<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=489525144907814&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

Active Connector Blog

 

All Posts

これだけは絶対おさえておきたい、優秀な外国人留学生の採用を成功させる4つのポイント

優秀な外国人留学生を採用したいと御社が考えているなら、ぜひ押さえていただきたいポイントが4つあります。
逆にいうと、いくら御社の魅力があったとしても、これらのポイントを抑えなければ採用に失敗してしまう可能性が大いにあります。

1にも2にもスピード感

優秀な外国人留学生であれば、御社以外にも他にいろいろな企業の選考が進んでいる可能性が高くあります。
他の企業から先にオファーを出されてしまうと、御社はそのオファーよりより良い条件にしなければというプレッシャーも大きくなります。
また他の企業からオファーが出されるまでは、御社にほぼ心が決まっていたのに・・・ということも大いにありえます。

また選考スピードが遅いとなると、社内のコミュニケーションやプロセスも非常に動きが遅い組織なのではないかとい印象を与えかねません。

選考については、とにかくスピード感を大事に進めていくことをお勧めします。

提示する給与は希望年収に可能な限り近く

最終的に優秀な外国人留学生の方にオファーを出そう、とご決断をされる際には、提示する給与については、可能な限り希望年収になることをお勧めします。
優秀な外国人留学生であれば、ご自身のマーケットバリューをしっかりと理解した上で、希望年収を提示してきます。

希望年収を確認するタイミングとしては、可能な限り選考の初期の段階が望ましくあります。最終面談の後だったり、終盤になって確認をすると、明らかに外国人留学生の方を御社が採用したいという気持ちが大きく伝わり過ぎてしまい、留学生が強気で希望年収を提示してくる可能性があるためです。

弊社で採用のお手伝いをさせていただいている企業様で、給与の提示額が大幅に候補者の希望年収よりも低いがゆえに、採用に失敗し続けているケースをたくさん見受けられます。希望年収に数十万足らないというのであれば、ある程度ご本人も納得されますが、100万円以上の差がある場合は、採用がほぼ難しくなると考えて良いかと思います。

オファーを出すタイミングは素早く・でも早すぎないで

優秀な外国人留学生を採用したいと考えられるときは、上述した通り、とにかくスピード感をもって進むことが大事です。それは、採用のオファーを出すタイミングでも言えます。

しかし、このオファーを出すタイミングがあまりにも早すぎる、例えば最終面談最終面談中など、に伝えてしまうと、御社があまりにも「デスパレート」というようにうつってしまいます。
御社からのオファーは、しっかりと熟考した上で出しているという雰囲気を出すためにも、うまくそのタイミングを考える必要があります。早くても面談が終わった翌日、可能であれば翌々日が良いでしょう。

オファーへの返答期限はしっかりと厳しく早めに

優秀な外国人留学生を採用したいと思うならば、オファーを出した後にそのオファーへの返答期限をしっかりと厳しく設ける必要が有ります。
特に返答期限を設けなかったり、外国人留学生から返答を先延ばしにしたいというリクエストがあってそれに応えてしまうと、失敗するケースが多いように見受けられます。

返答を先延ばしにされるということは、他のオファーと比較した上で決められてしまうということになります。もちろん他と比べた上で御社が一番良いと思ってもらえるのが理想ではありますが、御社の魅力は何も給与やオファーコンディションだけではありません。提示する仕事の内容や会社のビジョン・ミッション、雰囲気など、総合的なところから、御社の魅力があるはずです。

できるだけ他社からのオファーとの比較をさせないようにするためにも、しっかりといつまでが返答期限だ、ということを、オファーを出す段階で伝えることをお勧めします。

♢♢
優秀な外国人留学生の方を採用しようとするなら、戦略的にしっかりと考えてオファーを出していく必要があります。
ぜひ上述の5つのポイントを参考に、御社で外国人留学生採用の成功を実現できることを願っております。

 

 

松本麻美
松本麻美
「異人・変人と変革を」外国人ハイスキルエンジニアとベンチャー企業をつなげることで、一人一人が情熱を思い切り追求できる世界を創ることを目指すアクティブ・コネクターを2013年5月に創業。17歳で単身渡英。ウェールズの寄宿舎での2年間の生活、カナダでの大学生活を経て、就活やインターンに明け暮れる大学院生活を送ったのち外資金融に入社。311を機に退職をし、パキスタンに渡る。その後情熱に突き動かされるままに起業。

Related Posts

年収1000万円は出せないベンチャー企業でもハイスペック外国人エンジニアの採用に成功できる3つのポイント!

こんにちは。アクティブ・コネクターでベンチャー企業の採用のお手伝いをしている三川です。最近マラソンを完走しました。社内では最近ベストボディーコンテストに出るべく毎日筋トレに励む仲間がいるため、刺激を受けながら、私はせっせと毎日走っております。 今回は、私が実際に採用のお手伝いをしたベンチャー企業の中に何社も「この採用過程における取り組みや意識が素晴らしい!」と思う企業があります。もちろんそれぞれの会社の事業内容や文化、メンバーの方々の魅力もさることながら、ハイスペック外国人にオファー受諾をしてもらう企業にはいくつかの共通点がありました。 例えば最近は、なんと他社から1000万円を超えるオファーをもらっていた超ハイスペック外国人エンジニアに、年収830万円でオファーをして受諾されました。他にも誰もが知る大手IT企業のオファーを蹴って、チームが4人の小さなスタートアップに参加を決めた人もいます。 実際にお手伝いをしながら、いくつかのベンチャー企業の取り組みについて共通することを分析させていただき、ベンチャー企業が優秀な外国人エンジニアの採用を成功させられる3つのポイントを皆様に共有したいと思います!   目次 ・はじめに:どこのオファーも「同じように見えている」現実 ・ポイント① 高い年収をいきなり決断できない場合は「試用期間後に再検討」のオファーを ・ ポイント② 御社の魅力を十二分に伝えるためには「接点」をとにかく持つこと ・ポイント③ 候補者の方の希望をヒアリングをし、できる限り寄り添っていく   はじめに:どこのオファーも「同じように見えている」現実 まずはじめに。今エンジニア採用はますます加熱している中、優秀なエンジニアであれば、転職活動をすればすぐに複数の企業から「同じような」オファーをもらっています。これは日本人エンジニアに限らず、言語的に不利と思われがちな外国人エンジニアでも同じような売り手市場の状況です。弊社で採用のお手伝いをする外国人エンジニアの方々は平均3−5社ほどのオファーをもらっています。 そんな風にオファーをたくさんもらう外国人エンジニアの方がよく口にすることは「どのオファーも同じようなんだけど・・・」ということです。  

OKRの失敗事例:私たちがOKRに失敗した3つの理由

色々なベンチャー企業でも導入され始めているOKR。Googleが創業1年に満たないうちから導入されて今も取り入れられているということでも、ベンチャーの急成長の鍵にはOKRがあるのでは!とマネジメント手法で注目を浴びています。 一方でOKRを検討しているベンチャー企業からよく聞かれるのは「コンセプトはわかるものの、実際の具体的な運営方法がよくわからない・・・」といった悩みです。私たちもご多分にもれず、2年間にわたり試行錯誤OKRを運営してきました。色々と試してきたものの、結果としては私たちの会社でのOKRの導入・実施は失敗してしまったと感じております。 今回はOKRを導入しようと思うベンチャー企業の経営者の方や、OKRを導入しているもののなかなかうまくいかないと感じているベンチャー企業の方のご参考になればと思い弊社の失敗した背景を赤裸々にお伝えしたいと思います。

【実体験】知っておいて欲しい、子連れ出勤に伴う苦労とリスク

「異人・変人と変革を」というミッションを掲げ、一人一人が自分らしく生きれる世界を作ることを目指す私たちアクティブ・コネクターでは、代表である私、松本が出産に伴い、子どもを連れきて会社経営をするという「子連れ経営」、一般的にいう子連れ出勤に挑戦しました。怒涛の子連れ出勤の1年間のレポートや、チームメンバーのインタビューもぜひご参照ください。またこの体験をもとにした、子連れ出勤を社内で取り入れるポイントもこちらに書いております。 そんな風に子連れ出勤をアピールしているため、私たちが子連れ出勤を推進していると思われるかもしれませんしかし、1年間子連れ出勤を実践してきた当事者の、「経営者」としてではなく、「一人の親」としての立場としては、私は子連れ出勤推進派ではありません。というのは子連れ出勤は、育休をとっていたりする時や、保育園に子どもを預けている時にはない苦労とリスクが伴うためです。 今回は、子連れ出勤を検討している当事者の親の方(もしくは親になる予定の方)を対象に、子連れ出勤を検討する上で知っておいて欲しい苦労やリスクを、私自身の体験談をもとにお伝えします。