Active Connector Blog

 

All Posts

御社はなぜ外国人留学生に選ばれないのか

御社が「外国人留学生を積極採用!」とうたっていたとしても、本当に御社が欲しいような魅力ある外国人留学生が御社を選んでくれるとは限りません。
弊社の登録者の多くは高度外国人材で、何社からもオファーが出るようなスキルある外国人留学生です。そういった外国人留学生がオファーを断るのには、いくつかの共通点があることに気づきました。

御社はなぜ外国人留学生に選ばれないのか。今回は4つのチェックリストをお伝えします。

他に外国人社員が働いていないから

優秀な外国人留学生が採用オファーを断る理由で良く聞くのが「一人も外国人が働いていない職場環境だから」という理由です。
例え日本語ができる外国人留学生だったとしても、社内に一人も外国人がいないとなると、とても日本的なはたらく文化の中で自分だけが窮屈な思いをするのではないか、と不安を感じるようです。

皆さまも考えてみたらわかるかと思うのですが、海外にいって、一人も自分と同じような外国人が働いていない、現地の人だらけの職場に飛び込んでいけるか、というと、かなり勇気がいるかと思います。

まずは一人でも御社で外国人が働いている状態になれば、その後の外国人留学生採用で、成功していく可能性が高くなります。

飲み会が頻繁にあるから

外国人留学生の採用ができない企業の中には、会社の飲み会が頻繁にあるというところがあります。外国人留学生の多くが、そういった飲み会で、プライベートな時間まで会社に拘束されることを嫌がります。
もちろん外国人留学生といっても、様々な考え方な人がいますが、多くの方が、仕事とプライベートは分けて考えたいと思っているようです。

もしも今後多くの外国人留学生を採用しようと考えるのであれば、会社の飲み会はどの程度の頻度でチームにとって必要なのか、今後社員にどの程度会社以外でのコミットメントを求め続けたいのかを改めて考えていくことをおすすめします。

英語を使えない・グローバルな仕事ができないから

他にも、外国人留学生にとって英語が使えない仕事であったり、グローバルな側面がない仕事というのは、魅力がないとうつり、採用オファーを断ることになりがちです。

例え外国人留学生で日本語が流暢な方であったとしても、日本語のお仕事を他の日本人のように行うことを求められたら、外国人留学生としての強みというのは活かせないと感じられます。英語を使うグローバルなお仕事であれば、外国人留学生だからこその強みを生かせて、生き生きと仕事ができると考える方が大半です。

御社が外国人留学生の採用に成功したいと考えるのであれば、仕事内容にグローバルな側面があることを強くおすすめします。

給料が低いから

日本人であれば会社に長くいればいるほど、給与の額が上がっていく割合は大きくなってくることを期待しているため、提示される給与額が低くてもある程度問題ないと考える方もいるかもしれません。
外国人留学生にとって日本はあくまで「海外」であり、これから何年間日本で働いていくことになるか、というのはなかなか明確に言えない方が大半です。
そうなった時に、提示される給与額が低いよりは、高い方が魅力にうつります。安定性があるから、とか、何年もつとめれば給料がどんどんあがっていく、というような長期的な視点よりもまずは、目の前にどんなオファーがあるか、ということの方が、外国人留学生にとって関心があるといえるでしょう。

新卒は一律同じ給与だから仕方ない、という会社もあるかと思いますが、まずはそのように給与が一律になっているという制度そのものが、グローバルな高度人材を受け入れる体制にないかもしれない、という視点から、改めて給与制度を見直してみてはいかがでしょうか。

♢♢

外国人留学生、特に優秀な外国人留学生から御社が選ばれていくためにぜひ上記の4つのポイントを参考にしていただければと思います。

 

松本麻美
松本麻美
CEO/Founder of Active Connector 女子学院高校2年次中退の後、経団連の奨学金を受けて英国United World Collegeに留学。McGill Universityにて開発学、政治学を学び、その後東京大学大学院教育学研究科/比較教育社会学専攻で修士課程修了。外資系金融機関で社会人としてのキャリアをスタートした後、NGOと日本政府のパキスタン開発援助案件に携わる。 2013年にアクティブ・コネクター株式会社を起業。現在、同社代表取締役として、「異人・変人と変革」に取り組む。

Related Posts

優秀な外国人エンジニア採用のための年収600万円の壁

トップ大学の博士号を出て、職歴があり、日本語もある程度できる、即戦力になる外国人エンジニアを採用したい! そう思われている企業の方は、これから「年収600万円を提示できるかどうか」という壁に直面されることが増えてくるかと思います。 年収600万円というのは、優秀な即戦力の外国人エンジニアの方が最近求める傾向にある希望年収です。なぜこの年収を希望されるかというと、この年収が彼らのビザを決める重要な要因になるためです。 今回は実際に弊社でみた外国人エンジニアが年収600万円を求めそれに対するベンチャー企業の対応のリアルと、高度なスキルを持つ外国人エンジニアが希望するビザの概要についてお伝えしたいと思います。

世界大学ランキングが上がっても・・・ケンブリッジ、NUSからの留学生が東大で感じたこととは?

世界大学ランキングの1つの、QS World Rankingsの2019年版が発表されました(URL)。この大学ランキングは、国際ランキング専門家グループに公式に認められているもので、世界の大学ランキングとして信用度があるものとされています。そのため、日本政府の大学の国際化政策の中でも、この世界大学ランキングにおける日本の大学のランクイン状況を1つのKPIとしてトラッキングしています(URL)。

”異人”採用企業インタビュー第8弾  エルピクセル株式会社

世界が舞台、ライフサイエンスの未来を担う研究者集団にボーダーなし。メンバーのグローバル化に挑む現場の覚悟と挑戦とは? 東京大学発ベンチャーとして3名の研究室メンバーから誕生し、今や国家プロジェクトをまでも担うライフサイエンス研究のスペシャリスト集団はチームや働き方に更なる多様性を求め邁進しています。事業そのものの発展のみならず「研究者」の環境や在り方を根本から問い直す革新的なライフサイエンスベンチャーが求めるグローバルなチーム作りはどのように進められているのでしょうか。メディカルビジネスの開発部隊を率いているショパン様にお話を伺いました。