<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=489525144907814&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

お役立ち情報

世界大学ランキングが上がっても・・・ケンブリッジ、NUSからの留学生が東大で感じたこととは?

世界大学ランキングの1つの、QS World Rankingsの2019年版が発表されました(URL)。この大学ランキングは、国際ランキング専門家グループに公式に認められているもので、世界の大学ランキングとして信用度があるものとされています。そのため、日本政府の大学の国際化政策の中でも、この世界大学ランキングにおける日本の大学のランクイン状況を1つのKPIとしてトラッキングしています(URL)。

外国人受け入れ政策。本当に必要とされているのは「ライトブルーカラー層」

6月5日、日本政府の「経済財政運営と改革の基本方針2018」(いわゆる「骨太の方針2018」)(原案)(URL)が発表され、外国人材の受け入れを積極的に進めていくと謳われています。

スタートアップと相性が良い起業家素質がある外国人留学生

先日、日本政府が外国人留学生で起業をしたい方々へのビザ発行を検討するというニュースがありました。優秀な外国人留学生に日本に引き留めると同時に、外国人留学生が起業をすることで新しいイノベーションを日本からおこしていってもらいたい、という思いが背景にあるそうです。

外国人エンジニア採用の前線:世界の人工知能エンジニアの給与平均

外国人エンジニアの採用をご検討されている企業の方から、よくエンジニアの給与額についての質問を受けます。 日本で就職を考えていらっしゃる外国人エンジニアの方々の間では、日本は世界、特にシリコンバレーのようなエンジニア採用が活発なエリアと比べて、給与が比べ物にならないくらい低いということは有名です。 それでも日本で働きたいと思う外国人エンジニアの方々は、相当日本への思い入れがある方々です。

  • 2 min read
  • 2018.01.30

高度外国人材は、母国に戻りたいのか?

私たちは、外国人高度人材を専門に、ベンチャー企業様を中心に採用・マネジメントのお手伝いをさせていただいております。 採用のお手伝いというのは、具体的には一番メインのサービスとなっているのが、人材紹介サービスになります。それ以外にも広く採用イベントの集客や、スカウトサービス、採用後のマネジメント(定着支援)などを提供しています。いわゆる「人材エージェント」と言われる部類の仕事になります。

永住権の取得が世界最速レベル!高度外国人材と”日本版グリーンカード”の役割

グローバル化や働き方の変化と共に一つの会社に大学卒業後から定年まで勤め上げるという考え方が崩れ始めている今、優秀な人材の獲得は企業の競争力に直結しています。最近では日本人という国籍(日本語がネイティヴレベルで話せるということ)にこだわらずにスキルや個人の持つ強みに着目し、従来よりも広い視野で候補者を探す企業も増えてきています。

  • 2 min read
  • 2017.12.29

これが今日本に必要とされているイノベーション人材だ!

昨今のベンチャー企業ブーム、国の政策が後押しするイノベーション推進・・・日本の未来はイノベーションにかかっているかのような時代の流れになっています。 では、そのようなイノベーションを牽引していくイノベーション人材とは一体どういう存在なのでしょうか。 単純に高いスキルを持つ高度人材でしょうか。発想がユニークな「変わり者」でしょうか。本コラムでは、今の日本に求められるイノベーション人材について、色々な意見や理論に基づき提案させていただきます。

エンジニア採用を難しくする3つの現実  ー外国人採用が持つ本当の力ー

近年、テクノロジーの急激な発展に伴うニーズの増加により、エンジニア人材の需要が高まっています。IoT、AI等の新しい技術の登場により、多くの産業でエンジニア人材の高度化・多様化が見込まれます。その一方で、経済産業省の調査によると、2015年時点で約17万人、2030年には約79万人のIT人材が不足するとの予測があります。需要が増加する中、企業が欲しいと重うエンジニアを採用することが難しくなっている現状があり、実際に採用のご相談を頂く企業様からもエンジニア採用のお悩みをよく耳にします。

  • 2 min read
  • 2017.12.06

高度外国人材を活用する日本企業の現状

日本の労働人口が減少の一途を辿る中、日本政府も注目し力を入れている「高度外国人材の活用」。エンジニアや研究開発など専門性を必要とする職種では、求人を出してもなかなか応募が来ない、良い候補者に出会えないという採用担当者の声が各地で聞かれる中、外国人採用が以前よりも少しずつ身近なものになっています。文字通り専門性が高そうな印象のある「高度外国人」ですが、実際のところはどういった人物を指し、どのように活用していくことができるのでしょうか。

外国人が長く働ける環境とは?

外国人はすぐに辞めてしまう。 日本人は「就社」という意識があるけど、外国人は「キャリアアップ」が大事なんでしょう?

  • 2 min read
  • 2017.08.31

    Related Posts