<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=489525144907814&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

お役立ち情報

4つの大学にアルバイトの求人情報の掲載を申し込んでみた!の体験談

多くのベンチャー企業が、「できるだけ費用を抑えて良いひとを採用したい!」という思いがあるのではないでしょうか。また、最近ではカルチャーマッチを大切にされるベンチャー企業の中には、インターンやアルバイトからフルタイム採用というのを一つの採用手法として取り入れている方も増えてきているかと思います。 そんな中、学生アルバイト採用をする上で、大学のキャリアセンターの掲示板に掲載するということを考えたことはありますでしょうか?とても古典的な発想に聞こえるかもしれませんが、色々な大学に実はある「就職情報掲示板」的なところに、求人情報の掲載をお願いしにいくというものです。 私たちの会社で自社採用のアルバイトを今回募集するにあたって、この大学の「掲示板」に求人情報の掲載をお願いする、ということにトライしてみました!今回問い合わせをしたのは慶應大学、東京大学、上智大学、早稲田大学の4校です。 大学の「掲示板」にアルバイト求人掲載する方法について、なかなかまとまったサイトがないと思うので、今回は「大学に求人情報の掲載を申し込む」プロセスについての体験談、具体的な方法をまとめたいと思います。なお、今回は「求人掲載をする」ということだけで、実際にそこに求人を出して効果があるかどうかが分かるほどの時間が立っていないことをご了承いただければと思います。 少しでも採用費用を抑えたいと考えているベンチャー企業の方が、大学生インターン(アルバイト)を募集する際の方法として参考になればと思っております。

スタートアップこそできる!逆転発想で高める御社への志望度・信頼度

こんにちは、アクティブ・コネクターでアカウントマネージャーを担当している朝日です。日々様々なステージにいるスタートアップ企業様に対しての採用ご支援(人材紹介)やアドバイスをさせて頂いているのですが、外国人採用こそスタートアップとの相性が抜群に良い、この点については年々確信が増しています。 一方で、スタートアップ企業の多くは人事部という組織をまだ持たず、社長自らが採用窓口となっていたり、バックオフィス担当の方が経理と採用・人事周りを兼務されているケースも多く見受けられます。兼務していることでスピードを出し切れなかったり、時期によっては他業務が優先されなければならないなどの苦悩もあるでしょう。ある程度の人数規模になった段階で人事部という組織を持つことは非常に大切です。しかし同時に、小さな組織であること、まだ人事部を発足する段階ではないことをうまく逆手にとり外国人採用に成功されている企業様をこれまで目にしてきたことも事実です。 今回は、私が直接担当をさせて頂き見てきたケースを含め、特に人事部を持たないスタートアップ・ベンチャー企業において選考で候補者からの理解を勝ち取ったケースをもとにお話させて頂きます。

面接では御社をピッチせよ!共感は待たずに生み出す

こんにちは。アクティブ・コネクターでアカウントマネージャーを担当している小林です。2017年の春に他の企業からの内定を断って、アクティブ・コネクターにインターンとして修行に来たのがつい昨日のことのようで、ずっと前のことのようです。ずっと社内では一番年下として頑張ってきましたが、最近チームに自分よりも若いメンバーが来てフレッシュな気分です! 今回は多くのベンチャー企業の採用のお手伝いに関わる中で何度も感じた、採用は「二方通行」、マッチする候補者を見抜きつつ、相手の共感を引き出すことも不可欠というお話を伝えたいと思います。特に今回はミッション・ビジョンへの共感というところに焦点をあててお伝えしたいと思います。

採用のポイント「Cool Head, but warm Heart」

こんにちは。アクティブ・コネクターの三川です。ベンチャー企業の方々の外国人エンジニアの採用のお手伝いをしています。いつも私が担当するお客様には絶対採用に成功してほしい!最高のマッチを実現してほしい!という思いでお手伝いしていますが、それでも残念な結果になってしまう企業もあります。 今日はそんな中で、あるベンチャー企業の採用で最終的に残念な結果になってしまった事例をもとに、採用を成功させるための面接における「Cool Head, but Warm Heart」の大切さお話ししたいと思います。  

希望年収への御社の態度は、会社のマインドセットの象徴です

こんにちは。アクティブ・コネクターのアカウントマネージャーの牧野大地です。突然ですが、筋肉作りはベンチャー企業にとっての採用活動と同じではないかと思います。

    Related Posts