<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=489525144907814&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

Active Connector Blog

 

All Posts

はじめての外国人採用、日本語ができない外国人でも本当に大丈夫?

御社ではじめて外国人採用を検討される際に、日本語ができない外国人を採用しても本当に大丈夫だろうか・・・と、不安を持つ方が多いかと思います。
弊社が人材紹介でお手伝いしている企業の中でも、はじめての外国人採用で日本語力が低い方を採用し、かつその後しっかりとその方が社内で大活躍している事例がいくつかあります。

そのような成功している企業の事例をもとに、はじめての外国人採用で日本語力がない外国人を採用する際に、注意すべきポイント3つをお伝えします。

日本語力以外の側面では、ほぼ全ての求める要件を満たしている必要がある

まず、日本語ができない外国人の方を御社が採用されるのであれば、日本語力以外では、持っている経験やスキル、また何よりも会社の企業文化に合うというポイントにおいて、御社にとって「まさにぴったりだ!」と確信するような、グローバル人材であることが望ましくあります。

採用する外国人の日本語能力ですでに妥協しているのにも関わらず、他の側面でも妥協してしまうと、御社が後々その方に対して提供していかなければいけない教育コストがあまりにも大きくなってしまいます。

また、教育ではどうにもならないものが、企業文化との相性です。ここはどんなことがあっても、見極めを間違わないようにしなければ、その後の外国人採用のトラウマになってしまいかねません。

外国人社員への教育にコミットしていく

多くの日本人社員の中に外国人社員が一人いるだけだと、他の日本人社員と比較して外国人社員ができないことが色々と目立ってしまうかと思います。
例えば、外部からの電話をとって応対する、ということが外国人社員ではスムーズにできない可能性が大きくあります。クライアント企業に訪問するときに、日本のビジネスマナーではNGなことをしてしまうかもしれません。

こういったことは、外国人社員であれば、ある意味当たり前と思った方がいいかと思います。もちろん、日本企業で長く働いていた外国人の方であれば、そういった目につく行動というのは、ある程度少ないかと思います。とはいえ、やはり日本語であったりビジネスマナーという点においては、日本人と同じようなレベルで全てがこなせる、という外国人はほぼいないといえるでしょう。

御社が外国人をはじめて採用するのであれば、採用する外国人の方にしっかりとトレーニングをしていくというコミットメントが必要です。ビジネスマナートレーニングや、日本語レッスン等、色々な外部のトレーニング機会はたくさんあります。そういった機会を提供する覚悟がなければ、採用後に外国人社員がうまくパフォーマンスが出せないまま離職してしまったり、周りに迷惑をかけ続けるということになりかねません。

期待値を明確にする

上述のとおり、外国人を採用するのであれば、ある側面では「妥協」しなければいけないところがあります。
一方で、技術的な側面であったり、海外の人とのやりとりであったりすれば、外国籍社員だからといって他の日本人より劣るわけではありません。

外国人社員の方をはじめて採用するのであれば、最初の時点から、どこまで何を期待できるのかということを明確にされることをお勧めします。
その期待値が高すぎたり低すぎると、採用する企業側も・採用される外国人側もがっかりしてしまうことになります。

この期待値を明確にする際には、入社した時点での期待値のみを考えるのではなく、段階的にどんな風に採用した外国人がパフォーマンスを出していくべきかということを考えることも重要です。
例えば、採用した外国人の方が入社したばかりでは、日本語での電話応対が難しいかもしれません。しかし、入社後3ヶ月経ったらできるようになっているべきかもしれません。そういった入社後の成長への期待という意味でも、どの時点ではどんなことを任せられるのか、という期待値を明確にした上で外国人を採用しましょう。

♢♢

はじめての外国人採用だと、ついつい「日本人みたいな外国人が良い」というように考えてしまい、日本語力も高い人。日本での就業経験もあって日本人のように(ビジネスマナーがあって)働ける人。
そんな人を探したくなってしまうかもしれません。

しかし、実際こういう外国人の候補者の数は本当に限られています。見つかったとしても相当な額の給与を払わなければいけないかもしれません。

上述の3つのポイントをまず注意すれば、はじめての外国人採用でも、日本語ができない外国人を採用しても成功する可能性が高くなります。
ぜひ参考にしていただき、御社の外国人採用を戦略的に成功させていただければと願っています。

 

松本麻美
松本麻美
「異人・変人と変革を」外国人ハイスキルエンジニアとベンチャー企業をつなげることで、一人一人が情熱を思い切り追求できる世界を創ることを目指すアクティブ・コネクターを2013年5月に創業。17歳で単身渡英。ウェールズの寄宿舎での2年間の生活、カナダでの大学生活を経て、就活やインターンに明け暮れる大学院生活を送ったのち外資金融に入社。311を機に退職をし、パキスタンに渡る。その後情熱に突き動かされるままに起業。

Related Posts

年収1000万円は出せないベンチャー企業でもハイスペック外国人エンジニアの採用に成功できる3つのポイント!

こんにちは。アクティブ・コネクターでベンチャー企業の採用のお手伝いをしている三川です。最近マラソンを完走しました。社内では最近ベストボディーコンテストに出るべく毎日筋トレに励む仲間がいるため、刺激を受けながら、私はせっせと毎日走っております。 今回は、私が実際に採用のお手伝いをしたベンチャー企業の中に何社も「この採用過程における取り組みや意識が素晴らしい!」と思う企業があります。もちろんそれぞれの会社の事業内容や文化、メンバーの方々の魅力もさることながら、ハイスペック外国人にオファー受諾をしてもらう企業にはいくつかの共通点がありました。 例えば最近は、なんと他社から1000万円を超えるオファーをもらっていた超ハイスペック外国人エンジニアに、年収830万円でオファーをして受諾されました。他にも誰もが知る大手IT企業のオファーを蹴って、チームが4人の小さなスタートアップに参加を決めた人もいます。 実際にお手伝いをしながら、いくつかのベンチャー企業の取り組みについて共通することを分析させていただき、ベンチャー企業が優秀な外国人エンジニアの採用を成功させられる3つのポイントを皆様に共有したいと思います!   目次 ・はじめに:どこのオファーも「同じように見えている」現実 ・ポイント① 高い年収をいきなり決断できない場合は「試用期間後に再検討」のオファーを ・ ポイント② 御社の魅力を十二分に伝えるためには「接点」をとにかく持つこと ・ポイント③ 候補者の方の希望をヒアリングをし、できる限り寄り添っていく   はじめに:どこのオファーも「同じように見えている」現実 まずはじめに。今エンジニア採用はますます加熱している中、優秀なエンジニアであれば、転職活動をすればすぐに複数の企業から「同じような」オファーをもらっています。これは日本人エンジニアに限らず、言語的に不利と思われがちな外国人エンジニアでも同じような売り手市場の状況です。弊社で採用のお手伝いをする外国人エンジニアの方々は平均3−5社ほどのオファーをもらっています。 そんな風にオファーをたくさんもらう外国人エンジニアの方がよく口にすることは「どのオファーも同じようなんだけど・・・」ということです。  

OKRの失敗事例:私たちがOKRに失敗した3つの理由

色々なベンチャー企業でも導入され始めているOKR。Googleが創業1年に満たないうちから導入されて今も取り入れられているということでも、ベンチャーの急成長の鍵にはOKRがあるのでは!とマネジメント手法で注目を浴びています。 一方でOKRを検討しているベンチャー企業からよく聞かれるのは「コンセプトはわかるものの、実際の具体的な運営方法がよくわからない・・・」といった悩みです。私たちもご多分にもれず、2年間にわたり試行錯誤OKRを運営してきました。色々と試してきたものの、結果としては私たちの会社でのOKRの導入・実施は失敗してしまったと感じております。 今回はOKRを導入しようと思うベンチャー企業の経営者の方や、OKRを導入しているもののなかなかうまくいかないと感じているベンチャー企業の方のご参考になればと思い弊社の失敗した背景を赤裸々にお伝えしたいと思います。

【実体験】知っておいて欲しい、子連れ出勤に伴う苦労とリスク

「異人・変人と変革を」というミッションを掲げ、一人一人が自分らしく生きれる世界を作ることを目指す私たちアクティブ・コネクターでは、代表である私、松本が出産に伴い、子どもを連れきて会社経営をするという「子連れ経営」、一般的にいう子連れ出勤に挑戦しました。怒涛の子連れ出勤の1年間のレポートや、チームメンバーのインタビューもぜひご参照ください。またこの体験をもとにした、子連れ出勤を社内で取り入れるポイントもこちらに書いております。 そんな風に子連れ出勤をアピールしているため、私たちが子連れ出勤を推進していると思われるかもしれませんしかし、1年間子連れ出勤を実践してきた当事者の、「経営者」としてではなく、「一人の親」としての立場としては、私は子連れ出勤推進派ではありません。というのは子連れ出勤は、育休をとっていたりする時や、保育園に子どもを預けている時にはない苦労とリスクが伴うためです。 今回は、子連れ出勤を検討している当事者の親の方(もしくは親になる予定の方)を対象に、子連れ出勤を検討する上で知っておいて欲しい苦労やリスクを、私自身の体験談をもとにお伝えします。