<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=489525144907814&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

Active Connector Blog

 

All Posts

高度外国人材は、母国に戻りたいのか?

私たちは、外国人高度人材を専門に、ベンチャー企業様を中心に採用・マネジメントのお手伝いをさせていただいております。
採用のお手伝いというのは、具体的には一番メインのサービスとなっているのが、人材紹介サービスになります。それ以外にも広く採用イベントの集客や、スカウトサービス、採用後のマネジメント(定着支援)などを提供しています。いわゆる「人材エージェント」と言われる部類の仕事になります。

では一体、高度外国人材とよばれる方々は、将来的に本当に母国に戻りたいのでしょうか。グローバル人材に特化した人材紹介を行っている弊社では、日々たくさんの高度外国人材の方々と面談をしています。数々の面談に基づき、高度外国人材の方のキャリアの考えについて明らかになったことをお伝えいたします。

そもそもどんな思いで日本にいるのか

「日本で働いた後に母国に戻る」というキャリアパスを、かたくなに嫌がる可能性がある方々がいます。そのような方の来日動機は、アニメや武道といった日本文化への強い興味やあこがれにある傾向が強いです。日本という場所でできるだけ長く生活したいという思いが強く、面談時にどういった経緯で日本に来られのかを聞くと「文化への強い興味があり小さな頃からの夢だった」と答える方々があてはまります。そういう方々の中には、「母国にたまに休暇で戻ると、もう自分が日本人になったって感じるんだよね」とさえ、おっしゃる方もいたりします。

一方で、日本にいるのはたまたま、そこまで強い思いがあるわけではないけど、せっかくだから、少しチャレンジしてみたいからという方もいらっしゃいます。外国人留学生の方で、たまたま日本の大学から全額奨学金が出たので来日してみたところ、母国より安全で過ごしてみると意外とよかったので、というような方々です。
そういった、あくまで日本は一つのチャレンジの場所、と考えられている方にとっては「日本で数年働いて、最終的に母国に戻る」というキャリアパスには抵抗がありません。

母国に戻った後の仕事やキャリアパスが魅力的か

次に、日本で数年働いた後に母国に戻るかどうか、という点においては、想定されている母国での仕事やキャリアパスがどれくらい魅力的かということもポイントになります。
例えば、日本の企業で数年働いた後に、現地に戻って現地のビジネス展開を担当していく、というキャリアパスは非常に魅力的にうつります。一方で、日本で働いた後に現地に戻って担当することが、単純な通訳であったり、現地の日本人代表のアシスタントのような形であれば、そこまで魅力的にうつらない可能性が大きくあります。
母国でのキャリアパスが、経営幹部候補であったり、ビジネス開発といった、日本にとどまっているだけではなかなかチャンスがないようなものであることが理想です。

他には、やはり日本が好きな方であれば、日本への出張が頻繁にあるのか、ということも気にされます。母国で働くことには抵抗がないものの、完全に日本とのつながりが断たれてしまうと悲しく思われるようで、日本への定期的な出張があるなら、といった返事をされオファーを受諾された高度外国人材の方もいらっしゃいました。

最終的に母国に戻ってくれるかは不確実

上述のポイントを押さえていたとしても、最終的に日本で数年働いた後に母国で戻るかどうか、というのは最後まで確実とはいえません。日本で働いているうちにご結婚をされたりお子様ができて、その結果日本に留まりたいと思われるかもしれません。他の企業に転職されてしまうかもしれません。一人の人の人生なため、企業側が用意したシナリオ通りに、個人の人生が進むとは限りません。

日本で数年働いて母国に戻ってもらおう、という期待をして色々とトレーニングや投資をしたのにもかかわらず、そうならなかった時、高度外国人材を採用した企業側の落胆は計り知れないかと思います。

もしも確実に母国と日本の橋渡しをしてほしいと願うのであれば、オススメなのは、日本での勤務期間を数年にするのではなく、数ヶ月のトレーニングと割り切ることです。採用も日本採用ではなく、現地採用とするのも一つです。数ヶ月のトレーニングでは不十分だと感じられる方は、できるだけ即戦力人材を採用されると良いかと思います。

♢♢

高度外国人材を採用し、日本で数年トレーニングしてから、母国に戻ってもらいたい。
そう思われている企業の方は、上述のポイントをご参考にしていただければ幸いです。

 

 

松本麻美
松本麻美
"Go Beyond Diversity" 外国人ハイスキルエンジニアとベンチャー企業をつなげることで、一人一人が情熱を思い切り追求できる世界を創ることを目指すアクティブ・コネクターを2013年5月に創業。17歳で単身渡英。ウェールズの寄宿舎での2年間の生活、カナダでの大学生活を経て、就活やインターンに明け暮れる大学院生活を送ったのち外資金融に入社。311を機に退職をし、パキスタンに渡る。その後情熱に突き動かされるままに起業。https://jp.active-connector.com/

関連記事 \こちらもオススメ!/

創業70年の企業が、圧倒的なスピードで進めるDXと外国籍エンジニアの関係とは?【JRCS株式会社】

      変革を恐れないリーダーとメンバーの意識が生み出す、新しい風。

私たちの想像をはるかに超えた「ダイバーシティの体現者」 【株式会社ジャパン・インフラ・ウェイマーク】

組織づくりに必要なのは、さまざまな環境をプラスに捉えるマインドセット!

多様性と自由な環境が生み出すイノベーション!【TechMagic株式会社】

自由で創造性あふれる組織の秘密は、「一貫性のある採用と組織づくり」にあり!

国籍なんか関係ない、それでも外国籍エンジニア採用にはポイントがある

「そもそも、グローバルエンジニアを採用するって、何か特別なことを考えなければいけないの?」

eventreportbanner