<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=489525144907814&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

Active Connector Blog

 

All Posts

外国人留学生が採用される時に気になるポイント

外国人の採用をする上で、どうしたら自分たちの会社を魅力的に思ってもらえるのか
そんな疑問へのヒントになればと思い、いくつか外国人留学生が就職活動をする中で、気になっているポイントをお伝えします。

就職先の会社に日本語のレッスンはあるのか

外国人留学生も、日本で勉強しているのだから、日本語が出来るだろう、と思われる方も多いと思いますが、最近の日本の大学事情から必ずしもそうとは言えません。より多くの留学生を招聘したい日本の大学は、英語のみの授業で卒業出来る修士号のコースを(一部学部レベルも)多く設けています。研究が忙しかったり、まずは良い成績をおさめることが、自分の次のステップにとって大事、と考えている留学生の中には、十分に日本語の勉強に時間を費やして来れなかった人も多くいます。
しかし彼らの多くは、日本ではたらく上で、もっと日本を楽しむ上で、日本語を上達させたい!という思いは強くあります。そのため、採用してくれる会社が、日本語の授業を用意してくれる、というオファーをしてもらえると、よりその会社に魅力を感じるということもあります。

外国人留学生としてグローバルな事業に関わることが出来るのか

外国人留学生は、就職先で、自分の文化的背景や語学力を活かせるようなグローバルなお仕事に関わることが出来るのか、というのを気にしています。
すぐにグローバルな仕事につくことがなく、最初は研修からスタートをしたり業界を学ばなければいけない、ということを理解で来ないという訳ではもちろんありません。
「キャリアパス」というのを示す中で、いつの時点で、どういったグローバルな事業を担当させてもらえるのか、もしくはグローバルな事業のためのポジションなのか、というのは外国人が採用される上で、非常に気になるポイントになります。

会社の名前、サイズは意外と、日本人の就活ほどそこまで・・・?

日本人の学生には、就職する企業のブランドなどがついつい気になってしまったりということも多くあると思います。
もちろん、全ての留学生が会社の名前やサイズを気にしないというわけではもちろんありません。大きければ大きい方がいい、という人もいれば、逆にベンチャーで自分が一緒に成長したい、ということを言う人もいたりします。
ひとつ言えるのは、日本人にとってはブランドと思うような企業も、外国人留学生の出身地でのブランド性があるというわけではないということもあります。
自分の会社はまだ大きくないし、知られていないし、ということが外国人採用のネックに成る訳でなかったり、逆に、日本人に人気だからとあぐらをかいていてはいけない、というのが現状かと思います。

外国人の採用をご検討される上で、上記のポイントが少しでも参考になればと思います。

メールマガジンのご登録フォーム

定期的な記事配信情報を見逃したくない方はこちら!

* indicates required
御社での採用ニーズの可能性についてお聞かせください。

Active Connector
Active Connector
「異人・変人と変革を」

Related Posts

4つの大学にアルバイトの求人情報の掲載を申し込んでみた!の体験談

多くのベンチャー企業が、「できるだけ費用を抑えて良いひとを採用したい!」という思いがあるのではないでしょうか。また、最近ではカルチャーマッチを大切にされるベンチャー企業の中には、インターンやアルバイトからフルタイム採用というのを一つの採用手法として取り入れている方も増えてきているかと思います。 そんな中、学生アルバイト採用をする上で、大学のキャリアセンターの掲示板に掲載するということを考えたことはありますでしょうか?とても古典的な発想に聞こえるかもしれませんが、色々な大学に実はある「就職情報掲示板」的なところに、求人情報の掲載をお願いしにいくというものです。 私たちの会社で自社採用のアルバイトを今回募集するにあたって、この大学の「掲示板」に求人情報の掲載をお願いする、ということにトライしてみました!今回問い合わせをしたのは慶應大学、東京大学、上智大学、早稲田大学の4校です。 大学の「掲示板」にアルバイト求人掲載する方法について、なかなかまとまったサイトがないと思うので、今回は「大学に求人情報の掲載を申し込む」プロセスについての体験談、具体的な方法をまとめたいと思います。なお、今回は「求人掲載をする」ということだけで、実際にそこに求人を出して効果があるかどうかが分かるほどの時間が立っていないことをご了承いただければと思います。 少しでも採用費用を抑えたいと考えているベンチャー企業の方が、大学生インターン(アルバイト)を募集する際の方法として参考になればと思っております。

スタートアップこそできる!逆転発想で高める御社への志望度・信頼度

こんにちは、アクティブ・コネクターでアカウントマネージャーを担当している朝日です。日々様々なステージにいるスタートアップ企業様に対しての採用ご支援(人材紹介)やアドバイスをさせて頂いているのですが、外国人採用こそスタートアップとの相性が抜群に良い、この点については年々確信が増しています。 一方で、スタートアップ企業の多くは人事部という組織をまだ持たず、社長自らが採用窓口となっていたり、バックオフィス担当の方が経理と採用・人事周りを兼務されているケースも多く見受けられます。兼務していることでスピードを出し切れなかったり、時期によっては他業務が優先されなければならないなどの苦悩もあるでしょう。ある程度の人数規模になった段階で人事部という組織を持つことは非常に大切です。しかし同時に、小さな組織であること、まだ人事部を発足する段階ではないことをうまく逆手にとり外国人採用に成功されている企業様をこれまで目にしてきたことも事実です。 今回は、私が直接担当をさせて頂き見てきたケースを含め、特に人事部を持たないスタートアップ・ベンチャー企業において選考で候補者からの理解を勝ち取ったケースをもとにお話させて頂きます。

”異人”採用企業インタビュー第9弾  株式会社アクセルスペース

東京大学・東京工業大学の研究室から飛び出た「宇宙ベンチャー」の先駆けのアクセルスペース。超小型人工衛星を民間で作るという野心的なビジョンを掲げ、宇宙航空研究開発機構(JAXA)からも業務委託を受けるなど、まさに宇宙ビジネスの未来を切り開いている日本を代表するベンチャー企業。ここ二年で社員数が二倍に増え70名の大所帯に。実はこの70名のうち30%が外国籍人材!急成長するベンチャーの裏には、グローバル人材(外国人エンジニア)の活躍があるそうです。今回はアクセルスペースの外国人エンジニア採用の背景や、どのようにグローバル人材が活躍しているのか、多様性を最大限活かしていくための取り組みについてアクセルスペースの経営管理グループ採用・人材開発リーダーの松本様にお伺いしました。