<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=489525144907814&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

お役立ち情報

世界大学ランキングが上がっても・・・ケンブリッジ、NUSからの留学生が東大で感じたこととは?

世界大学ランキングの1つの、QS World Rankingsの2019年版が発表されました(URL)。この大学ランキングは、国際ランキング専門家グループに公式に認められているもので、世界の大学ランキングとして信用度があるものとされています。そのため、日本政府の大学の国際化政策の中でも、この世界大学ランキングにおける日本の大学のランクイン状況を1つのKPIとしてトラッキングしています(URL)。

数字で見るグローバル人材の離職率・定着率

前回の記事では日本で長く働きたいグローバル人材(外国人留学生)にはどんな方々がいるのかをご紹介しました。 今回の記事では実際に外国人の離職率や定着率を数字で見ていきたいと思います。

  • 1 min read
  • 2016.02.13

留学生ってすぐ辞めてしまうんでしょ?への回答

外国人留学生を採用したい、と思っている企業からよく言われること。

  • 1 min read
  • 2016.01.06

【外国人採用担当者向け】外国人留学生は、日本でどんな奨学金をもらっているの?

「優秀な外国人留学生を採用したい!」と考えるベンチャー企業の方は多いのではないでしょうか。外国人留学生の「優秀さ」をはかる一つの指標として、私たちがお勧めするのは、その外国人留学生がどんな奨学金を日本で受賞してきたのか、ということです。 弊社では、2013年に会社を設立して以来、ベンチャー企業の外国人エンジニア採用を多数サポートしてまいりました。その中にはもちろん、日本の大学に留学していた外国人留学生もたくさん含まれています。多くの外国人留学生との面談、採用のお手伝いをしてきた私たちが経験上分かった、外国人留学生の「優秀さ」を一つ、客観的にはかれる指標があるとしたら、大学名でもなく、奨学金のタイプです。なおここでの「優秀さ」というのは、ある程度のしっかりとした審査があり、ある程度の競争倍率を経て勝ち得た人、ということを証明しているもの、として定義します。 今回はベンチャー企業が外国人留学生を採用する際に参考になるように、外国人留学生の「優秀さ」の一つを測る、奨学金の種類についてお伝えします。   外国人留学生が日本で勉強するのに必要なコスト 外国人留学生が受給している奨学金についてのお話をする前に、そもそも日本という国が異国になる、外国人留学生にとって、日本で勉強をするというのは、どのくらいお金がかかることなのかをお伝えしたいと思います。 母国を離れて、馴染みのない国で勉強をすること。色々な大変さがありますが、もちろん金銭面でも母国にいるのとは違う大変さがあります(参考URL1 )。単純計算すると、1年で約165万円、大学に4年間通うと約660万円。外国人留学生の学費を含んだ生活費用は1ヶ月で全国平均138,000円です。 日本と同じような物価水準の人たちであれば、ある程度問題がなくても、留学生によっては母国の給与水準から考えると、あまりにも負担が大きいという方も多くいます。日本に留学をしているのであれば、アルバイトをすればいいのでは?と考える方もいらっしゃるかもしれません。確かに、外国人留学生というステータスで日本に滞在している場合は、申請をすれば、規定の時間数までアルバイトをすることを日本政府からは許可されます。しかし、外国人留学生が所属する研究室によっては、教授からアルバイトを許可されない場合もあります。また、日本に勉強・研究をする目的でやってきた外国人留学生の中には、自分の研究が忙しすぎるがために、アルバイトをする時間がない人もいます。 そんな中で、日本で研究を続けていくためには、外国人留学生にとって奨学金というのが、ライフラインになってきます。 今回は留学生活を資金の面で助けてくれる日本にある奨学金についてご紹介します。

    Related Posts