<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=489525144907814&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

Active Connector Blog

 

All Posts

外国人留学生が採用される時に気になるポイント

外国人の採用をする上で、どうしたら自分たちの会社を魅力的に思ってもらえるのか
そんな疑問へのヒントになればと思い、いくつか外国人留学生が就職活動をする中で、気になっているポイントをお伝えします。

就職先の会社に日本語のレッスンはあるのか

外国人留学生も、日本で勉強しているのだから、日本語が出来るだろう、と思われる方も多いと思いますが、最近の日本の大学事情から必ずしもそうとは言えません。より多くの留学生を招聘したい日本の大学は、英語のみの授業で卒業出来る修士号のコースを(一部学部レベルも)多く設けています。研究が忙しかったり、まずは良い成績をおさめることが、自分の次のステップにとって大事、と考えている留学生の中には、十分に日本語の勉強に時間を費やして来れなかった人も多くいます。
しかし彼らの多くは、日本ではたらく上で、もっと日本を楽しむ上で、日本語を上達させたい!という思いは強くあります。そのため、採用してくれる会社が、日本語の授業を用意してくれる、というオファーをしてもらえると、よりその会社に魅力を感じるということもあります。

外国人留学生としてグローバルな事業に関わることが出来るのか

外国人留学生は、就職先で、自分の文化的背景や語学力を活かせるようなグローバルなお仕事に関わることが出来るのか、というのを気にしています。
すぐにグローバルな仕事につくことがなく、最初は研修からスタートをしたり業界を学ばなければいけない、ということを理解で来ないという訳ではもちろんありません。
「キャリアパス」というのを示す中で、いつの時点で、どういったグローバルな事業を担当させてもらえるのか、もしくはグローバルな事業のためのポジションなのか、というのは外国人が採用される上で、非常に気になるポイントになります。

会社の名前、サイズは意外と、日本人の就活ほどそこまで・・・?

日本人の学生には、就職する企業のブランドなどがついつい気になってしまったりということも多くあると思います。
もちろん、全ての留学生が会社の名前やサイズを気にしないというわけではもちろんありません。大きければ大きい方がいい、という人もいれば、逆にベンチャーで自分が一緒に成長したい、ということを言う人もいたりします。
ひとつ言えるのは、日本人にとってはブランドと思うような企業も、外国人留学生の出身地でのブランド性があるというわけではないということもあります。
自分の会社はまだ大きくないし、知られていないし、ということが外国人採用のネックに成る訳でなかったり、逆に、日本人に人気だからとあぐらをかいていてはいけない、というのが現状かと思います。

外国人の採用をご検討される上で、上記のポイントが少しでも参考になればと思います。

メールマガジンのご登録フォーム

定期的な記事配信情報を見逃したくない方はこちら!

* indicates required
御社での採用ニーズの可能性についてお聞かせください。

Active Connector
Active Connector
「異人・変人と変革を」

Related Posts

最先端AIベンチャーがつくる新しいチームのあり方 ー3つのアティテュードが多様なメンバーと働き方を結ぶ ー

日本発グローバルチームで変革を生み出す、ベンチャー企業インタビューシリーズ

意外と見落としていませんか?外国人エンジニアとの日常会話:3つの配慮ポイント

外国人エンジニアを採用したベンチャー企業が直面するコミュニケーションの壁。今回は、多くの企業が見落としがちな、日常会話について大切な3つのポイントをお伝えします。

英語公用語化へのステップ【文書編】:採用した外国人エンジニアが活躍できる職場作り

ベストマッチな外国人エンジニアが採用できた!というのは、とても喜ばしい事実ではありますが、実は、採用の成功はその後の活躍の成功を保証するものではありません。