、もっと流暢に話せるような人でないと業務を遂行できないと判断した。
このようなスキル・経験などをベースにしたフィードバックの方が、下手に人材紹介会社が「候補者操作」をすることがなくて、効果的です。

御社の採用への本気を見せられているか

上記の2つのポイントに共通することなのですが、御社が人材の採用に本気である、ということをしっかりと人材紹介会社に伝えることは非常に重要なポイントです。人材紹介会社は成功報酬という形で、結果にコミットする形で仕事をします。そのため、採用に本気である企業様であればあるほど、その会社が理想とする結果にしっかりと結びつけられるよう高い優先順位で紹介を行う可能性も高くなります。

御社の採用への本気度を見せるために、効果的なのは下記のようなポイントになります。

①具体的にいつまでに、何名採用したいのかというのを伝える
採用期限、採用目標人数を明確に伝えることで、人材紹介会社もそのターゲットに向けて一緒に頑張ることができます。
そのため、「いい人がいたら紹介してください!」というような、曖昧な言い方はしない方が効果的です。(そもそも採用計画を明確にたてられないような企業は、本当に人を採用した後にマネジメントできるのか・経営は大丈夫か、という疑問をもつ人材紹介会社も多いと思います)

②現在の採用における状況を伝える
他に色々なリクルーティング会社を使っているのか、自社の応募で良い人がいるのか、どんなチャンネルから採用を検討しているのか・・・そういった採用における現状や、それぞれのチャンネルにおける課題なども共有すると、人材紹介会社が動きやすくなります。

他には、上記の繰り返しになりますが、できるだけ迅速に・詳細にフィードバックを人材紹介会社に提供するということも、本気度を見せることになります。

人材の採用というのは、コストのように思うかもしれませんが、会社の成長のためには実は一番大きな投資、とよく言われています。御社の成長に貢献できるような良い人材の採用が実現できるように、ぜひ上記のポイントを踏まえて、良い人材紹介会社とのお付き合いができることを願っております。

アクティブ・コネクターが提供するサービス

Active connector (B)

私たちはベンチャー企業に、イノベーション人材を企業におつなぎする人材紹介のスペシャリスト集団です。人工知能、機械学習、自然言語処理をはじめとする最先端のエンジニアから、御社のグローバル展開を担っていくグローバルマーケターまで即戦力になる人材をおつなぎいたします。まずはどんな候補者がいるのか確認したい方はこちらのページより、特に弊社で推薦する候補者のプロフィールリストを確認することも可能です。

イノベーション人材の採用についてはお気軽にお問い合わせください。

アクティブ・コネクターでは、御社のイノベーションに貢献できる優秀なグローバル人材の、人材紹介サービスを提供しております。成果報酬ベースで結果にコミットいたします。
まずは気軽にご相談ください。

お問い合わせ


最新の情報はメールマガジンで購読できます。

pexels-photo-261706-1

Admin
Admin
「異人・変人と変革を」

Related Posts

優秀な外国人エンジニア採用のための年収600万円の壁

トップ大学の博士号を出て、職歴があり、日本語もある程度できる、即戦力になる外国人エンジニアを採用したい! そう思われている企業の方は、これから「年収600万円を提示できるかどうか」という壁に直面されることが増えてくるかと思います。 年収600万円というのは、優秀な即戦力の外国人エンジニアの方が最近求める傾向にある希望年収です。なぜこの年収を希望されるかというと、この年収が彼らのビザを決める重要な要因になるためです。 今回は実際に弊社でみた外国人エンジニアが年収600万円を求めそれに対するベンチャー企業の対応のリアルと、高度なスキルを持つ外国人エンジニアが希望するビザの概要についてお伝えしたいと思います。

世界大学ランキングが上がっても・・・ケンブリッジ、NUSからの留学生が東大で感じたこととは?

世界大学ランキングの1つの、QS World Rankingsの2019年版が発表されました(URL)。この大学ランキングは、国際ランキング専門家グループに公式に認められているもので、世界の大学ランキングとして信用度があるものとされています。そのため、日本政府の大学の国際化政策の中でも、この世界大学ランキングにおける日本の大学のランクイン状況を1つのKPIとしてトラッキングしています(URL)。

”異人”採用企業インタビュー第8弾  エルピクセル株式会社

世界が舞台、ライフサイエンスの未来を担う研究者集団にボーダーなし。メンバーのグローバル化に挑む現場の覚悟と挑戦とは? 東京大学発ベンチャーとして3名の研究室メンバーから誕生し、今や国家プロジェクトをまでも担うライフサイエンス研究のスペシャリスト集団はチームや働き方に更なる多様性を求め邁進しています。事業そのものの発展のみならず「研究者」の環境や在り方を根本から問い直す革新的なライフサイエンスベンチャーが求めるグローバルなチーム作りはどのように進められているのでしょうか。メディカルビジネスの開発部隊を率いているショパン様にお話を伺いました。