Active Connector Blog

 

All Posts

はじめての外国人採用、日本語ができない外国人でも本当に大丈夫?

御社ではじめて外国人採用を検討される際に、日本語ができない外国人を採用しても本当に大丈夫だろうか・・・と、不安を持つ方が多いかと思います。
弊社が人材紹介でお手伝いしている企業の中でも、はじめての外国人採用で日本語力が低い方を採用し、かつその後しっかりとその方が社内で大活躍している事例がいくつかあります。

そのような成功している企業の事例をもとに、はじめての外国人採用で日本語力がない外国人を採用する際に、注意すべきポイント3つをお伝えします。

日本語力以外の側面では、ほぼ全ての求める要件を満たしている必要がある

まず、日本語ができない外国人の方を御社が採用されるのであれば、日本語力以外では、持っている経験やスキル、また何よりも会社の企業文化に合うというポイントにおいて、御社にとって「まさにぴったりだ!」と確信するような、グローバル人材であることが望ましくあります。

採用する外国人の日本語能力ですでに妥協しているのにも関わらず、他の側面でも妥協してしまうと、御社が後々その方に対して提供していかなければいけない教育コストがあまりにも大きくなってしまいます。

また、教育ではどうにもならないものが、企業文化との相性です。ここはどんなことがあっても、見極めを間違わないようにしなければ、その後の外国人採用のトラウマになってしまいかねません。

外国人社員への教育にコミットしていく

多くの日本人社員の中に外国人社員が一人いるだけだと、他の日本人社員と比較して外国人社員ができないことが色々と目立ってしまうかと思います。
例えば、外部からの電話をとって応対する、ということが外国人社員ではスムーズにできない可能性が大きくあります。クライアント企業に訪問するときに、日本のビジネスマナーではNGなことをしてしまうかもしれません。

こういったことは、外国人社員であれば、ある意味当たり前と思った方がいいかと思います。もちろん、日本企業で長く働いていた外国人の方であれば、そういった目につく行動というのは、ある程度少ないかと思います。とはいえ、やはり日本語であったりビジネスマナーという点においては、日本人と同じようなレベルで全てがこなせる、という外国人はほぼいないといえるでしょう。

御社が外国人をはじめて採用するのであれば、採用する外国人の方にしっかりとトレーニングをしていくというコミットメントが必要です。ビジネスマナートレーニングや、日本語レッスン等、色々な外部のトレーニング機会はたくさんあります。そういった機会を提供する覚悟がなければ、採用後に外国人社員がうまくパフォーマンスが出せないまま離職してしまったり、周りに迷惑をかけ続けるということになりかねません。

期待値を明確にする

上述のとおり、外国人を採用するのであれば、ある側面では「妥協」しなければいけないところがあります。
一方で、技術的な側面であったり、海外の人とのやりとりであったりすれば、外国籍社員だからといって他の日本人より劣るわけではありません。

外国人社員の方をはじめて採用するのであれば、最初の時点から、どこまで何を期待できるのかということを明確にされることをお勧めします。
その期待値が高すぎたり低すぎると、採用する企業側も・採用される外国人側もがっかりしてしまうことになります。

この期待値を明確にする際には、入社した時点での期待値のみを考えるのではなく、段階的にどんな風に採用した外国人がパフォーマンスを出していくべきかということを考えることも重要です。
例えば、採用した外国人の方が入社したばかりでは、日本語での電話応対が難しいかもしれません。しかし、入社後3ヶ月経ったらできるようになっているべきかもしれません。そういった入社後の成長への期待という意味でも、どの時点ではどんなことを任せられるのか、という期待値を明確にした上で外国人を採用しましょう。

♢♢

はじめての外国人採用だと、ついつい「日本人みたいな外国人が良い」というように考えてしまい、日本語力も高い人。日本での就業経験もあって日本人のように(ビジネスマナーがあって)働ける人。
そんな人を探したくなってしまうかもしれません。

しかし、実際こういう外国人の候補者の数は本当に限られています。見つかったとしても相当な額の給与を払わなければいけないかもしれません。

上述の3つのポイントをまず注意すれば、はじめての外国人採用でも、日本語ができない外国人を採用しても成功する可能性が高くなります。
ぜひ参考にしていただき、御社の外国人採用を戦略的に成功させていただければと願っています。

 

松本麻美
松本麻美
CEO/Founder of Active Connector 女子学院高校2年次中退の後、経団連の奨学金を受けて英国United World Collegeに留学。McGill Universityにて開発学、政治学を学び、その後東京大学大学院教育学研究科/比較教育社会学専攻で修士課程修了。外資系金融機関で社会人としてのキャリアをスタートした後、NGOと日本政府のパキスタン開発援助案件に携わる。 2013年にアクティブ・コネクター株式会社を起業。現在、同社代表取締役として、「異人・変人と変革」に取り組む。

Related Posts

優秀な外国人エンジニア採用のための年収600万円の壁

トップ大学の博士号を出て、職歴があり、日本語もある程度できる、即戦力になる外国人エンジニアを採用したい! そう思われている企業の方は、これから「年収600万円を提示できるかどうか」という壁に直面されることが増えてくるかと思います。 年収600万円というのは、優秀な即戦力の外国人エンジニアの方が最近求める傾向にある希望年収です。なぜこの年収を希望されるかというと、この年収が彼らのビザを決める重要な要因になるためです。 今回は実際に弊社でみた外国人エンジニアが年収600万円を求めそれに対するベンチャー企業の対応のリアルと、高度なスキルを持つ外国人エンジニアが希望するビザの概要についてお伝えしたいと思います。

世界大学ランキングが上がっても・・・ケンブリッジ、NUSからの留学生が東大で感じたこととは?

世界大学ランキングの1つの、QS World Rankingsの2019年版が発表されました(URL)。この大学ランキングは、国際ランキング専門家グループに公式に認められているもので、世界の大学ランキングとして信用度があるものとされています。そのため、日本政府の大学の国際化政策の中でも、この世界大学ランキングにおける日本の大学のランクイン状況を1つのKPIとしてトラッキングしています(URL)。

”異人”採用企業インタビュー第8弾  エルピクセル株式会社

世界が舞台、ライフサイエンスの未来を担う研究者集団にボーダーなし。メンバーのグローバル化に挑む現場の覚悟と挑戦とは? 東京大学発ベンチャーとして3名の研究室メンバーから誕生し、今や国家プロジェクトをまでも担うライフサイエンス研究のスペシャリスト集団はチームや働き方に更なる多様性を求め邁進しています。事業そのものの発展のみならず「研究者」の環境や在り方を根本から問い直す革新的なライフサイエンスベンチャーが求めるグローバルなチーム作りはどのように進められているのでしょうか。メディカルビジネスの開発部隊を率いているショパン様にお話を伺いました。