<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=489525144907814&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

Active Connector Blog

 

All Posts

御社はなぜ外国人留学生に選ばれないのか

御社が「外国人留学生を積極採用!」とうたっていたとしても、本当に御社が欲しいような魅力ある外国人留学生が御社を選んでくれるとは限りません。
弊社の登録者の多くは高度外国人材で、何社からもオファーが出るようなスキルある外国人留学生です。そういった外国人留学生がオファーを断るのには、いくつかの共通点があることに気づきました。

御社はなぜ外国人留学生に選ばれないのか。今回は4つのチェックリストをお伝えします。

他に外国人社員が働いていないから

優秀な外国人留学生が採用オファーを断る理由で良く聞くのが「一人も外国人が働いていない職場環境だから」という理由です。
例え日本語ができる外国人留学生だったとしても、社内に一人も外国人がいないとなると、とても日本的なはたらく文化の中で自分だけが窮屈な思いをするのではないか、と不安を感じるようです。

皆さまも考えてみたらわかるかと思うのですが、海外にいって、一人も自分と同じような外国人が働いていない、現地の人だらけの職場に飛び込んでいけるか、というと、かなり勇気がいるかと思います。

まずは一人でも御社で外国人が働いている状態になれば、その後の外国人留学生採用で、成功していく可能性が高くなります。

飲み会が頻繁にあるから

外国人留学生の採用ができない企業の中には、会社の飲み会が頻繁にあるというところがあります。外国人留学生の多くが、そういった飲み会で、プライベートな時間まで会社に拘束されることを嫌がります。
もちろん外国人留学生といっても、様々な考え方な人がいますが、多くの方が、仕事とプライベートは分けて考えたいと思っているようです。

もしも今後多くの外国人留学生を採用しようと考えるのであれば、会社の飲み会はどの程度の頻度でチームにとって必要なのか、今後社員にどの程度会社以外でのコミットメントを求め続けたいのかを改めて考えていくことをおすすめします。

英語を使えない・グローバルな仕事ができないから

他にも、外国人留学生にとって英語が使えない仕事であったり、グローバルな側面がない仕事というのは、魅力がないとうつり、採用オファーを断ることになりがちです。

例え外国人留学生で日本語が流暢な方であったとしても、日本語のお仕事を他の日本人のように行うことを求められたら、外国人留学生としての強みというのは活かせないと感じられます。英語を使うグローバルなお仕事であれば、外国人留学生だからこその強みを生かせて、生き生きと仕事ができると考える方が大半です。

御社が外国人留学生の採用に成功したいと考えるのであれば、仕事内容にグローバルな側面があることを強くおすすめします。

給料が低いから

日本人であれば会社に長くいればいるほど、給与の額が上がっていく割合は大きくなってくることを期待しているため、提示される給与額が低くてもある程度問題ないと考える方もいるかもしれません。
外国人留学生にとって日本はあくまで「海外」であり、これから何年間日本で働いていくことになるか、というのはなかなか明確に言えない方が大半です。
そうなった時に、提示される給与額が低いよりは、高い方が魅力にうつります。安定性があるから、とか、何年もつとめれば給料がどんどんあがっていく、というような長期的な視点よりもまずは、目の前にどんなオファーがあるか、ということの方が、外国人留学生にとって関心があるといえるでしょう。

新卒は一律同じ給与だから仕方ない、という会社もあるかと思いますが、まずはそのように給与が一律になっているという制度そのものが、グローバルな高度人材を受け入れる体制にないかもしれない、という視点から、改めて給与制度を見直してみてはいかがでしょうか。

♢♢

外国人留学生、特に優秀な外国人留学生から御社が選ばれていくためにぜひ上記の4つのポイントを参考にしていただければと思います。

 

松本麻美
松本麻美
「異人・変人と変革を」外国人ハイスキルエンジニアとベンチャー企業をつなげることで、一人一人が情熱を思い切り追求できる世界を創ることを目指すアクティブ・コネクターを2013年5月に創業。17歳で単身渡英。ウェールズの寄宿舎での2年間の生活、カナダでの大学生活を経て、就活やインターンに明け暮れる大学院生活を送ったのち外資金融に入社。311を機に退職をし、パキスタンに渡る。その後情熱に突き動かされるままに起業。

Related Posts

年収1000万円は出せないベンチャー企業でもハイスペック外国人エンジニアの採用に成功できる3つのポイント!

こんにちは。アクティブ・コネクターでベンチャー企業の採用のお手伝いをしている三川です。最近マラソンを完走しました。社内では最近ベストボディーコンテストに出るべく毎日筋トレに励む仲間がいるため、刺激を受けながら、私はせっせと毎日走っております。 今回は、私が実際に採用のお手伝いをしたベンチャー企業の中に何社も「この採用過程における取り組みや意識が素晴らしい!」と思う企業があります。もちろんそれぞれの会社の事業内容や文化、メンバーの方々の魅力もさることながら、ハイスペック外国人にオファー受諾をしてもらう企業にはいくつかの共通点がありました。 例えば最近は、なんと他社から1000万円を超えるオファーをもらっていた超ハイスペック外国人エンジニアに、年収830万円でオファーをして受諾されました。他にも誰もが知る大手IT企業のオファーを蹴って、チームが4人の小さなスタートアップに参加を決めた人もいます。 実際にお手伝いをしながら、いくつかのベンチャー企業の取り組みについて共通することを分析させていただき、ベンチャー企業が優秀な外国人エンジニアの採用を成功させられる3つのポイントを皆様に共有したいと思います!   目次 ・はじめに:どこのオファーも「同じように見えている」現実 ・ポイント① 高い年収をいきなり決断できない場合は「試用期間後に再検討」のオファーを ・ ポイント② 御社の魅力を十二分に伝えるためには「接点」をとにかく持つこと ・ポイント③ 候補者の方の希望をヒアリングをし、できる限り寄り添っていく   はじめに:どこのオファーも「同じように見えている」現実 まずはじめに。今エンジニア採用はますます加熱している中、優秀なエンジニアであれば、転職活動をすればすぐに複数の企業から「同じような」オファーをもらっています。これは日本人エンジニアに限らず、言語的に不利と思われがちな外国人エンジニアでも同じような売り手市場の状況です。弊社で採用のお手伝いをする外国人エンジニアの方々は平均3−5社ほどのオファーをもらっています。 そんな風にオファーをたくさんもらう外国人エンジニアの方がよく口にすることは「どのオファーも同じようなんだけど・・・」ということです。  

OKRの失敗事例:私たちがOKRに失敗した3つの理由

色々なベンチャー企業でも導入され始めているOKR。Googleが創業1年に満たないうちから導入されて今も取り入れられているということでも、ベンチャーの急成長の鍵にはOKRがあるのでは!とマネジメント手法で注目を浴びています。 一方でOKRを検討しているベンチャー企業からよく聞かれるのは「コンセプトはわかるものの、実際の具体的な運営方法がよくわからない・・・」といった悩みです。私たちもご多分にもれず、2年間にわたり試行錯誤OKRを運営してきました。色々と試してきたものの、結果としては私たちの会社でのOKRの導入・実施は失敗してしまったと感じております。 今回はOKRを導入しようと思うベンチャー企業の経営者の方や、OKRを導入しているもののなかなかうまくいかないと感じているベンチャー企業の方のご参考になればと思い弊社の失敗した背景を赤裸々にお伝えしたいと思います。

【実体験】知っておいて欲しい、子連れ出勤に伴う苦労とリスク

「異人・変人と変革を」というミッションを掲げ、一人一人が自分らしく生きれる世界を作ることを目指す私たちアクティブ・コネクターでは、代表である私、松本が出産に伴い、子どもを連れきて会社経営をするという「子連れ経営」、一般的にいう子連れ出勤に挑戦しました。怒涛の子連れ出勤の1年間のレポートや、チームメンバーのインタビューもぜひご参照ください。またこの体験をもとにした、子連れ出勤を社内で取り入れるポイントもこちらに書いております。 そんな風に子連れ出勤をアピールしているため、私たちが子連れ出勤を推進していると思われるかもしれませんしかし、1年間子連れ出勤を実践してきた当事者の、「経営者」としてではなく、「一人の親」としての立場としては、私は子連れ出勤推進派ではありません。というのは子連れ出勤は、育休をとっていたりする時や、保育園に子どもを預けている時にはない苦労とリスクが伴うためです。 今回は、子連れ出勤を検討している当事者の親の方(もしくは親になる予定の方)を対象に、子連れ出勤を検討する上で知っておいて欲しい苦労やリスクを、私自身の体験談をもとにお伝えします。